2022/05/02 ( 更新日 : 2022/05/25 )

もし病気になって倒れたらどうする? 50代・60代の子供がいる方に聞きました!(アンケート)

編集部コラム
アンケート 人間ドック 費用
この記事は約10分で読めます
子どもを持つ両親が、もし病気になったらどう対処していこうと考えているかご存知ですか? 記事の中では20代後半の子どもを持つ方に、ご自身の健康管理や病気になったらどうするつもりでいるか、などのアンケートを取りました。両親がどのくらい健康管理に費用を使っているか知りたいという方にも、興味深い内容になっています。
目次

調査概要:「親としての自身の健康」に関する調査
【調査期間】2022年4月22日(金)~2022年4月23日(土)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,017人
【年代内訳】50代650人、60代367人
【男女比】男性7:女性3(男性731人、女性286人)
【調査対象】25歳~29歳の社会人の子を持つ方
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

もし病気になったら、その後のことはどう考えている?

はじめに、ご自身がもし病気になった場合、その後についてどのように考えているかうかがいました。

図1

「ご自身が病気になった場合、その後のことはどのように考えていますか?」と質問したところ、『子や孫に迷惑がかからないよう、配偶者に相談して治療していく』が最多となりました。

半数近くの方が、お子さんやお孫さんに迷惑がかからないよう、配偶者と相談しながら二人で治療していこうとお考えのようです。

■そのように考えている理由

【子や孫に迷惑がかからないよう、配偶者に相談して治療していく】

・子どもには子どもの人生を考えてほしいので、親として邪魔をしたくない
(50代/女性/埼玉県)

・家族の生活になるべく支障がないようにしたい
(50代/男性/広島県)

・子供に迷惑かけたくないし、精神面や金額の面でも負担をかけたくない
(60代/女性/愛知県)

【誰にも迷惑がかからないよう、自身の判断で治療していく】

・自分の生命、自分の人生なので自己責任だと思っているし何より子供の人生の邪魔になりたくないから
(50代/女性/神奈川県)

・その為に蓄えをしている
(50代/男性/静岡県)

【子や孫にも相談してサポートを受けながら治療していく】

・長女が看護師をしているから
(50代/男性/北海道)

・自分が若い頃親の病気を聞かされていなかったことに寂しさを感じたので、自分の時は話しておきたい
(50代/女性/神奈川県)

【施設や病院、地方自治体など外部に相談する】

・専門の知識がないので、病気があったらやはり医者に相談したいです
(50代/女性/千葉県)

・普段からかかりつけ医に定期的に診てもらい健康維持に心掛ける
(60代/男性/大阪府)

お子さんの人生の邪魔をしたくないという親心から、配偶者やご自身のみで治療をしていきたいという方が多い一方、ご自身の経験から、もしもの時はお子さんにしっかりと相談したいという方もいるようです。
また、病気のリスクを減らせるよう、普段から健康維持に努めている方もいる様子がうかがえます。

健診の頻度は高いが「一般健診」が圧倒的多数

病気のリスクを減らしたり、もし病気になったとしても早期発見・早期治療につなげたりするためには、健診・検診による検査が大切です。

健診:
健康であること(病気がないこと)を検査で確認する(例:特定健診、人間ドック、脳ドックなど)

検診:
目当ての病気がないことを検査で確認する(例:がん検診など)

では、普段どれくらいの頻度で健診・検診を受診しているのでしょうか。

「健診・検診はどれくらいの頻度で受診していますか?」と質問したところ、『1年に1回以上』が最多という結果になりました。

8割の方が、少なくとも年に1回は健診・検診を受診していることがわかりました。

図2-1・2-2

ここからの質問は、健診・検診を受診している方にうかがいました。
どのような健診・検診を受診している方が多いのでしょうか。

「どのような健診・検診を受診していますか?(複数回答可)」と質問したところ、『一般健診(付加健診を含む)(73.1%)』が最多となり、以降『人間ドック』『がん検診(胃がん、乳がん、子宮頸がんなど)』などが続きました。

職場や自治体などで受診できる一般健診を受診している方が圧倒的に多い一方、人間ドックやがん検診を受診している方も約4人に1人にのぼることがわかりました。

■以降の結果

『骨粗鬆症検診(2.2%)』
『肝炎ウイルス検診(1.6%)』
『PET検査(1.3%)』
『肺・心血管ドック(1.2%)』

健康にかけている年間費用は「5,000円未満」が最多

では、ご自身の健康には年間いくらくらいの費用をかけているのでしょうか。

図3

「健診・検診を含め、ご自身の健康に年間でどれくらいの費用をかけていますか?」と質問したところ、『5,000円未満』が最多となりました。

半数の方が、ご自身の健康のためにかけている費用は年間10,000円未満であり、あまり多くの費用をかけていないことがわかりました。

健診・検診は病気の予防につながってる?

では、現在受診している健診・検診は病気の予防につながっているのでしょうか。

「受診している健診・検診によって、病気の予防につながっていると思いますか?」と質問したところ、『とてもそう思う(22.4%)』『ある程度そう思う(65.3%)』と答えた方が多い結果になりました。

8割以上の方が、現在受診している健診・検診が病気の予防につながっていると思っていることがわかりました。

図4-1・4-2

特にどのような健診・検診が病気の予防につながっていると思っているのでしょうか。

「特にどの健診・検診が病気の予防につながっていると思いますか?(上位3つまで)」と質問したところ、『一般健診(付加健診を含む)(56.3%)』が最多。
以降『がん検診(胃がん、乳がん、子宮頸がんなど)(35.6%)』『人間ドック(33.5%)』と続きました。

先ほどの質問(図2-2)では、一般健診を受診している方の割合は7割を超えましたが、受診しているすべての方が病気の予防につながっているとは思っていない様子がうかがえる結果となりました。

■病気の予防につながっていると思う健診・検診

【一般健診・がん検診・内視鏡検査】

健診をしたからこそ、私の病気も見つかって早期に治療をすることができたからです。あのまま、何もせず放置していたらがんになっていた病気だったので、健診をすることの必要性をものすごく感じています
(50代/女性/岐阜県)

【一般健診・がん検診・人間ドック】

特に人間ドックは、全身の状態を調べてもらえるので、健康状態の把握ができると思う
(50代/女性/東京都)

【人間ドック・脳ドック】

知り合いでガンが見つかったことから行っている
(50代/男性/滋賀県)

【がん検診・人間ドック・脳ドック】

進行性の早い疾病に対しても一通り、チェックできる
(60代/男性/大阪府)

【特定健診・内視鏡検査】

年齢的にも初期段階で発見できれば、治療によって回復できる可能性が高くなるから(60代/男性/千葉県)

検査の結果、実際にがんを予防できたという方、知人にがんの早期発見・早期治療につながったという方もいることから、健診・検診がいかに重要であるかがよくわかります。

■以降の結果

『PET検査(1.9%)』
『肺・心血管ドック(1.5%)』
『骨粗鬆症検診(1.2%)』
『肝炎ウイルス検診(0.5%)』

配偶者やお子さんの健康を優先しがちな方は7割を超える

先ほどのご自身の健康にかけている費用についての質問(図3)では、年間10,000円未満という方が半数にのぼりました。
もしかしたら、ご自身よりも配偶者やお子さんの健康を優先している方もいるかもしれません。

図5

そこで、「ご自身の健康よりも、配偶者やお子さんの健康を優先して考えがちですか?」と質問したところ、『とてもそう思う(23.2%)』『ややそう思う(48.4%)』と答える方が多い結果になりました。

配偶者やお子さんの健康を優先して考えがちな方は7割を超え、とても多いことがわかりました。

■自身の健康よりも配偶者や子どもの健康を優先しがち…

自分は大丈夫という過信がある。生活を共にする家族が気になる
(50代/女性/大阪府)

自分のことはいつでも検査ができると思ってしまうからです
(50代/女性/滋賀県)

特に配偶者には子どもが同じ性なので長生きして相談にも乗ってあげてほしい
(50代/男性/兵庫県)

家族が倒れるとどうしていいかわからないので
(60代/男性/宮崎県)

未来がある子ども達が優先だから
(60代/男性/大阪府)

家族の元気が自分の元気につながるから
(60代/女性/埼玉県)

配偶者やお子さんのことを大切に想っているからこそ、健康に関しても優先してしまう方が多いことがわかります。
また、ご自身は大丈夫だと過信してしまっている様子もうかがえます。

健康に関するギフトを贈ってみませんか?

今回の調査で、もし病気になったとしても、お子さんやお孫さんには迷惑をかけたくないと思っている方が多い一方、ご自身の健康にはあまり費用をかけていない方も多いことが明らかになりました。

健診・検診を年に1回以上受診している方が8割にのぼった一方で、ご自身よりも配偶者やお子さんの健康を優先している方も7割を超えたことから、ご自身よりも配偶者やお子さんの健康に費用をかけたいという想いが読み取れます。
しかし、お子さんの健康は親御さんの切なる願いであるように、お子さんもまた、親御さんの健康をいつも願っています。

今回の調査結果では、がん検診や人間ドック、脳ドックなどの健診・検診が病気の予防につながっていると想っている方が多いことがわかりましたから、今年のプレゼントを贈る機会には、お花やメッセージに加えて、そういった健診・検診のギフトを贈ると、親御さんも喜んでくださるのではないでしょうか。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

日本における脳卒中の死亡者数・死亡率は? 40~64歳で介護が必要となる方の半数は脳卒中が原因

脳出血や脳梗塞のような脳血管疾患は、日本人の死因の上位にランクインしています。ところで、脳卒中で亡くなる方は年間でどれくらいいるのでしょうか。今回は脳卒中の患者数や死亡率、後遺症などを詳しく紹介します。脳卒中を予防するための方法もあわせて紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドックは健康保険から対象外とされているため、費用は基本的に自己負担になります。しかしながら、所属している健康保険組合やお住まいの市区町村から補助金や助成金を受けられる場合があります。この記事の中では、脳ドックを受ける前に調べておきたい、補助金・助成金についてご紹介いたします。

脳卒中で要介護になると時間・費用はどのくらいかかる? 逸失収入にも注意!

脳梗塞やくも膜下出血など、体に障害を残すことが多いとされる脳卒中を発症すると、どのくらいの費用がかかるのかご存知ですか? 脳卒中はがんなどよりも入院日数が増えることが多く、かかる費用も高額になりがちです。この記事の中では実際に介護を体験された方の統計から得られた情報をご紹介いたします。

記事を探す