2022/07/26 ( 公開日 : 2021/10/20 )

脳卒中の初期症状(FAST)とは?

症状
脳卒中 脳疾患
この記事は約2分で読めます
脳卒中の初期症状としては、FAST(ファスト)という言葉を覚えておきましょう。これらの症状らしきものが出た際には、些細なことのように思えても病院にすぐ向かいましょう。
目次

脳卒中の初期症状(FAST)

脳卒中は突然起こる病気として知られますが、大きな障害が起こる前の段階で何かしらの症状が出ることも少なくありません。
脳卒中の初期症状を自分で確認する際の方法として、FAST(ファスト)がよく知られています。

Fは顔(Face)

まずは顔(Face)をちゃんと動かせるか確認しましょう。鏡をみながら「イー」と口を開くようなかたちにすると、左右対称にならず歪みがあるような状態になります。
もしくは食事をしているときなどに、食べものが口から落ちたりこぼれたりすることがあります。

脳梗塞が起きた際などは、右脳と左脳の一方の側に起きることがほとんどですので、体の半分だけ動かせないということがあります。
それゆえ、顔が半分だけ動かせない、という症状が現れます。

Aは腕(Arm)

腕(Arm)を動かせるかを確認しましょう。
両手を胸の高さまで上げて、その状態のまま維持しましょう。腕がそもそも胸の高さまで上げられない、一度上げても片側だけ徐々に落ちてしまうという場合には、脳卒中の初期症状であることが考えられます。

Sはスピーチ(Speech)

つぎに言語面での障害があるかどうかをみます。注視してみるべきは、「呂律がまわらないかどうか」「言葉がうまく出ないかどうか」です。
本人は自分がうまく呂律がまわっていないかどうかわからない場合も多く、周囲の方が気づいてあげられるかが非常に重要です。

Tは時間(Time)

脳卒中は時間との戦いです。
脳梗塞の発症から4.5時間以内であれば使える薬もありますので、しっかりと発症したと思われる時間はメモしておきましょう。
顔、腕、スピーチにおかしな感覚があれば、すぐに病院に向かう必要があります。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

要介護が必要になる原因第2位の脳疾患、脳ドックを50代・60代の方におすすめする理由

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

食後高血糖とは? 血糖値スパイクは血管内皮を傷つけるので注意が必要です

天気が悪いと頭痛が起こるのはなぜ? 梅雨の頭痛を和らげる3つの方法

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

脳卒中のリスクが低下する食べ物とは? 普段の食生活を見直して健康管理をしよう!

大豆ミートは健康にいい? お肉を食べないことのデメリットはあるの?

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

20代社会人の子どもを持つ親は健康面のリスク管理はできている?

中小企業の経営者が恐れている病気は? 脳ドックを受けたことがある人はどのくらい?

記事を探す