2021/12/22 ( 更新日 : 2021/12/22 )

予防医療とは何か? 超高齢化社会に突入した日本が取り組みたいこと

生活習慣
この記事は約4分で読めます
近年では病気になってから治療するのではなく、病気になるのを予防する「予防医療」の需要が高まっています。未然に病気にならないように対策をすることで、病気にとらわれることなく健康に生きられる期間を長くすることが可能です。今回はなぜ予防医療が必要とされているのか、予防医療を実施するためには何をすればいいのかなどを解説します。
目次

予防医療とは?

予防医療とは、病気にかからないように予防する医療のことです。病気になってから何か治療を始めるのではなく、そもそも病気にならないように対策を行います。

日本国内で高齢者の割合がどんどん増えていく中、健康寿命をいかに伸ばせるかが注目されるようになってきました。予防医療を行うことで、日常生活が制限されることなく過ごせる健康寿命を伸ばすことができます。

これは、生活の質(QOL)を改善したり、社会全体を活性化させたりすることにもつながります。先進国の中には30年以上も前から予防医療に取り組んでいる国もありますが、日本ではまだ大きな広がりは見せていません。

なぜ予防医療が必要なの?

病気になってから治療をする方法も、医療の発展とともに手段が昔より格段に増えています。そのような中、なぜ予防医療が必要とされるのでしょうか。
理由は主に次の3つがあります。

超高齢社会への備え

高齢者の割合が人口の21%を超えている状態を、「超高齢社会」と呼びます。高齢者の割合が増えるほど医療費も増大するため、健康寿命をいかに伸ばせるかが重要です。

このまま医療費の圧迫が続けば、窓口での負担割合が増えたり、医療保険、年金保険、介護保険などの仕組みが脆弱になったりしてしまう可能性もゼロではありません。
高齢者が生涯現役でいられる生涯現役社会を目指すためにも、予防医療はとても重要なのです。

慢性疾患への対策

日本人の死因は2019年時点で1位が悪性新生物(がん)、2位が心疾患、3位が老衰、4位が脳血管疾患となっています。老衰を除く残りの3疾患は、予防によって防ぐことができる可能性があるといわれている疾患です。

悪性新生物と心疾患は年々増加傾向にあるため、とくに予防が大事になるでしょう。悪性新生物や心疾患が増えている原因としては、食生活の欧米化が関係しています。
これらの疾患は生活習慣と大きな関係があるため、食生活の改善が効果的です。

平均寿命と健康寿命の問題

健康寿命とは、日常生活に支障をきたすことなく制限されずに生活ができる期間のことです。医療の進歩により平均寿命だけが伸びても、健康に生きられる期間が短ければ、長い人生は不便なものに変わってしまいます。

実は平均寿命と平均健康寿命には10年前後の差があります。つまり約10年は寝たきりだったり、介護が必要だったりするということです。 この差を縮めるためにも、予防医療は年々重要度を増しています。もし平均寿命と平均健康寿命の差が縮まれば、社会保障費の増大を防ぐことも可能です。

スマート・ライフ・プロジェクトとは?

スマート・ライフ・プロジェクトとは、厚生労働省が2011年の2月から開始した健康寿命を伸ばすためのプロジェクトです。運動、食生活、禁煙などと絡めて、幅広い企業が連携しながらアクションを呼びかけているのはご存知ですか?

外食産業やフィットネスクラブ、食品会社やメディアなどがそれぞれの活動を通じて、健康作りの意識を浸透させることが目的です。
ネット上で見られる食事バランス教室や体操などもあるため、誰でも気軽に健康作りへ参加できます。

予防医療の3つの段階

予防医療には、大きく3つの段階があります。健康な時期から始める「一次予防」、検診により病気を早期発見する「二次予防」、リハビリテーションを行う「三次予防」です。
従来の医療では、二次予防と三次予防が中心でした。

しかし健康寿命を伸ばすためには一次予防がもっとも大切です。
厚生労働省が行っているプロジェクトである「健康日本21」でも、一次予防が重要視されています。

一次予防

一次予防とは、病気になる前の健康な時期に行う予防です。栄養管理、運動、休養などによって、生活習慣を改善することで健康を目指します。
このほかにも予防接種による病気の予防や、事故を防止することで傷害を防ぐことも一次予防のひとつです。

二次予防

二次予防とは、いわゆる検診や健康診断のことです。何か病気がないかを早期発見することで、早期治療を行い病気の重症化を防ぎます。

病気があったとしても比較的軽い状態で治療を行い、合併症を予防するのが二次予防の目的です。

三次予防

三次予防とは、リハビリテーションのことを指します。病気を治療していく中でリハビリテーションも行うことで、身体機能の著しい低下を防いだり、病気の再発を予防したりします。

病気が進行した後に行うため、一次予防のように健康寿命を伸ばすというよりは病気になった後の生活をサポートするものだと言えます。

生活習慣病と予防医療

生活習慣病とは、食生活、運動、飲酒、喫煙などの要因が関係している病気のことです。
「高血圧」「脂質異常症」「糖尿病」「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」などが代表的な生活習慣病です。

生活習慣病は日本人の死因の上位を占めている悪性新生物、心疾患、脳血管疾患の原因となることでも知られています。つまり予防医療によって生活習慣病を予防できれば、上位を占めている死因も予防できるのです。

生活習慣病を予防するためにも、たんぱく質、脂質、炭水化物をバランスよく取り、適度な運動を行いましょう。
禁煙をして適度な飲酒量を守ることも大切です。

定期的な検診も予防医療のひとつ!

一次予防はもちろん、定期的に検診を受けて早期発見・早期治療を目指す二次予防も予防医療のひとつです。中性脂肪や尿酸値、コレステロールが高い方、高血圧や糖尿病などの生活習慣病に不安がある方は、定期的な検診を受けましょう。

健康診断よりももっと細かく病気の早期発見ができる人間ドック、脳の疾患をいち早く見つける脳ドックなどがおすすめです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

監修医 伊藤 晴紀(いとう・はるき)

メディカルチェックスタジオ新宿クリニック・医学博士
同じ病気でも、患者様ひとりひとり治療方針は違ってきます。それぞれの生活やバックグラウンドに合った医療を提供できるよう心がけております。
患者様が健康で長生きできるよう、診断・治療だけでなく、最新の医療知識を織り交ぜながら診察しております。

こちらの記事もおすすめ

健康寿命ってなに? 賢い人が始めている未病ケアについて

健康寿命を伸ばすには、未病段階からのケアが重要。未病とは「病気ではないけれど病気に向かい始めている段階」のことで、多くの方が無自覚にこの段階にあります。30代・40代になるにつれて体の変化や問題が増え、50代・60代でいよいよ病気で処置が必要な状態に。健康寿命を長くするには、未病に対するケアが非常に重要です。この記事の中では、健康寿命や未病ケアについてご紹介いたします。

糖尿病でも食べていいお菓子ってあるの? 間食の仕方や注意点をご紹介

糖尿病でも食べられるお菓子と食べられないお菓子について具体的に紹介しています。またお菓子以外に間食でおすすめなものや、間食をする際のポイントなどについてもわかりやすく解説しています。糖尿病でも一緒に間食を楽しめるように、どんな物が食べられるのかNGなのかみてみましょう。

ビタミンDはなんの役に立ってるの? 風邪やインフルエンザの予防に有効ってほんと?

ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける栄養素として有名です。ビタミンDは骨を強化する目的でも摂取されますが、免疫機能の調整にも働くことがわかっています。今回の記事の中では、ビタミンDの効果や摂取目安量などをご紹介いたします。ぜひ最後まで読んで、日々の生活の中で役立ててみてください。