2021/09/01 ( 更新日 : 2021/09/09 )

未病(病気になる前)のうちに脳をチェック! スマート脳ドック | 体験レポートまとめ

検査
この記事は約5分で読めます
2018年の開業以来、述べ5万人以上が受診(※2021年8月時点)している「スマート脳ドック」。一般的な健康診断では調べられることのない、脳や肺・心血管の異常や病気を短時間でチェックすることができます。今回はスマート脳ドックの受診を考えている方のために、様々なメディアでご投稿された「体験レポート」記事をまとめてご紹介いたします。
目次

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

これまでご紹介いただいた一部メディアさま

CA Media

キレイナビ

MYRALS

FYTTE

FIGARO

アンファーからだエイジング

Suits Woman

my muse

BBM Sports

CNET Japan

ITで脳ドックを安く身近に–AIや遠隔診断を駆使した「メディカルチェックスタジオ」

「脳ドックの受診率は低く、改善の余地があります。それを解決するにあたってアンケート調査をとったことがあるのですが、かなり関心はあるけれど受けたことがないといいます。

コロナ禍の受診控えについて

コロナ禍では、脳卒中や肺がんの患者数が減っていることがよく話題になっています。
例年に比べて、脳卒中や肺がんが急に減ることは考えにくく、コロナウイルス感染の恐怖から、病院への受診控えを知らず知らずにしてしまうことが原因ではないかと言われています。

脳や肺の疾患は初期ステージで処置を始めるほど、治療の選択肢も多く、後遺症なども影響を限定的にすることが可能です。
ご自身や周囲の方で、体調の不安を抱えながらも受診ができていない場合には、予約制で待ち時間少なく検査ができる、人混みの心配がないクリニックのご利用を検討されてみてはいかがでしょう。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

いびきにも注意! 知っておきたい脳卒中の分類、初期症状について

脳卒中は別名で脳血管障害とも呼ばれています。その名の通り、脳に栄養を送っている大小さまざまな血管が、血の塊によって詰まってしまったり、血管が破けて血液が脳内やくも膜の下(くも膜下腔)に漏れ出してしまうことで、体に大きな影響を引き起こす障害です。この記事の中では、この脳にとって危険な症状や前兆について説明していきます。

天気が悪いと頭痛が起こるのはなぜ? 梅雨の頭痛を和らげる3つの方法

梅雨の時期や天気が崩れた際に、頭痛がする方が多くいらっしゃいます。 人によっては、天気が崩れる数日前から症状が出る方や、肩こり吐き気を伴う方も。 どうして悪天候になると頭痛が起きやすくなるのでしょうか? この記事では、梅雨時期の悪天候などで頭痛が起きた際の原因や、すぐ実践できる対策をご紹介いたします。

生活習慣病にも効果あり!? 睡眠の質を改善する5つの方法

生活習慣病は、生活の仕方に起因してなる病気ですが、睡眠もこの疾患には大きく関わっています。睡眠が生活にとってどれほど大きな要素なのか、また不規則な睡眠を続けていると、どんな悪影響が生活にあるのかについて、この記事の中ではご説明いたします。