2021/12/23 ( 更新日 : 2021/12/23 )

動脈硬化とは? 引き起こされる病気、合併症、予防方法についても解説!

症状
この記事は約4分で読めます
動脈硬化は、血管が硬くなってしまった状態のことです。正常な血管はしなやかで、流れる血液の量が多いと伸びたり広がったりすることができます。動脈硬化は加齢でも起こりますが、ほかの原因でも起こります。この記事を読むことで、動脈硬化の原因、メカニズム、診断・予防方法などを学べます。
目次

動脈硬化の種類とメカニズム

動脈硬化は起こる場所やメカニズムによって、いくつか種類があります。動脈硬化のメカニズムを知っておき、動脈硬化予防に繋げましょう。

アテローム(粥状)硬化

動脈の構造として、内側から内膜、中膜、外膜があります。内膜が傷つくと、そこから「コレステロール」が入り込み「プラーク」と呼ばれる構造ができます。
それにより血管が硬くなったものが「アテローム硬化」です。

プラークが進行して大きくなると、いっそう血管内腔を狭くして血管も硬くなります。
狭く硬くなると血管はさらに傷つきやすくなり、悪循環を生みます。
始めのうちは症状がありませんが、徐々に悪化していきます。これらは比較的太い動脈に起こることが特徴です。

中膜硬化(メンケベルグ型動脈硬化)

動脈の中膜にカルシウムがたまり、石灰化して血管が硬くなったものが「中膜硬化」です。
動脈の中膜に「平滑筋」という筋肉が多く含まれる動脈を「筋性動脈」と呼びますが、その筋性動脈に起こりやすいとされています。
具体的な筋性動脈の例として、上下肢の動脈、頸動脈、腎動脈が挙げられます。

細動脈硬化

「細動脈硬化」は脳や腎臓の中などの細い動脈が動脈硬化することです。細動脈も筋性動脈に分類されて、毛細血管に送る血液量を調節する役割を持っています。
高血圧や加齢などで動脈硬化を起こしやすいです。

動脈硬化の原因となる生活習慣病

生活習慣によって、動脈硬化が起こりやすくなる場合があります。

・喫煙
・肥満
・ストレス
・運動不足
・過度の飲酒
・睡眠不足

以上の生活習慣を続けることで起こる「生活習慣病」は、動脈硬化を起こすリスクを高めます。

高血圧

高血圧になると血管へ過剰な圧力がかかることになります。血管の「ずり応力」が動脈硬化を進行させてしまいます。

脂質異常症

脂質異常症は、悪玉コレステロールや中性脂肪が増加し、善玉コレステロールが減っている状態を言います。
脂質異常症になると、血液に流れる脂肪やコレステロールが増え、血管が傷つきやすくなります。それによりプラークができ、動脈硬化が進行するのです。

糖尿病

食べ物から摂取したり体内で作られた糖は、「インスリン」によって筋肉や脂肪組織、肝臓に取り込まれます。糖尿病はこのインスリンの作用や分泌が減り、血液に糖が増えている状態です。
高血圧と同様に、高血糖が血管の内膜を傷つけたり、酸化ストレスがコレステロールを超悪玉にしやすくなり、プラークを作り出すきっかけとなります。

動脈硬化によって引き起こされる病気や合併症

動脈硬化は病変か進行するまでは無症状の場合が多いです。症状が出る頃には重篤な病気の発症の要因になりますので注意が必要です。

狭心症・心筋梗塞

狭心症や心筋梗塞は、プラークが血管内にできて血液の通り道を狭くしたり完全に塞ぐことで起こるものです。特に心筋梗塞ではプラークが破綻して血栓(血の塊)ができることで血管を塞ぎ、突然心筋梗塞が起こります。狭心症は心筋梗塞に移行することもあり、できるかぎり早い対処が必要です。

脳卒中

脳卒中は脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、一過性脳虚血発作の総称になります。
脳出血は壊れやすくなった血管が血流に耐えられなくなり、破裂することで出血が起きます。また、脳梗塞はいくつか原因はありますが、血栓が詰まり血液の流れが滞ることで、その先の細胞が壊死して障害を起こします。

脳卒中の種類や病気についてもっと知りたい方は、こちらの記事で紹介しています。

脳卒中ってどんな病気? 脳卒中の種類、原因、初期症状、予防についても解説!

命に関わる病気として、「脳卒中」があります。脳の血管が破れたり、血管が詰まることで起こり「脳血管障害」とも呼ばれます。

動脈硬化の危険因子

動脈の危険因子に「脂質異常症」があります。

異常と診断される数値

LDLコレステロール
140mg/dl以上の場合 → 高LDLコレステロール血症
120~139㎎/dlの場合 → 境界域高LDLコレステロール血症

HDLコレステロール …
40mg/dl未満の場合 → 低HDLコレステロール血症

総コレステロール …
200~259㎎/dlの場合 → 要注意
260異常の場合 → 異常値

表1 動脈硬化予防のための、カテゴリー分類と脂質の目標値
脂質の目標値
治療方針 カテゴリー LDL HDL 中性脂肪
一次予防 カテゴリーⅠ
(低いリスク)
<160 ≧40 ≧50
カテゴリーⅡ
(中程度のリスク)
<140
カテゴリーⅢ
(高いリスク)
<120
二次予防 冠動脈疾患の既往 <100

脂質異常症の治療方法

数値と症状に応じてカテゴリーⅠ~Ⅲでは「一次予防」として生活習慣の改善を行ったあと、 薬物療法の適応を考えます。
冠動脈疾患の既往がある場合では、「二次予防」として生活習慣の改善とともに薬物治療を考えます。そもそも「一次予防」とは病気の発生を防ぐことで、「二次予防」は病気がこれ以上重篤にならないようにすることをいいます。

生活習慣の改善するべき例として

・食べ過ぎ
・運動不足
・喫煙
・過度な飲酒
・睡眠不足

が挙げられます。

薬物療法の例として

・血液中のLDLコレステロールを減らす作用
スタチン、エゼチミブ

・中性脂肪を減らす作用
フィブラート系薬、EPA製剤

などがあります。

動脈硬化の予防方法

予防方法は、生活習慣の改善が第一となります。

  • 禁煙
  • 減酒
  • バランスの良い食事
  • 甘いものや揚げ物を控える
  • 適度な運動
  • 十分な睡眠をとる

上記のような、一般的に「健康にいい」とされる生活を送ることが大切です。
反対のことをすると動脈硬化を助長するため、注意しましょう。

動脈硬化が心配な人は定期的に検診を受けよう

定期的な検査で血管の状態の変化を知っておくことも、動脈硬化が進行するのを予防するために必要です。

血管の状態は、超音波検査や脳MRA検査でチェックできますが、動脈硬化によって引き起こされる病気やその他の異常を早期発見するためにも、両方とも定期的に検査すると安心です。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

監修医 知久 正明 (ちく・まさあき)

メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニック院長・医学博士
病気になる前に治すという『未病』を理念に掲げていきます。循環器内科分野では心臓病だけでなく血管病まで診られる最新の医療機器を備えたバスキュラーラボで、『病気より患者さんを診る』を基本として診療しています。

こちらの記事もおすすめ

アテローム血栓性脳梗塞とは? 原因や検査方法、治療方法についても解説!

アテローム血栓性脳梗塞は太い血管に血栓ができて詰まるもの、心原性脳塞栓症は心臓でできた血栓が詰まるものです。どちらも似たようなメカニズムで起こりますが、アテローム血栓性脳梗塞は動脈硬化、心原性脳塞栓症は心房細動や心筋症などが原因になります。今回は原因や治療方法、必要な検査や予防方法などを詳しく紹介いたします。

悪玉コレステロールとは? LDLの値を下げる生活習慣や、投薬治療についても解説!

コレステロールという言葉はよく聞きますが、健康診断などで注目されるのは「悪玉コレステロール」と呼ばれるLDLと、「善玉コレステロール」と呼ばれるHDLの2種類。悪玉と呼ばれているLDLコレステロールは悪いものだと思われがちですが、体にとって必要不可欠なものです。この記事の中では、悪玉コレステロールや脂質症について解説していきます。

心臓からのSOSを見逃さないで! 心不全ってどんな病気? 症状、検査・診断方法などを解説

心不全はポンプのように血液を全身に送り出していますが、この働きが低下して全身に必要な血液を送れなくなった状態が心不全です。心不全を起こすと、場合によっては死に至ることもあります。高齢化が進む日本では、近年心臓病を患う方が増えているのが現状です。心不全がどんな病気なのかを知っておくことで今からできる対策を行いましょう。