2021/10/07 ( 更新日 : 2021/10/14 )

高齢運転従事者(タクシーなど)による事故が増加傾向! 脳疾患の予防に脳ドックを推奨

ドクターコラム
この記事は約5分で読めます
若者の車離れなどの背景もあり、タクシーなどの交通機関でも高齢運転従事者の事故比率が増えています。記事の中ではタクシー運転手の平均年齢などにも触れつつ、知っておきたい脳疾患の基本や、車に乗っている時に脳疾患が起きることの危険性についてご説明いたします。
目次

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

タクシーの高齢運転従事者による事故比率が増加

都内で起きている交通事故は年々現象していますが、高齢者事故の割合は年々増加傾向にあります。

2020年度は新型コロナウイルスの影響で人の流れが少なくなったことで、事故件数も高齢者事故の割合も減っています。
しかし、またタクシーやバスなどの公共交通の利用が増え始めると、今後は全体の事故に対して、ますます高齢者の事故の割合が増えていくことが予測されます。

全国のタクシードライバーの平均年齢は?

全国のタクシードライバーの平均年齢は、60.1歳。 もっとも平均年齢が高い福井県では、67.1歳となっています。

バスやトラックの運転従事者でも、若者の車離れによる、高齢のドライバーが増えている現状があるようです。

脳疾患による重大事故が、周囲に大きな影響を与える

高齢になるほど、脳疾患発症のリスクは高まります。
そのためか、高齢の運転従事者が脳血管疾患を発症することで起こる事故が、大きな社会問題になる事例が散見されます。
車を運転する職業は、他業界から転職して働く方も多く、こうした方に対する定期的な人間ドックや脳ドックを整備できずにいることが、問題となっているのかもしれません。

脳疾患をわずらうと、多くの方が死亡、もしくは介護が必要な状態になってしまいます。
特にクモ膜下出血や脳梗塞などは突然に発症することが多く、公共交通機関で働かれていたり、トラックで荷物を配送されている方にとって、発症時に周囲へ及ぼす影響が大きくなることが懸念されています。

どうして運転中の脳疾患は事故につながりやすいの?

脳血管疾患にはくも膜下出血、脳出血、脳梗塞などの脳卒中が知られています。 くも膜下出血は前兆もなく突然発症し、意識障害を来すことがあります。 偶然にも運転中に発症するとコントロールがきかずに、大事故につながると考えられます。
(記事監修医コメント)

知っておきたい、脳疾患の基本

脳卒中/脳血管疾患ってなに?

脳卒中という言葉がありますが、これは脳血管に起きる疾患のことで、医療関係者の中では「脳血管疾患」と呼ばれたりします。

脳は大量の血液を必要とする器官で、動脈が破けたり詰まったりすると、脳細胞に必要な栄養を届けることができなくなります。

脳は1分あたり約800mlの血液を必要とする(※個体差あり)ほど、つねに多量の栄養が要ります。ですから脳に栄養が行き届かないと、私たちの会話能力や運動能力などに影響が与えられます。

この「脳卒中」の中でも、有名なものは「脳梗塞」「クモ膜下出血」「脳出血」などがあります。

40代から増え始める脳の異変、50代・60代はさらに要注意

若い方の中で多いのが、脳動脈にできた瘤が破裂して起こるクモ膜下出血。
ですから、若い方でも無関係ではありません。

しかしながら、やはり脳卒中の数が多くなるのは40代をすぎてから。
50代・60代になると、この疾患になる方が増えてきます。

なぜ年齢が上がれば上がるほど問題が起こりやすくなるかというと、これは長年の生活習慣の乱れで、少しずつ体に負荷がかかるためです。
何十年にもわたる少しずつの負荷が、目に見える大きな疾患に変わるのが50代・60代の方なのです。

生活習慣の改善が鍵

生活習慣は、大きく「睡眠」「食事」「運動」にわけることができ、これらを若い頃から意識して整えておくことが、高齢になったときにも脳血管疾患を起こさないために重要なポイントとなります。

脳ドックをはじめとする検査は、自分の生活習慣の歪みを正すきっかけにもなります。
生活習慣を健康に保つことが、脳血管疾患を遠ざける、もっとも大切な要素になることは理解しておきましょう。

高齢の運転従事者には脳ドックの定期的受診を推奨

運転という行為は、自分だけでなく周囲の方にとっても脅威となり得るもの。
定期的に自分の脳の現状を知り、潜在的なリスクがあった場合には、生活習慣をしっかり改善することが重要です。

まだ病気と診断される前でも、脳の状態は刻々と変化していきます。

スマート脳ドックでは、ご来院からお帰りまで30分。
忙しいビジネスマンの方でも、平日の休憩時間に受けていただくことが可能です。
自分の脳の状態をしっかり知ることが、健康的な生活を始めるための第一歩に。
より良い仕事を行うためにも、ぜひ脳ドックを受けてみてはいかがでしょう。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

監修医 知久 正明 (ちく・まさあき)

メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニック院長・医学博士
病気になる前に治すという『未病』を理念に掲げていきます。循環器内科分野では心臓病だけでなく血管病まで診られる最新の医療機器を備えたバスキュラーラボで、『病気より患者さんを診る』を基本として診療しています。

こちらの記事もおすすめ

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは? 症状、検査の方法、治し方について

「いびきがうるさい」「呼吸が止まってた」などと、誰かから指摘されたことはありますか? いびきをかいている方の中には、睡眠中に無呼吸状態に陥っている方が多くおられます。これは睡眠時無呼吸症候群(SAS)と呼ばれ、体に蓄積的なダメージを与えるものです。この記事の中では、慢性的ないびきが持つ危険性について、詳しくご説明いたします。

脳・心疾患で労災の基準が緩和! 雇う側と雇われる側が知っておきたい話

脳・心疾患を患って、働けなくなってしまう方が多いのはご存知ですか? 2021年6月に、労災の基準が20年ぶりに緩和されることになりました。これまでよりも申請がしやすくなり、保険もおりやすくなることが予測されます。近年は働き方の見直しがニュースになることが多く、社会的にも新しい価値観がもとめられています。この記事の中では、企業側も従業員側も知っておきたい、労災の最新情報をお届けいたします。

脳ドックとはなにか? 検査内容、わかる病気や疾患、かかる費用と時間について

脳の病気は、仕事やプライベートに大きな影響を与えます。脳梗塞や脳出血を発症してしまうと、もとの生活には戻れない方も多いです。しかし日本では、まだまだ定期的な脳ドックをしている方が少ないのが現状。脳ドックは未病段階(病気になる前)の状態を把握することができ、早期発見、早期治療のために有用な検査です。この記事では、脳ドックの検査内容や見つかる疾患、受診をおすすめする人についてご紹介いたします。