2023/11/13 ( 公開日 : 2022/09/27 )

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

生活習慣
予防 食事
この記事は約5分で読めます

オートミールの種類

加工方法によって、オートミールには種類があります。

スティールカットオーツ(アイリッシュオーツ)

オーツ麦のもみ殻を取り除いた状態のもの(オートグローツ)を、そのまま割っただけのオートミール。
加熱処理されておらず、味付けもされていません。

胚芽(はいが)や外皮が残っているので、ミネラルや食物繊維なども多く、栄養価が高いです。

ボブズレッドミル スティールカットオーツ 1.531 kg (オートミール 世界チャンピオン)

スティールカットは、オーツグローツを1/2または1/3にカットした全粒オーツ麦です。調理に時間がかかりますが、大変噛み応えがあります。

ロールドオーツ(トラディショナル)

オートグローツを蒸して平らに延ばし、乾燥したものです。
加熱してあるため、調理にかかる時間がスティールカットオーツより短くて済みます。

お米やパンのような香ばしさもあるため、おいしく感じられやすいです。

【ロールドオーツ オートミール こめたつ 自然の蔵 800g オーガニック 有機

有機栽培(オーガニック)されたオーツ麦を原料にアメリカでオールドファッションタイプの厚みに仕上げてあります。

クイックオーツ

ロールドオーツを細かく砕いたもので、さらに調理時間が短くなってとろみや粘りが増したものです。
小麦粉の代用としても使えます。

オートミール プレミアム 400g×2 無添加 クイックオーツ 日本製

あお季の杜のオートミールは安心・安全な無添加・国内加工。

オートミールを食生活に取り入れましょう!

オートミールはお米に混ぜたりすることもできますし、現在ではさまざまなメニューがあります。
下記のような本でも、食卓に取り入れるコツが見つかるかもしれません。

興味がある方は読んでみてはいかがでしょうか。

オートミール米化がっつりヘルシーレシピ

食物繊維 が豊富で腸にも良く、 血糖値 も上がりにくい オートミール を 米化 、がっつり食べても健康的にやせる魅惑の料理を考案し大ヒットした『オートミール米化ダイエットレシピ』最新刊。

日々の生活で改善できる点を見つけ、少しずつ現状を変えていきましょう。
白米や白い小麦で作られているパンは体にとってはおいしく感じられるため、食事でいきなりその量を減らすのは難しいものです。

しかし徐々に、1週間に数回程度主食を変えるなど工夫をしながら食生活を変えていけば、食習慣は次第に健康なものに変えていけます。

健康になると幸福感が増えたり、頭の回転が早いことに気がついたり、いつもより冴えているように感じる日も増えるでしょう。

食習慣を変化させることで、自分の状態がどのように変化するかを確認しながら、より健康な状態を目指してみてください。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる
監修 大島 美咲 (おおしま・みさき)
管理栄養士・フードスペシャリスト・一級惣菜管理士

大学を卒業後9年間食品商社にて勤務ののち、現在は医療機関にて従事。 完璧にする必要はなく、自分に合った方法を探して試みることが健康への一歩と考えています。 モットーは『食習慣を整えて、心と体をHAPPYに!』

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

一次性頭痛/二次性頭痛について解説! 頭痛で病院を受診したときに行う検査って?

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

血栓症ってどんな病気? 症状、検査、治療、予防方法などについても解説!

緊張型頭痛ってどんな病気? 頭痛が辛いときのセルフケアも収録

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

冷え症とは? 血管の老化が原因?! 改善方法についても解説

ドライアイとは? 冬は悪化しやすく頭痛の原因に?! 対策についても解説!

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

親が要介護になったらどうするの? 親に健康のために特に取り組んで欲しいことは?

30~40歳代でも白質病変が進行中? 若いうちから脳ドックで脳疾患リスクを管理!

記事を探す