2021/06/03 ( 更新日 : 2022/04/20 )

初めての脳ドックは何歳で受けるべき? 若くても受診すべき人の条件と推奨頻度

検査
脳ドック 費用
この記事は約5分で読めます
日本人の死因として上位にランキングされるのが、「脳血管疾患(脳卒中)」。脳卒中になると後遺症が残るケースが多く、これまでと同じような生活を送ることも難しくなります。よって脳ドックを受診することで、自分の脳の状態を知ることが大切。この記事では、何歳から脳ドックを受ければいいのか、どのくらいの頻度で受ければいいのかなどの疑問についてご説明いたします。
目次

40歳を過ぎたら脳ドックを受けてみるべき

現代を生きる私たちは、祖父母や親の世代よりも寿命は長く延びることが明らかになっています。
厚生労働省の調べでも、年々男女ともに平均寿命は延伸。

表1 日本人の平均寿命の変化
1990年 2015年
男性の平均寿命 75.9歳 80.7歳
女性の平均寿命 81.9歳 87.0歳

また、2007年生まれの子供の平均寿命は、先進国では100歳を超えるというデータも知っておくべきでしょう。こうした寿命が延びる世界では、私たちは長く生きるだけでなく、健康でいる時間をいかに長くするかが大切になります。

脳ドックを受け始めるには、40歳が節目の年齢であると言えるでしょう。長年にわたって生活習慣が乱れていると、目に見える異変となって現れてくるのが40歳ごろです。
健康診断でも異常を示す数値が増えてきて、有名人の大きな病気のニュースが自分ごととして捉えられるようになる方も多いはず。

脳では「白質病変」などの、認知症につながる可能性がある変化が始まるのも40歳ごろからの方が多いです。
こうした自分では無自覚に進行している脳の異変を知るには、脳ドックの受診がおすすめ。

20代・30代でも脳ドックを受診した方がよい人とは?

現代では、若い方でも糖尿病などの基礎疾患を持つ方が増えています。その背景にはファストフードなどの食べ過ぎ、夜遅くまで起きていることによる慢性的寝不足など、若いがゆえに自分の健康を過信してしまうことが背景にはあります。

脳の中にある細い動脈が詰まってしまって起こる、白質病変などの症状は、20代・30代でも進行している方が多くおられることがわかってきました。

スマート脳ドックの過去の受診データでは、30代でも約23%が脳になんらかの異常を見つけています。

この異常はすべてが即座に問題があるものというわけではありません。
しかし白質病変などの例をあげると、30代の方でも約15%の方に初期症状が現れていることがわかっています。

50代の方であっても、健康への意識が高い方は、白質病変の症状が見られない方も50%以上みられます。
つまり30代でも、50代の方よりもはるかに脳が不健康な状態になっている方が、無自覚に多くいらっしゃるということです。

こうした症状に気づかないまま、20年・30年とすぎると、そうした方がある日脳血管障害を起こします。
脳は替えが効かない臓器ですので、多くの方がその後に障害を抱えたまま生活を余儀なくされることに。

自分だけの問題ならいいですが、介護は脳疾患になった当事者以外の方にも、多くの影響を与えることは理解しておきましょう。

脳ドックはどのくらいの頻度で受ければよい?

脳に異常が無い場合は3〜5年おきに1回でOK

20代や30代に多い脳卒中の原因は脳出血です。
脳出血は多くが脳動脈の瘤(こぶ)が破けることで起き、猛烈な頭の痛みになって体を襲います。
脳動脈の瘤は遺伝的な要因でできやすいため、若いうちに一度検査しておくことが大切。

もし若いうちに受けて特に問題が見つからなければ、30代後半になるまでは3~5年に一度程度の受診でもよいでしょう。

30代後半になると、健康診断で引っかかる数値も多くなる方もおられるかもしれません。
2〜3年に一度は、定期的に脳の状態を確認しておくことをおすすめいたします。

しかしながら、若くても1〜2年おきの受診を推奨する方もおられます。

  • 過剰な塩分、糖分、動物性脂肪を摂取する習慣がある
  • 過度な飲酒、喫煙習慣がある
  • 高血圧、高血糖、脂質異常のうち、2つ以上に当てはまる
  • 頭部に影響があるスポーツ(ラグビー、サッカー、ボクシング、レスリング、アメリカンフットボール)の選手 など

あまりにも偏った食生活や、喫煙・飲酒・運動不足などがあると、体の血管は若くても不健康な状態になっています。
本来しなやかな動脈が固まることを「動脈硬化」と呼びますが、現代では若い方でも驚くほど動脈硬化が進んでいる方がおられますので、日々の生活を改善するきっかけとしても、脳ドック受診はおすすめです。

50代以上は脳に異常が無い場合2〜3年おきに1回の受診が理想

50代から、脳疾患のリスクは急上昇します。
体の衰えとともに、長年少しずつ体の中に蓄積されていた負債が、脳疾患などの問題となって現れ始めます。

脳や心臓などの重要な臓器は、突然の「くも膜下出血」や、「心筋梗塞」などに襲われるとイメージされる方も多いでしょう。しかし、実際は20年、30年と体に溜まり続けたツケが、全身に影響を及ぼす疾患につながっています。

発症以前にいかに早く検知することが重要となりますので、50代以上の方で異常がない方は2〜3年おきに一度の受診。軽い異常がある方は、1〜2年に1回の脳ドックをおすすめします。

脳ドックで異常が見つかったら1年に1回受診

脳ドックでは多くの方がなんらかの異常を指摘されます。
前述の「白質病変」は加齢とともにいくらかは見つけられるものですので、年齢と照し合わせて、異常なものでなければ経過観察になることが多いです。

「脳動脈瘤」や、「無症候性の脳梗塞(ラクナ梗塞)」、「脳腫瘍」などを発見される方もいます。
これらは見つかったらすぐに外科手術が必要となるわけではありません。
経過観察になる場合も多いです。

もし医師から「経過観察」と言われた場合には、半年後なり一年後なりに再受診をしましょう。病変が進行すると、外科手術が必要になる方もおられます。

自分で「大丈夫だろう」と考えるのは危険です。
医師から詳しく話を聞き、最善の対処をして、身に降りかかる危険を摘み取りましょう。

かかる費用と時間は「脳ドック<脳疾患」

入院時の1日あたりの入院費自己負担額は、1泊平均で23,300円とも言われます。(*1)

もし脳梗塞で入院した場合には、入院費用は平均でも158万程度(*2)。推定の自己負担額は3割としても、47万円程度かかります。そしてさらに介護が必要になった際には、追加で多くの費用がかかることは想像にかたくないでしょう。

出典:
*1 生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」
*2 公益社団法人全日本病院協会「医療費」 重症度別2020年10月-12月

もし脳疾患が起きてしまい、さらに介護が必要な状態になると、時間も費用もどんどん積み重なっていきます。
脳ドックなどを初めとする、予防医療を便利に活用して、日々の生活を見直すことが重要。
予防医療は経済的にも精神的にも豊かな生活を送る上で、ますます今後は重要度を増していきます。

この記事について

2021/06/03 (更新日:2022/04/20)

初めての脳ドックは何歳で受けるべき? 若くても受診すべき人の条件と推奨頻度

カテゴリ
キーワード

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

監修医 知久 正明 (ちく・まさあき)

メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニック院長・医学博士
病気になる前に治すという『未病』を理念に掲げていきます。循環器内科分野では心臓病だけでなく血管病まで診られる最新の医療機器を備えたバスキュラーラボで、『病気より患者さんを診る』を基本として診療しています。

こちらの記事もおすすめ

さまざまな検査の中身を詳しくまとめています

脳ドックとはなにか? 検査の内容、受診をおすすめする方、費用や注意点について解説

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドックにかかる費用は? 保険適用できる? 自由診療と保険診療の違いも解説

あなたのからだに表れている異変の原因は?

脳梗塞は頭痛を感じない? 知っておきたい頭痛の分類(こわい/こわくない頭痛)

肺がんに初期症状はある? 知っておきたい基礎知識と、コロナ禍の「隠れがん患者」について

痰が絡むのはどうして? 長期的な痰に悩まされる時は病院を受診しましょう

生活習慣の改善をコツコツ積み上げましょう!

生あくびが病気のサインであることも? 眠くもないのに頻繁に出るあくびに注意!

ストレスで脳が萎縮するって本当? そのメカニズムと幸せホルモン「セロトニン」について解説

認知症予防に効果あり! マインド食は持続可能性のある食事を実現

記事を探す