2022/08/04 ( 公開日 : 2022/05/02 )

もし病気になったらどうする? 20代の子どもを持つ両親が考えていること

編集部コラム
アンケート 人間ドック 費用
この記事は約10分で読めます
子どもを持つ両親が、もし病気になったらどう対処していこうと考えているかご存知ですか? 記事の中では20代後半の子どもを持つ方に、ご自身の健康管理や病気になったらどうするつもりでいるか、などのアンケートを取りました。両親がどのくらい健康管理に費用を使っているか知りたいという方にも、興味深い内容になっています。
目次

調査概要:「親としての自身の健康」に関する調査
【調査期間】2022年4月22日(金)~2022年4月23日(土)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,017人
【年代内訳】50代650人、60代367人
【男女比】男性7:女性3(男性731人、女性286人)
【調査対象】25歳~29歳の社会人の子を持つ方
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

もし病気になったら、その後のことはどう考えている?

はじめに、ご自身がもし病気になった場合、その後についてどのように考えているかうかがいました。

図1

「ご自身が病気になった場合、その後のことはどのように考えていますか?」と質問したところ、『子や孫に迷惑がかからないよう、配偶者に相談して治療していく』が最多となりました。

半数近くの方が、お子さんやお孫さんに迷惑がかからないよう、配偶者と相談しながら二人で治療していこうとお考えのようです。

■そのように考えている理由

【子や孫に迷惑がかからないよう、配偶者に相談して治療していく】

・子どもには子どもの人生を考えてほしいので、親として邪魔をしたくない
(50代/女性/埼玉県)

・家族の生活になるべく支障がないようにしたい
(50代/男性/広島県)

・子供に迷惑かけたくないし、精神面や金額の面でも負担をかけたくない
(60代/女性/愛知県)

【誰にも迷惑がかからないよう、自身の判断で治療していく】

・自分の生命、自分の人生なので自己責任だと思っているし何より子供の人生の邪魔になりたくないから
(50代/女性/神奈川県)

・その為に蓄えをしている
(50代/男性/静岡県)

【子や孫にも相談してサポートを受けながら治療していく】

・長女が看護師をしているから
(50代/男性/北海道)

・自分が若い頃親の病気を聞かされていなかったことに寂しさを感じたので、自分の時は話しておきたい
(50代/女性/神奈川県)

【施設や病院、地方自治体など外部に相談する】

・専門の知識がないので、病気があったらやはり医者に相談したいです
(50代/女性/千葉県)

・普段からかかりつけ医に定期的に診てもらい健康維持に心掛ける
(60代/男性/大阪府)

お子さんの人生の邪魔をしたくないという親心から、配偶者やご自身のみで治療をしていきたいという方が多い一方、ご自身の経験から、もしもの時はお子さんにしっかりと相談したいという方もいるようです。
また、病気のリスクを減らせるよう、普段から健康維持に努めている方もいる様子がうかがえます。

健診の頻度は高いが「一般健診」が圧倒的多数

病気のリスクを減らしたり、もし病気になったとしても早期発見・早期治療につなげたりするためには、健診・検診による検査が大切です。

健診:
健康であること(病気がないこと)を検査で確認する(例:特定健診、人間ドック、脳ドックなど)

検診:
目当ての病気がないことを検査で確認する(例:がん検診など)

では、普段どれくらいの頻度で健診・検診を受診しているのでしょうか。

「健診・検診はどれくらいの頻度で受診していますか?」と質問したところ、『1年に1回以上』が最多という結果になりました。

8割の方が、少なくとも年に1回は健診・検診を受診していることがわかりました。

図2-1・2-2

ここからの質問は、健診・検診を受診している方にうかがいました。
どのような健診・検診を受診している方が多いのでしょうか。

「どのような健診・検診を受診していますか?(複数回答可)」と質問したところ、『一般健診(付加健診を含む)(73.1%)』が最多となり、以降『人間ドック』『がん検診(胃がん、乳がん、子宮頸がんなど)』などが続きました。

職場や自治体などで受診できる一般健診を受診している方が圧倒的に多い一方、人間ドックやがん検診を受診している方も約4人に1人にのぼることがわかりました。

■以降の結果

『骨粗鬆症検診(2.2%)』
『肝炎ウイルス検診(1.6%)』
『PET検査(1.3%)』
『肺・心血管ドック(1.2%)』

健康にかけている年間費用は「5,000円未満」が最多

では、ご自身の健康には年間いくらくらいの費用をかけているのでしょうか。

図3

「健診・検診を含め、ご自身の健康に年間でどれくらいの費用をかけていますか?」と質問したところ、『5,000円未満』が最多となりました。

半数の方が、ご自身の健康のためにかけている費用は年間10,000円未満であり、あまり多くの費用をかけていないことがわかりました。

この記事について

2022/08/04 (公開日:2022/05/02)

もし病気になったらどうする? 20代の子どもを持つ両親が考えていること

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

🌡さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🌡

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

脳ドックにかかる費用は? 保険適用できる? 自由診療と保険診療の違いも解説

🤔あなたのからだに表れている異変の原因は?🤔

大動脈解離とは? 血管の状態を把握することが重要! 治療方法についても解説!

冠動脈石灰化とは? 所見が出たら放置するのは危険です!

いびきにも注意! 知っておきたい脳卒中の分類、初期症状について

🥗生活習慣をこつこつ改善しましょう!🥗

秋から冬に注意! 日照時間の変化が季節性うつ病を引き起こす?!

ヒートショックによる死亡者数は年間どのくらい? 対策についても紹介

ビタミンB群ってどんな栄養素? 取りすぎは体に悪いってほんと? 摂取目安についても解説

🖋インタビューなど耳寄りな情報を掲載!🖋

メディカルチェックスタジオ東京銀座院、知久先生に聞きました

脳卒中で要介護になると時間・費用はどのくらいかかる? 逸失収入にも注意!

健康経営とは? 健康経営優良法人を目指すことで得られるメリットをわかりやすく解説

記事を探す