2022/12/21 ( 公開日 : 2022/12/20 )

脳ドックを受けにくるのはどんな人? 放射線技師大畑さんにインタビュー

編集部コラム
インタビュー
この記事は約4分で読めます
放射線技師の大畑さんは、普段はメディカルチェックスタジオ東京銀座クリニックと新宿クリニックで働いており、「日本でもっとも多く脳の撮像を行っている方」ともいわれています。今回のインタビューでは、脳ドックをやっている意義、働く上で大切にしていることなどをざっくばらんに伺いました。
目次

放射線技師になったのは父親の策略!?

--生い立ちやキャリアについて教えてください

もともと父親が放射線技師で、仕事の手伝いをしていました。
私自身は最初は言われてしょうがなくやっているみたいなところはあって、やる気はあまりなかったですね。
技師の学校も一回留年しちゃいまして、これで終わりだろなんて思ってたんですが、父親に占い師を紹介されまして。

ーーえ? 占い師に会いに行ったんですか?(笑)

思えばあれは父親の策略だと思ったんですが、手相をまじまじと見られて「放射線技師になって活躍する」っていわれました。
「おおそうなんだ」って素直に信じましたね。まだ10代だったんで。

若いときってそういうことあるじゃないですか。
あれは父親の策略だったな。(笑)

ーーやる気が出始めたときはどんなときだったんでしょう?

そうですね。やっぱり当時は医療業界も体育会系なところがあって、技師って画像を医師が見やすいように作るんですけど、ヘタな人とうまい人ってやっぱりいて、とことんダメ出しされるんですよ。
殴られたことはなかったと思うんですけど、まあでも人格否定みたいなことはばんばん言われましたね。

それでやっぱりいい画像を作ってやろうって思うじゃないですか。
もちろんうまく撮れていればいつも頼まれるようになるわけですし。だから何くそみたいな気持ちでやっているうちに、感謝されるようになって、それで次第に仕事に熱心になっていった感じですかね。

脳ドックを受けにくるのはどんなひと?

ーー脳ドックの意義はどんなところにあるんでしょう?

脳をMRIで撮るってかなりこれまでは敷居が高かったんですよ。でも体験したいひとはいると思うんです。
とくにスマート脳ドックはすぐ終わるし、敷居を下げることができましたよね。

脳ドックを受けにくるひとは大きく2種類の方がいて、「見つけたいひと」と「見つけたくないひと」がいると思っています。
まあ大抵の方が「見つけたくないひと」です。

脳の中って一般のひとからしたらブラックボックスで、でもニュースとかで有名な方が脳疾患になったって知らされるじゃないですか。
こういうものを見ていると、やはり見れるなら見ておきたい、何もないことを知って安心したいと思う方がいるのはわかりますよね。

ーー「見つけたいひと」というのはどんな方ですか?

 

これはもう簡単で、からだに異常がすでに出ている方ですね。
とくに若い方で自費診療の脳ドックを受けにくるひとって、撮る立場としてもすこし怖いですもん。なんか出ちゃうんじゃないか? この子見つけにきてるんだなって。

ーー病院で撮ってもらえないんですか?

頭部をMRIで撮るのって、もうすでに病気になっている方のためのもの、という考えがまだ基本にはあります。
だから本人が明らかに異常がある気がしていても、脳波などを調べて問題なければMRIで撮像する必要はないって考える医師がいるのも不思議ではありません。

でも何かがおかしいって、当人が強く感じているときってあって、そういうひとがMRIで撮れば何か見つかるかもっていう意志をもっていらっしゃることはありますね。

身近で見つかった大きな脳腫瘍

ーースマート脳ドックの立ち上げ時から参画されてますが、心に残っているできごとはありますか?

立ち上げのときは、自分たちは出資会社さんのオフィスにいたんです。そこで社内の方にもお試しで脳ドックを受けてもらったんですが、そのときにご家族の方も撮れるというキャンペーンをしたんですね。

それでやっぱり社員さんのご家族の中にたまに意識を失ってしまう子がいらして、脳ドックで大きな腫瘍が見つかったんですよ。あのときはやっぱり、脳ドックの敷居を下げて気軽に受けやすくすることの意義を感じましたね。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

CT検査(CTスキャン)とは? 検査の仕組み、方法、造影剤について解説

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

糖尿病とは? 1型と2型の違いや、症状、合併症などについて解説します!

歯周病がアルツハイマーと関係あり? 口の健康が認知症に及ぼす影響

脳梗塞の種類は大きく3種類! 症状ごとに知っておくべき特徴とは?

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

ストレスで吐き気や腹痛はありませんか? 現代人が溜める心理・社会的ストレスについて

血圧を下げる食べものは? 健康診断で高血圧を指摘されたら、まず食生活改善!

ヒートショックによる死亡者数は年間どのくらい? 対策についても紹介

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

脳ドックを受けにくるのはどんな人? 放射線技師大畑さんにインタビュー

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

30~40歳代でも白質病変が進行中? 若いうちから脳ドックで脳疾患リスクを管理!

記事を探す