2022/08/23 ( 公開日 : 2022/08/23 )

微小脳出血(CMBs)とは? 将来的な脳梗塞リスクと関係あるの?

症状
脳出血 脳梗塞 認知症
この記事は約4分で読めます

微小脳出血の治療方法

微小脳出血で脳機能障害に関する症状がない場合、手術をするリスクの方が利益よりも高くなります。
そのため手術が行われることは少ないです。

手術の代わりに、高血圧などの脳出血リスクに対する処置が行われます。
病院で行われる治療としては、生活習慣の改善と薬物療法です。

微小脳出血の予防方法

微小脳出血への予防法は、原因疾患である高血圧や脳アミロイド血管症に対処することです。

高血圧や脳アミロイド血管症に対処するには、生活習慣を改善する必要があります。

◇具体的な改善の内容

・食事内容の改善
・適度な運動
・禁煙
・飲酒量の制限

生活習慣の改善に努めても、症状が進行する場合は薬物療法を受ける必要性も出てきます。

適切な対処法や治療を選択するためにも高血圧について詳しく知ったり、脳ドックを受けて自分の体について理解したりすることがおすすめされます。

高血圧や脳ドッグについて詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてください。

血圧の正常値とは? 高血圧・低血圧の基準と血圧に関する基礎知識を学びましょう

20歳以上の国民のうちの、3〜4人に1人は高血圧であるといいます。また高血圧を完全に予防できれば、年間での国内の死者数も10万人減らすことができるといわれているため、健康について考える上では非常に重要な指標のひとつです。この記事の中では、血圧のメカニズムや、高血圧の原因についてご紹介いたします。

脳ドックとはなにか? 検査の内容、受診をおすすめする方、費用や注意点について解説

脳疾患は仕事やプライベートに大きな影響を与えます。脳梗塞や脳出血を発症すると、もとの生活には戻れない方も多いです。脳ドックは未病段階の状態を把握することができ、早期発見、早期治療のために有用な検査です。この記事では脳ドックの検査内容や、見つけることができる疾患、特に受診をおすすめする方について説明いたします。

定期的な検査で脳疾患の発症・重症化を予防しよう

定期検査で行われるようなCTやMRIでは脳の微小血管を検出できません。
しかし、定期検査で血圧や脳血管の状態をチェックすることで、脳疾患の予兆を発見できる可能性があります。

脳疾患による重症化を防ぐためにも、まずは一度脳ドックを受けてみてはいかがでしょうか。(最近の脳ドックでは上述のT2*強調画像を撮像することも増えています。)

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる
監修医 鳴海 治 (なるみ・おさむ)
元メディカルチェックスタジオ医師・医学博士

28年間の脳神経外科の手術と救急の経験から、再生しない脳という臓器の特性、知らないうちに進行し突然発症して障害を残す脳卒中疾患の特性に対しては「発症させない」ことが最も有効な対策だと考えています。 なるべく多くの方が健康なうちに脳ドックを受診し、問題解決できる環境を提供してゆきたいと思います。

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

健診と検診の違いは? 家系に多い病気が気になる方は自分でリスク管理を!

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

脳梗塞の前兆となる症状とは? 急に起こるからだの異変に注意!

石綿肺(アスベスト症)とは? 発症する肺の病気や、補償について知っておきたいこと

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

タバコを吸うことで発症する可能性がある病気とは? 依存度チェックも収録!

糖尿病でも食べていいお菓子ってあるの? 間食の仕方や注意点をご紹介

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

脳の検査に求めることは? 費用(金額)? 検査時間? 受診に至らない理由も掲載

ドライバーの健康管理に脳ドックを導入 WILLER EXPRESS株式会社さま

記事を探す