2022/11/10 ( 公開日 : 2021/10/13 )

記憶力を高めるには何を食べればいい? 記憶力向上にはメンタル不調にも注意が必要!?

生活習慣
運動 食事
この記事は約8分で読めます

生活編

規則正しい生活は記憶力を高めるだけでなく、体力を向上させたり病気の予防をしたりすることにもつながります。
いくら記憶力がアップしても体を壊していては意味がありません。
記憶力アップと同時に体の健康レベルを上げるためにも、規則正しい生活を心がけましょう。

毎晩6時間半~7時間半寝る

睡眠不足の状態は、お酒を飲んで酔っているときと同じくらい脳の機能が低下します。心身の疲れも取れづらくなり、記憶力の低下は避けられません。
脳は寝ている間にその日にあったことや覚えたことを整理しているため、睡眠不足は記憶力に大きく影響するのです。

情報を保持したり処理したりするワーキングメモリーをフルで使うためには、毎日6時間半から7時間半ほどは睡眠を取るようにすることが大切だと言われています。

睡眠が必要なのはなぜ? ぐっすり眠るための厳選ルーティンも紹介!(医師監修)

睡眠がなぜ大切なのか、その理由をご存知でしょうか? 今回は睡眠がからだに与えている影響と、今回は睡眠を改善させるためのTipsをまとめました。ぜひ生活の中で役立ててみてください。

睡眠不足の人は太りやすい? 質の高い睡眠をするための5つの習慣を紹介!

生活習慣病は、生活の仕方に起因してなる病気ですが、睡眠もこの疾患には大きく関わっています。睡眠が生活にとってどれほど大きな要素なのか、また不規則な睡眠を続けていると、どんな悪影響が生活にあるのかについて、この記事の中ではご説明いたします。

日常的に運動する

運動は高血圧や脂質異常症などの予防や治療につながるだけでなく、記憶力やモチベーション、メンタル疾患の予防などにも働きます。
運動が記憶力に関係していることから、勉強本を片手にジムで有酸素運動をしている方もいるほどです。

運動といっても1日30分程度のウォーキングやランニングで問題ありません。
時間を取るのが難しい方や座り仕事が多い方は、30分に1回立ってお手洗いに行ったりお茶をくみに行ったりするだけでも違います。

ランニングが続かない人必見! 走ることで脳が活性化! 運動習慣を身につけよう!

ランニングで脳の前頭前野が広範囲に活性化することが明らかになりました。生活習慣病を予防する意味でも、運動習慣を身につけるのは非常に大切ですが、多くの方が走る習慣を身につけるのを難しいと感じているようです。今回は運動習慣ゼロのところから、どのようにすれば走る習慣を身につけられるかをご紹介いたします!

筋肉は体にどんな働きをしてるの? 知っておきたい筋肉の7つの働き

加齢するほど、筋力が減っていくことはご存じですか? 一般に30歳を超えると年に1パーセントずつ筋力量が減るともいわれています。すると熱中になりやすくなったり、代謝が悪くなったりしやすいです。この記事を読んで、筋肉が体にどのような役割をしているのかぜひ知識として身につけましょう。

メンタル編

記憶力はメンタルの不調とも関係があります。
ということは、ストレスに対して耐性を持つほど、記憶力も上がるといえるかもしれません。

ストレスに耐性を持つには幸福感が重要です。

幸福感が高い人には、以下のような考え方をもつ人が多いようです。
考え方を変えるだけで日々の幸福感を自分で上げることができるので、ぜひ参考になる部分を取り入れてみてはいかがでしょう。

  • 楽観的にものごとを考える
  • 自分の幸せ、情熱、心身の健康を優先的に考える
  • 探究心や好奇心をもつ
  • 他人の言動をいい意味であまり気にしない
  • 周囲の人に日常的に親切を心がける
  • 疲れているときは休む(自分の疲れに敏感)
  • 感動するものに触れる
  • SNSをみて他人と自分を比較しない など

生活習慣を整えるだけで記憶力アップが期待できる!

記憶力は食生活や生活習慣を変えるだけでアップさせることが可能です。
「もともと記憶力はないし…」「もう年だし…」と思っている方、まだ諦めるには早すぎます。
今からでも記憶力を育てるための時間は十分にあります。

今日からできるものばかりなので、食生活や生活習慣を見直して記憶力をアップさせましょう。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる
監修医 久保田 叔宏 (くぼた・よしひろ)
元メディカルチェックスタジオ医師・医学博士

脳ドックによって脳血管疾患や脳腫瘍など様々な脳疾患を早期に発見し、早期に対応することを重視しています。生活習慣病を指摘された方や漠然と健康状態に不安を抱いている方だけでなく、健康診断で異常なく元気に日常生活を送っている方も、一度は当院の脳ドック受診をお勧めします。

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

血液検査でわかる病気は? 知識が増えれば病気の予防にも役立ちます!

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

脳卒中の初期症状(FAST)とは?

アテローム血栓性脳梗塞とは? 原因や検査方法、治療方法についても解説!

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

自律神経を整えましょう! 副交感神経を優位にする9つの生活習慣も収録

脳の活性化に役立つ食べ物は? 食事に組み込みたい11のブレインフード

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

脳卒中で要介護になると時間・費用はどのくらいかかる? 逸失収入にも注意!

20代社会人の子どもを持つ親は健康面のリスク管理はできている?

記事を探す