2021/10/29 ( 更新日 : 2021/11/22 )

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

検査
この記事は約5分で読めます
脳ドックは健康保険から対象外とされているため、費用は基本的に自己負担になります。しかしながら、所属している健康保険組合やお住まいの市区町村から補助金や助成金を受けられる場合があります。この記事の中では、脳ドックを受ける前に調べておきたい、補助金・助成金についてご紹介いたします。
目次

脳ドックは自由診療

日本国内で診療を受ける場合には、大きく「保険診療」と「自由診療」に分けることができます。
病気になった方が受ける診療は、基本的には健康保険が適用されることが多く、「保険診療」となります。

自由診療になるのは、まだ病気ではない状態で受ける診療の場合です。
人間ドックがいい例ですが、脳ドックも病気になる前に予防として受けるため、基本的には「自由診療」として扱われることは知っておきましょう。

なぜ脳ドックに補助金・助成金があるの?

補助金と助成金は、意味合いとしてはほぼ同じです。
どちらも国や地方公共団体や民間団体から支出されるもので、原則として返済する必要がありません

国でも地方公共団体でも、人が突然の病気によって働けなくなってしまうのは望むところではありません。
こうした不慮の重大疾患にならないように、予防として行われる脳ドックには、さまざまな補助金・助成金が用意されています。

それゆえ「脳ドックを受けてみようかな。でもちょっと高いかも」と思われた方には、ご自身が対象となっている補助金・助成金がないかを、受診される前に調べてみることをおすすめいたします。

対象となる補助金・助成金はどうやって確認する?

脳ドックの補助金・助成金を出してくれる先は、大きく2種類に分けることができます。
健康保険組合」と「地方自治体」です。

では、それぞれ内容をみていきましょう。

健康保険組合から受けられる補助金

健康保険は大きく3種類に分けられます。

①会社員・公務員が加入する健康保険
②自営業者などが加入する国民健康保険
③後期高齢者医療制度

以上の3種類です。
この中で、健康保険組合が脳ドックの補助金・助成金を出してくれるのは、①のタイプの健康保険に入る方です。

所属している健康保険ごとに補助金・助成金の内容が異なるため、詳しくは職場の担当者に問い合わせていただく必要があります。 以下に、助成制度が確認されている健康保険組合の具体例を記載いたします。

表1 脳ドック補助金・助成制度がある健康保険組合の補助条件および金額(例)
保険組合名 補助条件 補助金額
年齢 対象者 期間
関東信用組合連合健康保険組合 40歳以上 被保険者、被扶養者 2年に1回 10,000円引き
東京実業健康保険組合 40歳以上 被保険者、被扶養者 10,000円引き
印刷製本包装機械健康保険組合 40歳になる年、以降は45歳以上 被保険者、被扶養者 2年に1回 15,000円引き

(※2021年度10月時点での制度内容です。)

補助金額は、それぞれの健康保険組合によって異なります。
年齢、対象者(被扶養者も含むか否か)、期間などに制約はありますが、実質の負担額を減らせることは知っておきましょう。

◯補足
多くの健康保険組合は「東京都総合組合保健施設振興協会」(東振協:とうしんきょう)に一部業務を委託しています。健康保険組合によっては、東振協と契約している施設にのみ補助金が降りることもあります。詳しくは所属する健康保険組合に確認しましょう。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

地方自治体から受けられる補助金

自営業者(フリーランス)や高齢者の方は、国民健康保険に入っていたり、後期高齢者医療制度の対象になる方が多いと思います。
こうした方にも、お住まいの地方自治体から補助金・助成金が出る場合があります。

こちらも市区町村によって「国民健康保険に入っている方だけ」だったり、「国民健康保険加入者、後期高齢者医療制度加入者の両方が対象」だったり、対象となる方が異なりますので、お住まいの市区町村の担当者に問い合わせてみましょう。

表2 脳ドック補助金・助成制度がある自治体の補助条件および金額(例)
市区町村 補助条件 補助金額
年齢 対象者 期間
東京都荒川区 40歳以上 国保・後期高齢者医療制度加入者 検査費用の1/2補助(上限2万円)
千葉県浦安市 40歳以上 国保 2年に1回 15,000円引き
千葉県船橋市 40歳以上かつ5歳刻み年齢(40歳、45…) 国保・後期高齢者医療制度加入者 10,000円引き

(※2021年度10月時点での制度内容です。)

例)東京都荒川区 令和3年度 脳ドック受診キャンペーン

https://www.city.arakawa.tokyo.jp/a031/kenkouhoken/kokuho/noudock.html

会社が出してくれる補助金でさらにお得に受診できる?

会社によっては、脳ドックを推奨するキャンペーンなどを実施することがあり、これを組み合わせればさらにお得に受診できます。

もし脳ドックが19,250円の場合には、健康保険組合から10,000円の補助金、さらに会社が5,000円負担してくれる場合には、受診される方の負担額は4,250円です。

脳ドックを受診される前に、会社が独自に出している補助やキャンペーンがないかも調べてみましょう。

まとめ|補助金を使って賢く未病対策

長らく医療は「病気になった方に対して行われるもの」とされてきました。
しかしながら、現代では機器の発達や研究データが増えることによって、まだ病気になる前から、すでに対策を進めることが可能になっています。

補助金や助成金は、個人の負担額を保険が適用された時と同じくらい軽減してくれる制度です。
ぜひ便利に活用して、脳ドックをお得に受診してみてはいかがでしょう。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

高齢運転従事者(タクシーなど)による事故が増加傾向! 脳疾患の予防に脳ドックを推奨

若者の車離れなどの背景もあり、タクシーなどの交通機関でも高齢運転従事者の事故比率が増えています。記事の中ではタクシー運転手の平均年齢などにも触れつつ、知っておきたい脳疾患の基本や、車に乗っている時に脳疾患が起きることの危険性についてご説明いたします。

脳ドックは何歳から始めるべき? 若くても受診すべき人の条件と推奨頻度

日本人の死因として上位にランキングされるのが、「脳血管疾患(脳卒中)」。脳卒中になると後遺症が残るケースが多く、これまでと同じような生活を送ることも難しくなります。よって脳ドックを受診することで、自分の脳の状態を知ることが大切。この記事では、何歳から脳ドックを受ければいいのか、どのくらいの頻度で受ければいいのかなどの疑問についてご説明いたします。

【50~60代のご両親が要介護にならないために】脳ドックで検査をすすめる理由

若い世代の方にとって、ご両親の健康状態は気になるはず。脳梗塞をはじめとする脳疾患は、すべての年代で発症の可能性がありますが、加齢とともにリスクは上昇します。この記事では今元気な50代・60代の方にこそ、脳ドックをおすすめする理由をご説明いたします。