2022/05/10 ( 更新日 : 2022/05/10 )

デジタルヘルスケアとは? デジタル技術を活用した予防医療で健康管理をしよう!

生活習慣
予防 健康寿命 未病
この記事は約4分で読めます
近年では、多くの産業がDX(デジタルトランスフォーメーション)やデジタル化を進めていき新たな付加価値が生み出されています。 医療・ヘルスケア分野でもテクノロジーを駆使したデジタル化が活発化しており、様々な改革が行われてきました。将来の医療テクノロジーは私たちにどのような価値を生み出してくれるのでしょうか。
目次

ヘルスケアのデジタル活用とは

医療やヘルスケアにデジタル技術を活用することをデジタルヘルスケアと呼びます。
「ヘルスケア」とは健康の維持や増進のための行為や健康管理を意味しており、 そこにデジタル技術を利用することで、「デジタルヘルスケア」となります。

この活用により、科学的なデータに基づく健康管理や疾病予防が可能になり、医療やヘルスケアの効果を向上させていくことができており、 人の行動や状態がデータ化されていく時代へと変化しております。

またデジタル技術の例としては、人工知能(AI)やチャットボット、IoT、ウェアラブルデバイス、ビッグデータ解析、仮想現実(VR)などがあります。

デジタルヘルスケアで何が変わるのか?

医療やヘルスケアは従来、病気の発症や体調を崩してから病院に行って治療という流れでしたが、 デジタルヘルスケアの活用によって、私たちの生活にどのような変化が現れてきているのでしょうか。

アクセス向上

  • アプリなどの診療予約システムで待ち時間の短縮
  • リモート診療(介護や子育ての方、遠方に住んでいる、病院に行くことが困難) など

健康成果の向上

  • 自身の健康データをスマートフォンなどでも管理、比較できる
  • 心拍数などの、自覚症状がなく異常なものを検知
  • 蓄積された健康データを病院の診療に活かせる など

予防医療のデジタル化

予防医療においては、スマホアプリ等、個人レベルでアクセス可能なアプリケーションを情報提供のプラットフォームにすることで、 これまでの医療機関と患者の間の情報格差を埋め、より適切な予防や治療アクセスができるようにすることが考えられます。

一般的に考えると病気にならなければ、治療費はかかりません。
ですが、自覚症状がなく進行する病気もあり、放置し続けたことで発症してしまう可能性もあります。

重症化する前に早期発見することで、健康寿命の延伸や医療費の削減もできてくるのです。

生活習慣病のリスク軽減

糖尿病や高血圧症など、国民病とも言われている生活習慣病は、食事、運動、睡眠、ストレス、性格、遺伝など様々な原因があります。 新型コロナウイルスの影響もあり、生活スタイルが変わり、外出する機会も減って家で過ごす時間が増えたことによって、発症するリスクも増加しております。

生活習慣病は病院だけでは解決できなく、ご自身の生活を見直して改善する必要があります。 しかし、改善したとしても実際どれだけ変化しているのかが分からなかったり、自覚症状がないからといって放置してしまい病気を発症してしまう場合もあります。

ですが、デジタル化が進んでいる現代はスマートウォッチなど身の回りのモノのIoT化※1が進み、睡眠や運動、心拍数など、その人の健康データを集めることができる時代となっています。
蓄積された健康データは、病院の検査データなどにかけ合わせれば、早期の段階で病気の兆候を発見できるようになる可能性があります



※1 モノがインターネットに接続されることで通信機能をもち、相互作用可能な状態であること

生活者の行動

デジタル化が急速に進み、ヘルスケアアプリなどを利用した人は多いのではないでしょうか。
特に高齢者やスマートフォンなどの操作に慣れていない方は、インターネット上での作業に時間がかかってしまいストレスを感じる時があったかと思います。

今後も医療分野だけではありませんが、デジタル化は進行していき、生活者の医療におけるアプリやインターネットなどを使用する場面や頻度が増えていきます。

そのためにも、今のうちからネットワーク上でのヘルスケアの利用に慣れていくことで、生活の変化にも対応しやすく、うまく使いこなせることができるはずです。

また、一度はインターネットで医療や健康情報などを調べた方はいるかと思いますが、
正しい情報をとり入れなければ誤った情報を信用して、症状を放置してしまうかもしれません。
以下の記事では、正しい情報の見極め方について触れておりますので、ぜひご活用ください。

信用できる健康情報とは?

近年ではインターネットやSNSで多くの健康情報を目にした方は多くないでしょうか。 しかし、ネット上には数多くの情報があり、この中からどれが正しいのか混乱してしまう場合もあるかと思います。

デジタルヘルスケアの未来

必要なときにいつでも検査や治療を受けられる仕組みや、迅速にデータを収集・解析・利用することの重要性が改めて認識されると共に、デジタル技術を活用した新しい医療・ヘルスケアサービスは今後も拡大していきます。

今後は世の中によりデジタルヘルスケアが浸透することによって、病気の発症と重篤化の防止、効果的で効率的な診断・治療、適切できめ細かなフォローなど、 人々の生活の質の向上や医療費が抑制され私たちのライフスタイルを大きく変えてくれるはずです。

そして医療の役割は、治療的価値から将来の予防価値へと性質が変化していくことになるでしょう。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

健康寿命と平均寿命の違いは? 体の違和感に気づくことが健康寿命の延伸につながります!

健康寿命を伸ばすには、未病段階からのケアが重要。未病とは「病気ではないけれど病気に向かい始めている段階」のことで、多くの方が無自覚にこの段階にあります。30代・40代になるにつれて体の変化や問題が増え、50代・60代でいよいよ病気で処置が必要な状態に。健康寿命を長くするには、未病に対するケアが非常に重要です。この記事の中では、健康寿命や未病ケアについてご紹介いたします。

予防医療とは何か? 超高齢化社会に突入した日本が取り組みたいこと

近年では病気になってから治療するのではなく、病気になるのを予防する「予防医療」の需要が高まっています。未然に病気にならないように対策をすることで、病気にとらわれることなく健康に生きられる期間を長くすることが可能です。今回はなぜ予防医療が必要とされているのか、予防医療を実施するためには何をすればいいのかなどを解説します。

生活習慣病の原因は? すぐに実践できる5つの改善方法を紹介いたします!

日本人の三大死因であるがんや心血管疾患、脳血管疾患の発症には生活習慣病が関係していることが分かっています。生活習慣病対策としては、自分の生活を見直すことが大切。この記事の中では、生活習慣によって引き起こされる病がどんな病気なのか、また予防や改善方法などについて解説します。

記事を探す