2022/11/17 ( 公開日 : 2022/10/04 )

CT検査(CTスキャン)とは? 検査の仕組み、方法、造影剤について解説

検査
CT 検診
この記事は約2分で読めます
CTスキャンとは、どのような検査なのでしょうか。レントゲン検査との違いや、検査の仕組み、撮影時間、被ばくとの関係を簡単にまとめました。
目次

検査の仕組み

CTとはコンピュータ断層撮影(Computed Tomography)のことです。

CTを知るためには、まずはX線撮影について知りましょう。
健康診断や人間ドックなどで行われるX線撮影(レントゲン)検査では、物体を透過する性質を持っているX線を放射して、体の臓器や筋肉などの組織によって起こるX線減弱の差を捉えます。
このX線撮影は特定の方向から撮った一枚の写真であるため、臓器によって隠れている箇所が発生します。

CTスキャンでは、X線を出す箇所と検出器が人体に沿って回転して、360度あらゆる方向からのX線透過像をデジタルデータとして得ることができます。

X線撮影は二次元情報で、CT撮影は三次元情報であると考えるとわかりやすいでしょう。

検査の方法

CTスキャンはベッドに仰向けになって、筒状になっている装置の中を通ります。
検査ではベッドが動いて撮影を行うため、受診者の負担はとくにありません。

撮影部位によっては息を止めたり、吐いたりすることがあります。
放射線技師の指示に従いましょう。

造影剤について

造影剤とは、画像にコントラスト(白黒の差)をつけたり、特定の臓器を詳しくみるために投薬されるものです。
CTスキャンではおもにヨード造影剤が使われます。

造影剤は安全性が確立されていますが、ごくまれに副作用が起こることがあります。
症状としては、吐き気、頭痛、くしゃみ、発疹などがあげられます。
もし仮にこうした症状が出たとしても、自然に回復することが大半です。ただ症状の程度によっては、別途薬による治療を行うことがあります。

体内に注入された造影剤はそのほとんどが尿排泄されるため、腎機能が著しく悪い方は造影剤を使った検査が行えない場合があります

この記事について

2022/11/17 (公開日:2022/10/04)

CT検査(CTスキャン)とは? 検査の仕組み、方法、造影剤について解説

カテゴリ
キーワード
記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

気になる方は、即日予約・受診可能です。
所要時間10分、検査は3分の「CT肺・心血管ドック」

まずは空き枠を確認してみる

監修 大畑 響之
(おおはた・ひろゆき)

メディカルチェックスタジオ 診療放射線技師

24年間の病院勤務ののち、スマート脳ドック立ち上げのためにスマートスキャンに参画。医療データ読影部兼、メディカルチェックスタジオ新宿・銀座にて技師として勤務中。
「受診者さま目線を大切にして、日々の業務に努めて参ります。」

こちらの記事もおすすめ

🌡さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🌡

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

頭部MRI検査とは? 発見できる病気や費用相場、検査を受けるメリットについて解説!

🤔あなたのからだに表れている異変の原因は?🤔

大動脈解離とは? 血管の状態を把握することが重要! 治療方法についても解説!

冠動脈石灰化とは? 所見が出たら放置するのは危険です!

手足がしびれるときに注意したい病気は? なぜしびれが起きるの?

🥗生活習慣をこつこつ改善しましょう!🥗

秋から冬に注意! 日照時間の変化が季節性うつ病を引き起こす?!

ヒートショックによる死亡者数は年間どのくらい? 対策についても紹介

信用できる健康情報とは? ヘルスリテラシーを身につけて見極めよう!

🖋インタビューなど耳寄りな情報を掲載!🖋

メディカルチェックスタジオ東京銀座院、知久先生に聞きました

脳卒中で要介護になると時間・費用はどのくらいかかる? 逸失収入にも注意!

健康経営とは? 健康経営優良法人を目指すことで得られるメリットをわかりやすく解説

記事を探す