2021/10/12 ( 更新日 : 2021/10/12 )

脳卒中を発症しやすい季節や時間帯はあるの? こんな前兆があるときにはすぐ病院へ!

症状
この記事は約6分で読めます
脳卒中を起こす大きな原因は高血圧です。血圧をコントロールするのはもちろん大事なことですが、実は高血圧以外にも脳卒中の発症リスクを高めるものがいくつかあります。時間帯や季節、行動などが関係しているのです。今回は脳卒中とはそもそもどのような病気なのか、何が脳卒中のリスクを高めてしまうのかなどを記事内で説明していきます。
目次

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

そもそも脳卒中ってどんな病気?

脳卒中とは、脳の血管が破れたり詰まったりすることで起こる疾患の総称です。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血のことをまとめて脳卒中と呼んでいます。脳梗塞は脳の血管が詰まるもの、脳出血は脳の血管が破れるもの、くも膜下出血は脳の動脈にできたコブ状の膨らみである脳動脈瘤が破裂して起こるものです。

脳卒中を起こすと次第に脳へ血液が巡らなくなり、神経細胞の機能が障害されます。治療開始までに時間がかかるほど後遺症が出やすくなるため、早期の治療がとても大切です。また脳や脊髄といった神経組織は他の臓器と異なりいったん損傷すると回復することはありませんので、脳卒中に対しては予防医療が大変重要です。

健康なうちにご自身の脳血管に脳動脈瘤、狭窄や閉塞が存在するのかどうかを知っておき、以下に述べるような動脈硬化の危険因子を解決していくことが脳の予防医療の第一歩となります。

がんや心疾患に次いで、脳卒中は日本の三大死因のひとつとして知られています。

脳卒中の主な原因

脳卒中は、そもそも動脈硬化により起こる疾患です。
動脈硬化とは、血管の弾力性が失われたり血管壁にコレステロールなどが取り込まれたりするために血管が詰まりやすくなった状態を指します。
また逆に動脈硬化は血管壁を傷つけ出血性のトラブルを引き起こすという側面も持っており、詰まる方も破れる方も動脈硬化が基盤となっていると言えます。
つまり、動脈硬化を予防できれば脳卒中も予防できるのです。

では、動脈硬化の原因はいったい何なのでしょうか。
遺伝的な背景もありますが、主な原因は次のとおりです。

・高血圧
・脂質異常症
・糖尿病
・喫煙

高血圧は血管の弾力性が失われたり、脳の血管が破れたりする原因です。
脂質異常症は血管を狭くするため詰まりやすくなります。糖尿病は血管に障害を起こし、喫煙は血管に炎症を起こすことが特徴です。

脳卒中が起こりやすい季節や時間帯はある?

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血のことを指す脳卒中。主な原因は高血圧や脂質異常症などによって起こる動脈硬化です。
ほかに、季節や時間帯も脳卒中のリスクを高める要因として知られています。
脳卒中の種類によって発症しやすいタイミングが異なるため、どういうときに起こりやすいのかを知り、できるだけ予防することが大切です。

脳梗塞

6~8月の夏頃は、脳梗塞が起こりやすい季節です。脳梗塞は血管が狭まったりドロドロになって詰まったりすることで起こります。
そのため、汗を大量にかくことで体内の水分量が低下しやすい夏場に起こりやすくなります。

とくに起床してから2時間以内と、睡眠中は脳梗塞が起こりやすいタイミングです。
起きてすぐは血圧が急激に上がりやすく、睡眠中は脱水を起こして血管がドロドロになりやすいことが関係しています。

脳出血

脳出血は冬に起こりやすいことが特徴です。冬場は体温を上げるために血管が収縮し、血圧が上がりやすくなっています。
冬場でもとくに起床後は急激に血圧が上がりやすいため、脳出血のリスクが高まっている状態です。また、夕方は精神的にも身体的にも緊張が高まるため、血管が収縮しやすくなります。

ただし高齢者の場合は、冬場に限った話ではありません。
高齢者は体温を調節する機能が低下するため脱水症状になりやすく、血液が詰まって血栓ができやすい状態です。
そのため高齢者は、冬場だけでなく年間を通して脳出血には注意しなければいけません。

くも膜下出血

くも膜下出血は冬場に発症しやすくなります。とくに午前6時から12時の間が発症しやすい時間帯です。冬場は体が熱を生み出そうと血管を収縮させているため、血圧が上がりやすくなります。
起床後は血圧が急激に上がりやすく、血管や心臓への負担が大きくなりやすいことも要因です。

もともと血圧が高めの方、糖尿病や脂質異常症などの持病がある方は冬場の午前中がくも膜下出血を起こしやすいタイミングとなるため注意しましょう。

脳卒中が起こりやすいシーンはある?

脳卒中は、日常生活のさりげない行動も発症の引き金となります。
ちょっとした行動に気をつけるだけで脳卒中は予防が可能です。高血圧や糖尿病など脳卒中のリスクが高い方は、次に紹介する行動やシーンには気をつけて生活するようにしましょう。

起床時

起床時は、血圧がもっとも変動しやすいタイミングです。早朝は交感神経の働きが活発になり始めるため、血圧が上がりやすいのです。
もっとも血圧が高くなるのはお昼頃ですが、起床時は血圧の変動が激しいため注意しなければいけません。

体が脱水状態になりやすいこともあり、起きてから2時間以内がもっとも脳卒中のリスクが高くなります。
起きてすぐにムリな運動はせず、水分を多めに摂るよう心がけましょう。

入浴時

体温が変わりやすい入浴時は脳卒中に注意が必要です。暖房がきいた部屋から気温の低い浴室に行ったり、お風呂で温まった状態から寒い部屋に行ったりすることで血圧が変動しやすくなります。

血圧が急激に上がったり下がったりするヒートショックは冬場に起こりやすいものです。ヒートショックを起こすことで、血栓が詰まったり血管に異常が起きたりするため、入浴時は脳卒中のリスクが高まります。
脱衣所にも暖房をつけたり、長風呂を避けたりしてヒートショックを予防しましょう。

スポーツなどのアクティビティー時

くも膜下出血は、体をアクティブに動かしているときに起こりやすくなります。ジョギングやテニスなどのスポーツだけでなく、排便時にいきんだり性行為をしたりするときも発症しやすいものです。
体を動かすことにより血圧が上昇して脳動脈瘤が破裂しやすくなります。

ただし、軽度の運動であればくも膜下出血の予防にもつながることが特徴です。
体に大きな負荷をかける激しい運動は避けて、30分程度の軽いウォーキングはぜひ毎日取り入れていきましょう。

脳卒中の前兆を感じたらすぐに医療機関を受診しよう

脳卒中の初期症状としては、次のものが代表的です。

  • ろれつが回らない
  • 片半身の手足が急に動かしにくくなった
  • 過去に経験したことがないほどの激しい頭痛がある
  • 片目の視野が書けたりものが二重に見えたりする

このような症状があったら、脳卒中を起こしている可能性があります。数分程度ですぐに症状が落ち着くこともあるかもしれませんが、これは重症化する前触れの「一過性脳虚血発作」になっている状態です。

脳卒中はとにかく早めの治療が肝心となるため、初期症状の段階で早めに医療機関を受診してください
身動きが取れない場合は救急車を呼んでも構いません。
毎日を安心して過ごすためにも、脳卒中の予防を今日から始めてみましょう。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

監修医 鳴海 治
(なるみ・おさむ)

メディカルチェックスタジオ大阪梅田クリニック院長・医学博士
28年間の脳神経外科の手術と救急の経験から、再生しない脳という臓器の特性、知らないうちに進行し突然発症して障害を残す脳卒中疾患の特性に対しては「発症させない」ことが最も有効な対策だと考えています。 なるべく多くの方が健康なうちに脳ドックを受診し、問題解決できる環境を提供してゆきたいと思います。

こちらの記事もおすすめ

ストレスが原因で脳卒中になる? リスクを増やさないためにできること

結論からいうと、間接的ではあるもののストレスは脳卒中の一因になります。なぜなら脳卒中の原因として知られる高血圧が、ストレスにより引き起こされているケースがあるからです。この記事では、そもそもストレスとは何かを確認し、ストレスを受けた時の体の反応からストレスと向き合う時のコツまでを紹介していきます。

急に起こるからだの異変に注意! 知っておきたい脳梗塞の前兆となる症状

脳梗塞はある日突然発症し、その日から体の自由を奪ってしまう病気です。しかし前兆となる症状も多く報告されていますので、日常に潜む「脳梗塞の前兆」を見落とさずに、しっかりと検査を受ける必要があります。この記事のなかでは、脳梗塞の前兆となる症状や、注視したいポイントについて解説いたします。

脳梗塞は頭痛を感じない? 知っておきたい頭痛の分類(こわい/こわくない頭痛)

頭痛には「こわくない頭痛」と「こわい頭痛」があるのはご存知ですか? こわくない頭痛は原因がハッキリとないもので、こわい頭痛はからだの異常が頭痛になって現れているものです。 こわい頭痛が起きているときには、すぐにアクションが必要になります。 この記事のなかでは、こわい頭痛とこわくない頭痛の特徴、またそれぞれの頭痛でできる具体的な行動についてご紹介いたします。