2023/01/20 ( 公開日 : 2022/01/27 )

肺がん検診を受けた方がいいのはどんな人? 咳、痰、胸痛に要注意!

検査
がん 検診
この記事は約4分で読めます

肺がん検診を受ける方法

定期的に検査を行い、早期発見早期治療を行うためには受ける方法を事前に知っておく必要があります。日本人のがん検診の受診率はあまり高くありません。
これからご紹介するがん検診を受ける方法を学び、自身での健康管理に意識を向けてみてください。

市区町村のがん検診に申し込む

厚生労働省が主体となり、全国の自治体でがん検診率の向上を目指しています。
がんによって推奨されている検診頻度は異なります。基本的に40歳以上で年に1回~2回受けることが推奨されているものが多いです。

自治体によっては規定年齢以上の居住者に対して、がん検診の案内を送付しています。検診費用は自治体によって異なるため、詳細は居住自治体の窓口に問い合わせましょう。

かかりつけ医に相談する

かかりつけ医がいる場合、検診について相談するのもひとつの手です。かかりつけ医で肺がん検診を行っていない場合は、地域の病院へ紹介状を書いてもらえることもあります。
過去の病歴や体質を理解してくれているかかりつけ医で検診を受けることは安心感があるため、ぜひおすすめです。

職域検診を利用する

1年に1回、勤務先で実施されている健康診断のオプション検査として肺がん検診を受けることができます。
普段仕事が忙しく検診の時間が割けない人であっても、職域検診であれば通常の健康診断とセットで受けられます。

費用に関しては、勤務先の負担程度などで自己負担額が異なるため確認しておきましょう。

胸部CT検査を受ける

胸部CT検査を行うことが一般的で、レントゲン(X線)検査では写らない小さい病変の発見も可能です。

定期的な検診による早期発見・早期治療が重要!

肺がんは初期では自覚症状がないため、早い段階で発見されにくいことが難点です。

定期的な検査を行うことで早期に発見することができます。
早期発見し、適切な治療を行うことによって肺がんによる死亡を防げる可能性を高められます。

肺がんに初期症状はあるの? 肺がんの種類、予防、治療方法などについても解説!

日本の死因ランキングの中で1位は「悪性腫瘍(がん)」です。その中でも「肺がん」が最も多いとされています。肺がんは初期の段階で気づきにくい上、危険性の高い病気になっています。この記事では、そんな肺がんの非小細胞がん/小細胞がんのちがいや、予防方法・治療方法について解説いたします。
記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

気になる方は、即日予約・受診可能です。
所要時間10分、検査は3分の
「胸部CT肺ドック」

まずは空き枠を確認してみる
監修医 伊藤 晴紀 (いとう・はるき)
元メディカルチェックスタジオ医師・医学博士

同じ病気でも、患者様ひとりひとり治療方針は違ってきます。それぞれの生活やバックグラウンドに合った医療を提供できるよう心がけております。
患者様が健康で長生きできるよう、診断・治療だけでなく、最新の医療知識を織り交ぜながら診察しております。

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

20年ぶりに見直された脳・心疾患の労災認定基準は? 新しい基準を確認しましょう! 

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

微小脳出血(CMBs)とは? 将来的な脳梗塞リスクと関係あるの?

肺がんのステージとは? ステージ別の進行度や5年生存率についても解説

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

超加工食品ってなに? 食品を選ぶ際に気をつけたい5つのポイント

夜になると咳が止まらなくなるのはどうして? 考えられる原因は?

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

30~40歳代でも白質病変が進行中? 若いうちから脳ドックで脳疾患リスクを管理!

脳ドックを導入するタクシー会社が増加中! 葵交通株式会社さまインタビュー

記事を探す