2023/01/18 ( 公開日 : 2022/02/24 )

頭部MRI検査とは? 発見できる病気や費用相場、検査を受けるメリットについて解説!

検査
MRI 検診
この記事は約5分で読めます

頭部MRI検査を受けるメリット

頭部MRIを受けるメリットとしては、主に次のものが挙げられます。

  • さまざまな方向から頭部の断面図を撮影できる
  • CT検査では見つからない小さな異常も見つけられる
  • 放射線を使用しないため、被曝の心配がない

頭部MRIは、あらゆる方向から脳の断面図を自由に撮影できることが大きな特徴です。そのため、脳内にある病変を診断できます。

頭部MRI検査の費用相場

頭部MRIの検査費用は、予防を目的に行う場合と治療を目的に行う場合で異なります。早期発見をかねて予防のために行う脳ドックの場合には、保険診療の対象外です。

一般的に、脳ドックの費用は20,000~70,000円前後が相場です。

もし頭痛やふらつきがある場合は、保険が適用されるため、年齢によって負担額が変わります。
同時にほかの検査も行う場合は、さらに料金がプラスになっていきます。

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドックは健康保険から対象外とされているため、費用は基本的に自己負担になります。しかしながら、所属している健康保険組合やお住まいの市区町村から補助金や助成金を受けられる場合があります。この記事の中では、脳ドックを受ける前に調べておきたい、補助金・助成金についてご紹介いたします。

脳の病気を早期発見・治療するために定期的に脳ドックを受けよう

脳腫瘍、脳卒中、脳動脈瘤などは早期発見により予後を改善できます。速やかに治療を行うことで、重症化や後遺症が起こるリスクを下げることができます。

高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病が危険因子として知られていますので、生活習慣病にならないよう日頃から食生活や運動習慣などに気をつけながら、定期的に脳ドックを受けて早期発見に努めましょう。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる
監修医 知久 正明 (ちく・まさあき)
メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニック院長・医学博士

病気になる前に治すという『未病』を理念に掲げていきます。循環器内科分野では心臓病だけでなく血管病まで診られる最新の医療機器を備えたバスキュラーラボで、『病気より患者さんを診る』を基本として診療しています。

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

初めての脳ドックは何歳で受けるべき? 若くても受診すべき人の条件と推奨頻度

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

アナフィラキシーショックとは? もしもの際の応急処置についても収録

肺がんのステージとは? ステージ別の進行度や5年生存率についても解説

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

カフェイン中毒の症状とは?致死量はどのくらい?錠剤の過剰摂取にも注意!

脱水症とは? 冬のかくれ脱水にも注意! 寒くてもこまめな水分補給が大切!

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

脳ドックを受けにくるのはどんな人? 放射線技師大畑さんにインタビュー

社員の体調管理の一環として「スマート脳ドック」を導入! CARTA COMMUNICATIONSさま

記事を探す