2021/08/17 ( 更新日 : 2021/09/09 )

脳ドックで認知症って診断できるの? 認知症の基本と診断までの流れ

症状
この記事は約5分で読めます
認知症は年齢を重ねると誰でもなるリスクがあるものですが、脳ドックでは認知症を診断することができるのでしょうか? 今回の記事では、認知症の基本と、脳ドックで認知症の診断は可能なのか? ということ、また認知症診断までの流れについてなどをご紹介いたします。
目次

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

認知症は病気とは違うの?

認知症は脳疾患や障害などの原因によって認知機能が低下して、日常生活に支障をきたした状態のことです。
認知症をもの忘れと混同される方が多いですが、記憶の消失だけではなく、理解力・判断力などに大きな影響があるため、認知症になると生活が難しくなることが多いです。

もの忘れの場合は、何かきっかけがあれば思い出すことができますが、認知症では体験したこと自体を思い出せません。忘れたことを自分で自覚することもできないため、自分ではなく周囲の方が異変に気づくケースもよく見られます。

認知症の種類

認知症は大きく3種類に分けられ、これらは3大認知症といわれます。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型の認知症は、最も割合が多いことで知られます。
原因としては、脳に特殊なタンパク質が溜まることで神経細胞が傷つき、海馬などをはじめとして脳全体が萎縮(脳の神経細胞が死滅)することが知られています。
女性に多いのが特徴。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は、認知機能が「いいとき」「悪いとき」が波のように変化するため、周囲の方から見ても病気であるとなかなか気づかれにくいです。
原因としては「レビー小体」と呼ばれる特殊なタンパク質が、脳の大脳皮質や、脳幹にたくさん集まることが関係しています。

レビー小体が多く集まっている場所では、神経細胞が破壊されて減少しているために、神経が本来の活動ができずに、認知症の症状となって異変が現れます。

血管性認知症

血管性認知症は、脳梗塞や脳出血などが原因となり、脳の血行が阻害されることで症状になります。阻害された部分で脳の細胞が壊死することが多く、この壊死した脳の部位によって体に起きる症状は異なります。

脳ドックを受けて認知症の診断はできる?

脳ドックでは、脳の状態をMRI・MRA検査を用いて確認します。

特に脳の血液が行き渡っていない部分を確認することや、脳が年齢の平均よりも萎縮している(脳は加齢とともにいくらか萎縮をします)ことなどを確認できます。

脳ドックでは、無症状の脳梗塞や脳出血などの血管性認知症の要因に気づくことができますが、認知症と診断するには他の検査も合わせて行う必要があります。

認知症かどうか判断するには、医師による認知症自己診断テストが必要なことは知っておきましょう。

認知症を診断する際の流れ

認知症を診断する流れは以下の通りです。

1.問診

医師と直接話すことで、記憶力やちゃんと話を理解できるかどうかなど、認知的な能力を探っていく。ご家族の方にも、いつ頃から気になる症状が出ているか、などが質問されることもある。

2.身体検査

認知症を発生させる病気になっていないかを調べる目的で、尿検査、血液検査、内分泌検査、心電図検査などを行う。

3.画像検査

脳の形や内部の状態を見ることで、脳疾患が進行していないか確認する目的で行われる。
脳ドックはMRI・MRA検査を行うが、それ以外にも脳の働きを調べるSPECT検査(脳の血流を調べる検査)、PET検査(脳の糖代謝を調べる検査)なども合わせて行われることがある。

表1 検査名と内容
検査名 内容
SPECT検査 微量の放射性物質を含んだ薬を飲んでもらい、臓器の状態を調べる。
PET検査 体内に放射性薬剤を投入して、放出される放射線の動きから脳の働きを画像にする。

脳ドックについて知りたい方はこちら

4.神経心理学的検査

最後に行われるのが、知的機能、認知機能、記憶、実行機能が正常か判断するためのテスト。臨床心理士と対面で行われる。

検査内容の多くは口頭での質問や、文字・図形・絵などを書いてもらうものが多く、時間的には1時間程度で実施される。

まとめ

認知症かどうかを診断するのは、脳ドックだけ行えばわかるというものではありません。
「問診」「身体検査」「画像検査」「神経心理学的検査」。
この大きく分けて4つの検査で、総合的に認知症かどうかを判定します。

認知症は、現在は根本的に治療することのできる病気ではありません。
認知症にならないためには、脳疾患を予防するための取り組みが必要。
脳ドックや、定期的な健康診断、日頃の生活習慣改善によって、認知症になる前からケアを行うことが重要になります。

また、認知症でも早期発見ができれば、運動や食事の改善などで、症状の進行を遅らせることが可能です。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

監修医 知久 正明 (ちく・まさあき)

メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニック院長・医学博士
病気になる前に治すという『未病』を理念に掲げていきます。循環器内科分野では心臓病だけでなく血管病まで診られる最新の医療機器を備えたバスキュラーラボで、『病気より患者さんを診る』を基本として診療しています。

こちらの記事もおすすめ

認知症の危険・保護因子とは? 新しいチャレンジで認知症を吹き飛ばそう!

日本では65歳以上の方の、6人に1人が認知症であると言われます。その数約600万人。多くの方にとって他人事ではない病気です。認知症にならないためには、健康、運動、睡眠とともに、新しいチャレンジを続けることが有効。脳の若さを保ち、いつまでも健康な生活ができるように、今日から認知症予防のアクションを始めましょう!

閉所恐怖症でもMRIは受けられる? 最新の脳ドック事情

近年受診する人が増えている脳ドック。狭い空間に頭から入るMRI装置に、閉所恐怖症の方は「自分にはムリかも…」と思われているかもしれません。しかしながら、現代のMRIは短時間での撮影ができるようになっています。この記事の中では、閉所恐怖症の方にも安心してMRIを受けていただけるように、最新の動向をご説明いたします。

認知症予防に効果あり! マインド食は持続可能性のある食事を実現

超高齢化社会を迎える日本では、100歳を超える方の数が8万人に達しました。そんな中で今多くの高齢者が気にされている病気のひとつが、認知症でしょう。認知症は加齢とともに誰でもなりえる病気ですが、日々の食生活を改善することで発症確率を下げることができます。今回は認知症予防に役立つ「マインド食」についてご紹介いたします!