2022/08/31 ( 公開日 : 2022/05/17 )

膵臓がん(膵がん・すい臓がん)とは? 症状、検査方法、生存率などについて解説

症状
がん すい臓 検診
この記事は約5分で読めます
膵臓がん(膵がん)は症状が出にくく、早期発見することが難しいとされるがんです。進行する速度は早く、がんが発見された場合には治療ができないケースも多いがんです。膵臓がんを早期発見するには定期的な検診が必要です。この記事の中では膵臓がんの特徴や、発見するための検査について解説いたします。
目次

膵臓がんについて

膵臓は胃の後ろにある長さ20センチほどの臓器です。

おもな機能としては以下のものがあります。

・食べ物の消化を促す消化酵素を膵管の中に分泌
・血糖値を調節するためのインスリンを血液に分泌

膵臓で発生するがんの約9割が膵管から発生します。
発見される場合には、多くがすでに腫瘤(こぶ、固まりのこと)になっているケースが多いです。

症状がないまま進行する

膵臓がんのおもな症状は以下です。

  • 腹痛
  • 背部痛
  • 黄疸(血液中のビリルビンという色素が増えて皮膚や白目が黄色くなる)
  • 食欲不振
  • 体重減少

しかしながら、膵臓がんは早期には症状が現れないことがよく知られており、どれも症状が進行した後でわかるものです。

たとえば十二指腸に近い膵頭部にがんが発生した場合には、皮膚や白目が黄色くなる現象や、尿の色が褐色になる現象が起こります。
こうした現象が起きるのは、胆汁の流れ道である胆管をがんが圧迫するなどして胆汁の流れが障害されるためです。

反対に膵体尾部にがんが発生した場合には、腹痛や背部痛が起こることがあります。
これはがんが神経節に浸潤するためにおきます。

膵臓がんの原因

膵臓がんの原因として考えられるものは以下です。

  • 肥満
  • 偏った食生活
  • 糖尿病
  • 過度な飲酒(慢性膵炎)
  • 喫煙
  • 遺伝によるもの

さらに注意したいのは、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)と呼ばれるものです。
これは嚢胞性腫瘍と呼ばれる病気ですが、がん化することでもよく知られています。

もし検診でIPMNを指摘された場合には、がん化していないか定期的に画像検査で経過観察をしていく必要があります。

早期発見がなぜ必要か?

膵臓がんは自覚症状が現れにくく、症状が現れてからの発見ではすでに進行していることが多いがんです。
「地域がん登録における5年生存率」では、膵臓がんは突出して他の部位のがんよりも生存率が低いです。

膵臓がんのリスクは40代から現れはじめ、年齢を重ねるにしたがって増えていきます。男性の方が女性よりも患者数はやや多い傾向にあります。

がん死亡数の順位でも、2020年では男性で4位、女性で3位となっています。

がん死亡数の順位(2020年) 元データ:人口動態統計がん死亡データ
1位 2位 3位 4位 5位
男女計 大腸 膵臓 肝臓 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸4位、直腸7位
男性 大腸 膵臓 肝臓 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸4位、直腸7位
女性 大腸 膵臓 乳房 大腸を結腸と直腸に分けた場合、結腸3位、直腸10位

膵臓がんが進行すると、生存率は急激に下がってしまうため、検診で早期に発見することが重要です。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

メディカルチェックスタジオでは
すい菅と胆管を検査できます。

すい臓がんドック(MRCP)を予約する
監修医 緒方 文大 (おがた・ふみひろ)
愛和クリニック院長・内科学会認定医

京都府立医科大学卒業後、虎の門病院入職。内科全般を学び、その後がんや慢性疾患を多く扱う消化器内科医に。『健康防衛・健康増進』の重要性を痛感。『患者様の健康増進のために本気で取り組みたい』という強い想いで、愛和クリニック開業。

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

X線(レントゲン)検査とは? 検査の方法、造影剤の使用について解説

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

水頭症とは? 脳脊髄液の役割、原因、種類と症状などについて解説

いびきにも注意! 知っておきたい脳卒中の分類、初期症状について

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

砂糖を入れたコーヒーでも大丈夫? 適切な量で脳梗塞や心筋梗塞の予防に役立つ!

糖質制限でなぜ痩せる? 血糖値を抑えられる高タンパク&低糖質の食材についてもご紹介!

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

中小企業の経営者が恐れている病気は? 脳ドックを受けたことがある人はどのくらい?

脳卒中で要介護になると時間・費用はどのくらいかかる? 逸失収入にも注意!

記事を探す