2022/10/05 ( 公開日 : 2022/08/25 )

30~40歳代でも白質病変が進行中? 若いうちから脳ドックで脳疾患リスクを管理!

編集部コラム
予防 未病 脳ドック
この記事は約3分で読めます

50歳代の二人に一人の割合で大脳白質病変がみられる

認知機能の低下と脳梗塞のリスクとなる大脳白質病変の割合は、30歳代で約15%、40歳代で約25%、50歳代で約45%にGrade1以上の大脳白質病変がみられました。

高血圧があると答えた受診者のほうが、大脳白質病変のGradeが高い傾向

高血圧の有無(*1)別に大脳白質病変のGradeの割合を見ると、高血圧があると答えた受診者にGrade3以上の異常の割合が大きい傾向がありました。(*1:受診時の問診による自己申告)

未病対策は早期に始めることが大切

歯の治療などでも、30代〜40代になると神経を取ったり、インプラントをしたりと多くの費用がかかる方が多いでしょう。
その時には、きっと「もっと早くケアを初めておけば、こんなに費用がかからなくて済んだのに」と考える方も多いはず。

脳疾患に対しても同じことがいえます。
まだ充分に若いうちからケアを始めておくことで、将来に脳疾患になるリスクを低くすることが可能です。

脳ドックが気になった方は、ぜひ以下の記事も一読してみてはいかがでしょうか。

脳卒中で要介護になると時間・費用はどのくらいかかる? 逸失収入にも注意!

脳梗塞やくも膜下出血など、体に障害を残すことが多いとされる脳卒中を発症すると、どのくらいの費用がかかるのかご存知ですか? 脳卒中はがんなどよりも入院日数が増えることが多く、かかる費用も高額になりがちです。この記事の中では実際に介護を体験された方の統計から得られた情報をご紹介いたします。
記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

脳ドックにかかる費用は? 保険適用できる? 自由診療と保険診療の違いも解説

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

脳腫瘍に初期症状はあるの? 頭痛、嘔吐、意識障害などには注意が必要です!

未破裂脳動脈瘤とは? くも膜下出血を起こす危険がどのくらいあるかを知りましょう!

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

なぜ秋は咳が出やすいのか? 季節の変わり目は喘息に注意!

隠れ肥満(サルコペニア肥満)とは何か? 一見、普通体型の人こそ危険!

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

20代社会人の子どもを持つ親は健康面のリスク管理はできている?

脳ドックを導入するタクシー会社が増加中! 葵交通株式会社さまインタビュー

記事を探す