2022/04/20 ( 更新日 : 2022/04/20 )

睡眠が体に与える恩恵とは? 睡眠が脳のゴミを掃除しているってほんと?

生活習慣
予防 睡眠 認知症
この記事は約4分で読めます
体はなぜ睡眠を必要とするかご存知ですか? 睡眠には、さまざまな役割があり、睡眠不足をずっと続けていると体にはほんの少しずつ負荷が溜まっていきます。また睡眠中には脳のゴミを掃除する作用が強まっているかもしれないという研究もあります。夜更かししがちな方に、ぜひ知ってほしい内容を集めました。
目次

健康的な睡眠がなぜ必要なのか?

夜までスマートフォンをずっと眺めているという方はいないでしょうか?
このような習慣で知らず知らずのうちに睡眠時間が減ってしまうと、体には少しずつ負荷が溜まっていきます。

▽体はなぜ睡眠を必要とするの?

・重要な身体機能の維持
・体力の回復
・筋肉組織の修復
・脳が新たな情報を処理できるように

▽睡眠不足が体に与える悪影響

・はっきりとものを考えられない
・集中できない
・反応が遅い
・感情のコントロールができない

睡眠不足のときには自分自身でも集中力が下がっていると感じる方が多いのではないでしょうか。
しかしこうした集中力が足りない状態で1日を過ごすことの悪影響は、実は数十年後に重大な疾患となって顕在化することを意識していない方も多いでしょう。

▽睡眠不足でなり得る疾患

  • 糖尿病
  • 脳、心血管疾患
  • うつ病

長年にわたる慢性的な睡眠不足は、日常を破壊するかもしれない重大疾患に罹るリスクを高めてしまいます。
また近年のように新しいウイルスが猛威をふるったとき、慢性的な睡眠不足を持つ方は、免疫システムが低下した状態でこの脅威を迎えなければなりません。

どのくらいの睡眠が必要?

赤ちゃんは一般に14〜17時間眠ると言われています。
年齢が上がるに連れて徐々に必要な睡眠時間は減っていきますが、では推奨される睡眠時間は一体どのくらいなのでしょうか?
アメリカの国立睡眠財団(National Sleep Foundation)では、以下のような睡眠時間を推奨しています。

表1.推奨される睡眠時間
年齢 睡眠の推奨事項
65歳以上 7~8時間
18~64歳 7~9時間
14~17歳 8~10時間
6~13歳 9~11時間

「日本では慢性的に睡眠時間が少ない」という話はよく耳にすると思いますが、どうやらこうした状況は日本だけではないようです。
アメリカの成人の35.2%が、7時間以下の睡眠時間に留まっているといわれています。
これはアメリカ国内だけでも約7,000万人以上が睡眠に問題を抱えている計算です。

睡眠から得られる恩恵

質のいい睡眠は倦怠感や集中力の低下を回避する鍵になります。
また、より重大な健康問題を未然に防止することにもなります。

体の炎症を軽減

睡眠不足は全身に炎症を引き起こします。
長期的な炎症があると、炎症性腸疾患(IBD)などにつながることもあります。

集中力の向上

充分な睡眠は高い集中力につながり、生産性も上がります。
仕事や趣味でも大きな成果につながるでしょう。

食べ過ぎの防止

睡眠時間が減ることで食欲が増えることはよく知られています。体重増加を防止する意味でも、充分な睡眠は必要です。

心疾患や脳卒中のリスクを軽減

睡眠不足は心疾患、脳卒中、高血圧などの慢性的な血管系の問題を高めるリスクがあることはよく知られています。充分な睡眠を取ることで日常に大きな影響を与える疾患のリスクを減らすことができます。

うつ病リスクを軽減

睡眠はメンタルヘルスとの関わりも深いです。うつ病になった人の80%以上が睡眠に問題を抱えているともいわれています。

睡眠と脳の掃除について

アルツハイマー型認知症のリスクのひとつと考えられている物質にアミロイドβがありますが、実はこの物質と睡眠の間にも関わりがあるのでは、と最近は考えられているようです。

脳は脳脊髄液という液体を作っていますが、この液体がアミロイドβを排出する役割も担っているのではないか、と研究者のあいだでいわれています。

2013年にアメリカのロチェスター大学の研究グループは、マウスを使った実験で、覚醒状態にあるマウスと麻酔で眠らせたマウスの脳脊髄液の流れを比較し、眠っているマウスの方がより脳脊髄液の流れが促進されていることを明らかにしました。

研究中の分野であるためまだ評価は定まっていませんが、脳脊髄液がアミロイドβを掃除しているかもしれないと考えられているのは、とても興味深い話です。

▽詳しく知りたい方はこちら(ブルーバックス | 講談社)

睡眠中にアミロイドβが掃除される? 脳の中を流れる「水」の意外な役割

認知症と睡眠、脳脊髄液の最新科学

良質な睡眠がさまざまな疾患を遠ざける鍵に

現代はついつい夜更かしをして楽しさを求めてしまう時代かもしれません。
しかしながら充分な睡眠を取る習慣を身につけさえすれば、自分自身の健康寿命を延伸させることにつながり、好きなことができる時間がもっと増えるのかもしれません。

ぜひ多くの重大疾患を遠ざけるために、充分な睡眠時間を取る生活にシフトしてはいかがでしょう?

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

いびきにも注意! 知っておきたい脳卒中の分類、初期症状について

脳卒中は別名で脳血管障害とも呼ばれています。その名の通り、脳に栄養を送っている大小さまざまな血管が、血の塊によって詰まってしまったり、血管が破けて血液が脳内やくも膜の下(くも膜下腔)に漏れ出してしまうことで、体に大きな影響を引き起こす障害です。この記事の中では、この脳にとって危険な症状や前兆について説明していきます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは? 症状、検査の方法、治し方について

「いびきがうるさい」「呼吸が止まってた」などと、誰かから指摘されたことはありますか? いびきをかいている方の中には、睡眠中に無呼吸状態に陥っている方が多くおられます。これは睡眠時無呼吸症候群(SAS)と呼ばれ、体に蓄積的なダメージを与えるものです。この記事の中では、慢性的ないびきが持つ危険性について、詳しくご説明いたします。

在宅ワークでのストレスに注意! 睡眠の質を向上するためのTIPSを紹介

テレワークで在宅勤務をしていると、運動が不足することがよく知られています。またコミュニケーションの不足で孤独を感じる方も多く、テレビ会議やチャットを中心としたやり取りにストレスが溜まる方も多いようです。今回は睡眠を改善させるためのTipsをまとめました。ぜひ生活の中で役立ててみてください。

記事を探す