2022/06/02 ( 更新日 : 2022/06/29 )

1日のスマホ利用時間はどのくらい? SNSの使いすぎが炎症を引き起こす!?

生活習慣
予防 研究 自律神経
この記事は約5分で読めます
過度にSNSを利用することが、血中タンパク質を上昇させていることが学術誌の論文に掲載されました。私たちの生活に深く関係しているSNSですが、あまりに依存状態になっている場合には使用に注意が必要となります。この記事の中では、依存しないでSNSと付き合うための役立つ情報もまとめています。
目次

過度のSNS利用で血中タンパク質が上昇

学術誌である「Cyberpsychology, Behavior, and Social Networking」に、興味深い論文が掲載されました。
今や若者に限らず、中高年でもSNSは利用されていますが、過度なSNS利用によって血中のタンパク質が増えることが明らかになったのです。

この研究結果は、アメリカの18歳から24歳の大学生(251名)を対象にしたもので、SNSを過度に利用する人は慢性的に炎症が起きていることを示す、血中タンパク質が多いことがわかったというものです。
C反応性タンパク(CRP)は、特異性のない器質性疾患(*1)の血液マーカーとなり、がんや心疾患などの病気予測に用いられるものです。

1990年代からインターネットが個人レベルでも使用されるようになり、ネット掲示板やmixiやFacebookなどが続々と現れました。

近年はこれらのサービスを長時間使うことに対して、業界の内外からさまざまな意見が出ています。
今回の調査結果は、SNSが体に影響を与えていることを科学的に明らかにしたものといえるかもしれません。

*1) 器質性疾患とは?
感染、炎症、または血管障害などによって細胞や組織が破壊されて変化を受けた結果として体に現れる疾患のこと。

どのくらいの時間スマホをみている?

Glossom(グロッサム)が実施した「スマホでの情報収集に関する定点調査」では、2021年度は全国の10代〜70代の男女1442名から回答を得て、1日のスマホ・SNS利用情報をまとめています。

その結果、1日の平均利用時間は2020年の「126.6分」から10分ほど増えて「136.3分」となっています。

スマホで利用するサービスを「SNS」「サーチエンジン」「メディア」に分類すると、もっとも多くの時間を使っているのが「SNS」であることが明らかになっています。

こちらも2020年の「67.1分」から2021年には「77.8分」に増えています。
また若い世代(10代〜30代)の男女別のSNS利用時間は、以下の表のようになっています。

表1. 2021年の1日あたりのSNS平均利用時間(国内)
10代 20代 30代
女性 117.1分 119.1分 73.6分
男性 99.1分 74.2分 50.1分

SNSには高い依存性があることにも注意

体の健康を考える上で、お酒やタバコなど依存性が極めて強い嗜好品は注意すべき対象としてみられてきました。
SNSもまた「高い依存性」という意味では、お酒やタバコ同様に注意を払うべきものとなってきているのかもしれません。

◇なぜ私たちはSNSに依存するのか?

  • 「いいね」で承認欲求が満たせる
  • ギャンブル性(不特定多数の人に支持される可能性がある、拡散される可能性がある)
  • コミュニティからの阻害恐怖 など

SNSでは「人とのつながりを強める」「知らなかったことを知ることができる」など、ポジティブな感情が生まれることもあります。
しかしながら依存度が高くなると、私たちの健康バランスを崩すものになりかねないという側面があるのも事実です。

デジタルデトックスも効果あり?

スマートフォンやSNSについて、ネガティブな側面について語ってきましたが、現代ではまったくSNSを使わないのも難しいかもしれません。
SNSに依存しないで、プラスの側面をなるべく多く享受するには、「デジタルデトックス」なども新しい生活習慣に加えると効果的かもしれません。

デジタルデトックスとは?

デジタルデトックスは、スマートフォンやパソコンなどのデバイスに一定期間アクセスしないことで、オフライン状態になることです。
この試みをすることで、周囲の人や自然などとのつながりに集中ができるといわれています(*2)。

*2) まったく効果がないとする論文もあり、諸説あります。

デジタルデトックスといっても、そこまで極端な制限をしなくてもいいのかもしれません。 ただ、いつも長時間スマートフォンをみていて、実際に体に悪影響が現れている方には有効となる場合があります。

◇悪影響の具体的な例

  • 鬱っぽくなっている
  • 他人との比較に疲れを感じている
  • 寝つきがよくない など

上記のような状態に陥っている方は、たまにはスマホを部屋において出かけたり、何日か使わない、という行動を実践してみてもいいかもしれません。

デジタルデトックスが自分の生活にプラスと感じるなら、各週、月一など周期を決めて生活の中に取り込んでみてはいかがでしょう。

生活習慣をアップデートしましょう!

大切なのはSNSへの依存度を下げるということ、また毎日をなるべく健康に健やかに過ごすことです。

SNSと体の健康との関連性は、まだ調査や研究が始まって10から15年程度ですので、「これが正解です」というものはありません。
今後も最新のトピックを知り、より健康的にSNSやスマホと関わる生活習慣をアップデートしていけるといいのではないでしょうか。

この記事について

2022/06/02 (更新日:2022/06/29)

1日のスマホ利用時間はどのくらい? SNSの使いすぎが炎症を引き起こす!?

カテゴリ
キーワード

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

さまざまな検査の中身を詳しくまとめています

脳ドックとはなにか? 検査の内容、受診をおすすめする方、費用や注意点について解説

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドックにかかる費用は? 保険適用できる? 自由診療と保険診療の違いも解説

あなたのからだに表れている異変の原因は?

脳梗塞は頭痛を感じない? 知っておきたい頭痛の分類(こわい/こわくない頭痛)

肺がんに初期症状はある? 知っておきたい基礎知識と、コロナ禍の「隠れがん患者」について

痰が絡むのはどうして? 長期的な痰に悩まされる時は病院を受診しましょう

生活習慣の改善をコツコツ積み上げましょう!

生あくびが病気のサインであることも? 眠くもないのに頻繁に出るあくびに注意!

ストレスで脳が萎縮するって本当? そのメカニズムと幸せホルモン「セロトニン」について解説

認知症予防に効果あり! マインド食は持続可能性のある食事を実現

記事を探す