2022/04/20 ( 公開日 : 2022/01/14 )

がんは遺伝する? 遺伝しやすいがんの種類や予防方法について解説

症状
がん 遺伝
この記事は約4分で読めます
がんは決して珍しい病気ではありません。生涯のうち、何かしらのがんに罹患する確率は男性で63.3%、女性で48.4%だと言われています。約2人に1人ががんになる時代なのです。がんの中でも、一部は親から子へと遺伝することがわかっています。では、具体的にどのようながんが遺伝しやすいのでしょうか。
目次

がんは遺伝する?

一部のがんは、遺伝する可能性があることがわかっています。多くのがんは、遺伝子が後天的に異常をきたすものです。
そのため、基本的に次の世代へと遺伝することはありません。しかし、生まれながらにがんの遺伝子変異をもっている場合は、遺伝する可能性があります

人間の染色体は、半分は父親から、残り半分は母親から引き継ぎます。片方の親から遺伝子を引き継いでもすぐに発症するわけではありませんが、遺伝子変異が起こることで遺伝子が正常に機能しなくなり、がんになる確率が高くなるのです。

遺伝性腫瘍とは?

遺伝性腫瘍とは、遺伝が原因で発症するがんのことです。両親のどちらか、または両方の遺伝子が原因で発症します。人間にはがん抑制遺伝子といって細胞ががん化するのを防ぐ遺伝子があることが特徴です。

がん遺伝子やがん抑制遺伝子は、どちらも遺伝が関係しています。
このような話をすると「両親ががんだから自分もなるのでは?」と不安に思う方もいるでしょう。

しかし、血縁者にがん患者がいるからといって必ずがんになるとは限りません。環境的な要因が主にがんの発症には関係しており、遺伝性腫瘍を認めるのは5~10%程度だと言われています。(*1)

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる
監修医 伊藤 晴紀 (いとう・はるき)
元メディカルチェックスタジオ医師・医学博士

同じ病気でも、患者様ひとりひとり治療方針は違ってきます。それぞれの生活やバックグラウンドに合った医療を提供できるよう心がけております。
患者様が健康で長生きできるよう、診断・治療だけでなく、最新の医療知識を織り交ぜながら診察しております。

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

MRI検査ではなぜ大きな音が鳴ってうるさいの? 傾斜磁場ってなに?

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

水頭症とは? 脳脊髄液の役割、原因、種類と症状などについて解説

コロナウイルスの後遺症とは? 長期化する理由と炎症反応の仕組みについて

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

ビタミンB群ってどんな栄養素? 取りすぎは体に悪いってほんと 摂取目安についても解説

予防医療とは何か? 超高齢化社会に突入した日本が取り組みたいこと

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

子どもや両親にも誇れる会社に! 健康経営を実践するユニファースト株式会社さま

つらい気持ちやストレスを和らげる「認知行動療法」とは?セルフで実践できる方法も解説!

記事を探す