2021/11/01 ( 更新日 : 2021/12/07 )

生あくびが病気のサインであることも? 眠くもないのに頻繁に出るあくびに注意!

生活習慣
この記事は約4分で読めます
疲れが溜まっていて眠いときに出るのは普通のあくびです。しかし眠気が無いにも関わらず出るあくびがあります。それが「生あくび」と呼ばれるものです。この記事ではあくびが出る理由として考えられているものや、生あくびが症状として現れる可能性のある病気についてご紹介いたします。
目次

どうして生あくびが出るの?

そもそもなぜ「あくび」は出るのでしょうか。
あくびにはさまざまなメカニズムがあると考えられていますが、実際のところ解明はまだされていません。
しかし、頻繁に「生あくび」が出る場合は、睡眠障害や脳梗塞などの病気のサインである可能性があるといわれています。

そこで、現在有力だと考えられている「生あくびの出る3つの説」をご紹介していきます。

①脳の温度調節

高温となった脳が機能障害を起こさないように、あくびによって冷やす効果があるかもしれないとされています。
鼻や口から冷たい空気を吸い込むことで、脳の熱を下げているという説です。

またあくびで大きく開口することで、頭蓋骨内の血液の流れを促進することができるとも言われています。
実際に冬の寒い時期には、体を震わせながらあくびをした経験はありませんか? この動作をすることで、脳の温度を上げている可能性があります。

②脳の覚醒を促す

あくびをするときには大きく口を開けます。これにより頸動脈や頸静脈を圧迫し脳の覚醒を促しているともいわれています。

③酸素不足の解消

脳内酸素が不足すると生あくびが出やすくなるといわれています。

上記のような状態では、生あくびが起こる可能性が増えると考えられています。

生あくびが症状として現れる病気

最も多いあくびの原因は睡眠不足ですが、まれに病気や体の異常によっては生あくびが症状として出ることがあります。

また生あくびだけが起こることはあまりないため、ほかにも合わせて症状があるときにはすぐに医療機関へ相談しましょう。

病気の例1:脳梗塞

脳に酸素や栄養を送る「脳血管」が詰まり、脳に障害が起こる病気です。

脳は場所によってそれぞれ役割を持っているため、障害の起きた部位で症状は異なります。
よく起こる症状としては

・手足の運動や感覚まひ
・話しにくさ
・注意機能の低下
・歩いているとふらふらする

などがあります。

脳ドックでCT検査やMRI検査などを行うと、脳梗塞のリスクを調べたり「隠れ脳梗塞」を見つけたりすることができます。
急に生あくびが増えたうえに上記のような自覚症状がある場合は、脳梗塞予備軍であるかすでに発症している可能性があります。
すぐに病院を受診することをおすすめいたします。

病気の例2:脳腫瘍

脳梗塞と同様の症状で、「脳腫瘍」が原因となっている場合があります。

脳腫瘍は頭蓋骨内に腫瘍が発生する病気です。頭蓋骨の中は閉じられた空間のため、腫瘍によって脳が圧迫されて機能障害を引き起こします。
また脳腫瘍によって血管が詰まりやすくなり、脳梗塞を発症するリスクを上げる可能性も。

脳腫瘍は悪性のものだと、5年生存率が50%を切るなど恐ろしい病気です。そのうえ脳梗塞も発症してしまうのは避けたいところです。

病気の例3:貧血・低血圧・狭心症

脳は、血液によって運ばれる酸素や栄養によって正常な機能を維持することができています。そのため貧血(血液に赤血球が不足している状態)や低血圧、心筋梗塞(心臓に栄養を送る血管がつまっている状態)では、脳に異常をきたすことがあります。

よくみられる症状として

・目の粘膜や爪が白い
・立ちくらみ
・疲れやすい

などがあります。

貧血や低血圧は放置せずに改善を図ることが大切です。普段と明らかに違う自覚症状がある場合は、早急に病院を受診しましょう。

病気の例4:その他の障害や一時的な体調不良

・睡眠障害(睡眠時無呼吸症候群など)
・更年期障害
・熱中症
・車酔い
・頭痛の前兆

上記の障害や体調不良によっても、生あくびが出ることがあります。

睡眠障害に関しては、睡眠が取れていると思っていても、実際のところは質の良い睡眠が取れていない可能性も考えられます。
自身では気づかないこともあるため、頻繁なあくびや、日中に耐え切れないほどの眠気がある場合は、悪化する前に病院を受診することが大切です。

病気のサインを見逃さないために

  • 最近生あくびが多い
  • 同時に手足しびれやまひがある
  • 歩いているとふらふらする
  • つまずきやすくなった

上記のような体調の異変を感じている人は、早急に病院を受診することをおすすめします。
また「放っておけば治るだろう」と軽く考えず、軽い異変を感じているうちに脳ドックなどを受診されてみるのもいいかもしれません。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

監修医 伊藤 晴紀
(いとう・はるき)

メディカルチェックスタジオ新宿クリニック・医学博士
同じ病気でも、患者様ひとりひとり治療方針は違ってきます。それぞれの生活やバックグラウンドに合った医療を提供できるよう心がけております。
患者様が健康で長生きできるよう、診断・治療だけでなく、最新の医療知識を織り交ぜながら診察しております。

こちらの記事もおすすめ

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドックは健康保険から対象外とされているため、費用は基本的に自己負担になります。しかしながら、所属している健康保険組合やお住まいの市区町村から補助金や助成金を受けられる場合があります。この記事の中では、脳ドックを受ける前に調べておきたい、補助金・助成金についてご紹介いたします。

生活習慣病にも効果あり!? 睡眠の質を改善する5つの方法

生活習慣病は、生活の仕方に起因してなる病気ですが、睡眠もこの疾患には大きく関わっています。睡眠が生活にとってどれほど大きな要素なのか、また不規則な睡眠を続けていると、どんな悪影響が生活にあるのかについて、この記事の中ではご説明いたします。

いびきにも注意! 知っておきたい脳卒中の分類、初期症状について

脳卒中は別名で脳血管障害とも呼ばれています。その名の通り、脳に栄養を送っている大小さまざまな血管が、血の塊によって詰まってしまったり、血管が破けて血液が脳内やくも膜の下(くも膜下腔)に漏れ出してしまうことで、体に大きな影響を引き起こす障害です。この記事の中では、この脳にとって危険な症状や前兆について説明していきます。