2022/10/05 ( 公開日 : 2022/09/15 )

3大疾病が家計に与える影響は? 治療の費用、罹患者が気をつけておきたかったことも収録

編集部コラム
アンケート 予防 未病
この記事は約8分で読めます
今回は三大疾患を罹患された方にアンケートを行いました。休職は必要でしたか? 罹患後に収入はどう変化しましたか? 収入が減った期間はどれだけ続きましたか? など、多くの方にとって気になる問いにお答えいただきました。
目次

調査概要:「疾病罹患の経済的リスク」に対する実態調査
【調査期間】2022年8月23日(火)~2022年8月25日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,057人
【年代内訳】20代202人、30代219人、40代221人、50代211人、60代204人
【男女比】男性5:女性5(男性541人、女性516人)
【調査対象】三大疾病(がん・心疾患・脳疾患)に罹患した経験のある20代~60代の男女(罹患前罹患後いずれも収入源があった方)
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

罹患した疾病、罹患した際の年齢

■罹患した疾病(複数回答可)

・がん(悪性新生物):58.1%
・心疾患:38.1%
・脳疾患:22.4%

■罹患した際の年齢

・10~19歳:2.9%
・20~29歳:17.9%
・30~39歳:25.8%
・40~49歳:28.6%
・50~59歳:18.6%
・60~69歳:6.2%

罹患がわかったときに不安だったことは?

はじめに、罹患したことがわかったときに不安だったことについてうかがいました。

「罹患したとわかったとき、不安だったことはありますか?(上位3つまで)」と質問したところ、『余命・治るかどうか(45.3%)』が最多となり、以降『治療費や入院費などの出費(44.1%)』『後遺症や障がいがのこる(28.9%)』『治療や入院中に収入が減少すること(23.0%)』『仕事を失う・働けなくなる(22.7%)』『介助や介護で家族に負担がかかる(10.0%)』『特に不安はなかった(6.0%)』『何も考えられなかった(3.5%)』と続きました。〈図1-1〉

三大疾病は日本人の死因の上位にあがっていることもあり、余命・治るかどうかといった不安はもちろん、治療費や入院費といった経済的不安がつのった方も多いことがわかりました。

〈図1-1・1-2〉

続いて、「現在、その疾病による後遺症や障がいはありますか?」と質問したところ、『重度の後遺症や障がいがある(20.3%)』『軽度の後遺症や障がいがある(34.4%)』『後遺症や障がいはない(45.3%)』という結果になりました。〈図1-2〉

半数以上の方が、三大疾病によって現在も後遺症や障がいがのこっていることがわかりました。

休職・離職した方はどのくらい?

では、治療や手術のために休職・離職した方はどれくらいいるのでしょうか。

〈図2〉

「治療や手術のため、休職・離職しましたか?」と質問したところ、『休職し同じ職場に復帰して、勤務の時間や場所も変わっていない(33.4%)』が最多となり、以降『休職はしなかったが休暇はとった(29.0%)』『休職し同じ職場に復帰したが、勤務の時間や場所が変わった(16.2%)』『休まなかった(10.4%)』『離職し、別の仕事についた(7.6%)』『離職し、以降働くことをやめた(2.1%)』と続きました。〈図2〉

治療や手術のために休暇を取得するだけでは足りず、休職あるいは離職した方が約6割にのぼることがわかりました。

■治療や手術のために休職・離職から復帰までに要した期間

・1年(心疾患/20代/女性)
・2年(がん・心疾患・脳疾患/30代/女性)
・3年6か月(がん・脳疾患/40代/男性)
・5年2か月(がん/60代/男性)

なかには10年以上かかったという方もいました。

罹患後の収入はどう変化した?

では、罹患してからの収入には変化があったのでしょうか。

「罹患後、1か月あたりの収入は変わりましたか?」と質問したところ、『以前と変わらない、または増えた(23.7%)』が最多となり、 以降『5万円以上10万円未満の減収(15.9%)』『10万円以上20万円未満の減収(14.6%)』・・・と続きました。〈図3-1〉

約2割の方は収入が変わっていない、あるいは増えているようですが、罹患したことで1か月あたりの収入が減った方は7割以上ととても多いことがわかりました。

〈図3-1・3-2〉

収入が減った方は、その期間がどれくらい続いたのでしょうか。

「減収の期間はどのくらい続きましたか?」と質問したところ、『3年以上5年未満(26.3%)』が最多となり、以降『1年以上3年未満(24.6%)』『半年以上1年未満(18.5%)』『5年以上10年未満(14.0%)』『半年未満(6.8%)』『10年以上15年未満(6.4%)』『15年以上20年未満(1.9%)』『20年以上(1.5%)』と続きました。〈図3-2〉

減収の期間が1年以上におよんだ方が7割を超え、10年以上という方も約1割にのぼることがわかりました。

治療・入院などにかかった費用は?

罹患したことにより、治療や手術のために休職・離職した方、収入が減った方は非常に多いことが明らかになりましたが、治療や手術はもちろん、入院や退院後のリハビリなどにも当然ながら費用がかかります。

では、実際どれくらいの費用がかかったのでしょうか。

〈図4〉

「治療・入院・リハビリなど(支援・介護を含む)に、総額でどれくらいの費用がかかりましたか?」と質問したところ、『100万円未満(37.5%)』が最多となり、以降『100万円以上200万円未満(17.7%)』『200万円以上300万円未満(12.6%)』『300万円以上400万円未満(10.8%)』 ・・・と続きました。〈図4〉

4割近くの方は100万円未満だった一方で、300万円以上の費用がかかったという方も3割を超えており、治療やその後のリハビリなどに多額の費用がかかるケースも珍しくないことがわかりました。

では、健康であれば得られたはずの収入(逸失収入)については、どれくらいとみている方が多いのでしょうか。

■【元気に働けていれば…】逸失収入はこれくらいあったはず!

・100万円(脳疾患/20代/女性)
・300万円(がん/40代/女性)
・500万円(がん、心疾患/30代/男性)
・1,000万円(がん、脳疾患/40代/男性)
・2,000万円(脳疾患/60代/男性)

▽こちらでも逸失収入については説明しています

脳卒中で要介護になると時間・費用はどのくらいかかる? 逸失収入にも注意!

脳梗塞やくも膜下出血など、体に障害を残すことが多いとされる脳卒中を発症すると、どのくらいの費用がかかるのかご存知ですか? 脳卒中はがんなどよりも入院日数が増えることが多く、かかる費用も高額になりがちです。この記事の中では実際に介護を体験された方の統計から得られた情報をご紹介いたします。

罹患することで収入が減ってしまう場合も多い一方、治療や手術などに多額の費用がかかり、さらには逸失収入が発生するなど、多くの経済的リスクに直面することが明らかになりました。

脳血管疾患の予防にかけられる年額の費用は?

では、三大疾病のひとつである「脳血管疾患」の発症予防のためにかけられる費用はどれくらいなのでしょうか。

〈図5〉

「ご自身の脳血管疾患の発症を予防するために、年間でどれくらいの費用をかけられますか?」と質問したところ、『5千円未満(22.8%)』が最多となり、以降『1万円以上1万5千円未満(16.5%)』『1万5千円以上2万円未満(15.7%)』 ・・・と続きました。〈図5〉

7割以上の方が2万円未満と回答し、脳血管疾患の予防にはあまり多くの費用をかけられない方が多いことがわかりました。

▽こちらの記事では、20代のお子さんを持つ方は年にかける検査の費用が5000円未満と、あまり費用はかけられていない現状が明らかになっています。

もし病気になったらどうする? 20代の子どもを持つ両親が考えていること

子どもを持つ両親が、もし病気になったらどう対処していこうと考えているかご存知ですか? 記事の中では20代後半の子どもを持つ方に、ご自身の健康管理や病気になったらどうするつもりでいるか、などのアンケートを取りました。両親がどのくらい健康管理に費用を使っているか知りたいという方にも、興味深い内容になっています。

三大疾病に罹患した経験された方の、気をつけておきたかったことは?

では、ご自身が三大疾病に罹患した経験をふまえ、どのような疾病対策をしておけばよかった(周囲に勧めたい)と感じているのでしょうか。

〈図6〉

「疾病にかかる前にやっておけばよかった(周囲の人に勧めたい)と思う疾病対策はありますか?(上位3つまで)」と質問したところ、『食生活の改善(栄養バランス、食事量、アルコールのとり方など)(36.3%)』が最多となり、以降『定期的な運動習慣(25.2%)』 『睡眠習慣の改善(規則正しい睡眠、十分な睡眠時間をとるなど)(22.0%)』『人間ドックの受診(18.5%)』・・・と続きました。〈図6〉

食生活や運動、睡眠といった生活習慣の改善をしておけばよかったと感じている方が上位を占め、さらには人間ドックの受診に加えて脳ドックやがん検診などのオプション検査の受診も疾病対策として大切だと回答する方も多くみられました。

治療から予防へ、意識の変革が必要

今回の調査結果から、三大疾病(がん・心疾患・脳疾患)に罹患したときにどのような不安がつのり、また、仕事にどの程度影響したかが明らかになりました。

罹患後に減収となった方は7割以上にのぼり、具体的な額としては1か月あたり5万円~20万円ほどの減収となった方が多く、また、減収の期間は1年以上続いたという方が半数以上にのぼりました。

治療や入院などの費用については100万円以上かかった方が6割を超え、なかには1,000万円以上にのぼった方が多数いました。三大疾病の罹患は逸失収入も莫大なものになり、経済的リスクは非常に高いといえます。

そのような経済的リスクを下げるためにも、健康なうちから食生活など生活習慣の改善をはじめ、健康診断や人間ドックの受診に加え、脳ドック、がん検診などオプション検査の受診といった疾病対策をやっておけばよかった(周囲に勧めたい)という方が多いことも明らかになりました。

人生100年時代といわれるこれからの時代、日本社会を元気にするために三大疾病をはじめ、あらゆる疾病を予防し健康寿命をのばすことが求められます。生活習慣を改善していくことはもちろん、健診・検診を受診して未病予防をすることがとても大切です。
「治療」から「予防」へ、医療に対する意識を変えていくことが必要となるでしょう。

予防医療とは何か? 超高齢化社会に突入した日本が取り組みたいこと

近年では病気になってから治療するのではなく、病気になるのを予防する「予防医療」の需要が高まっています。未然に病気にならないように対策をすることで、病気にとらわれることなく健康に生きられる期間を長くすることが可能です。今回はなぜ予防医療が必要とされているのか、予防医療を実施するためには何をすればいいのかなどを解説します。

ご両親、ご親族、大切な方へのプレゼントに

この記事について

2022/10/05 (公開日:2022/09/15)

3大疾病が家計に与える影響は? 治療の費用、罹患者が気をつけておきたかったことも収録

キーワード
記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

🌡さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🌡

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

循環器内科とは? どんな症状がある人が受診すべきなの?

🤔あなたのからだに表れている異変の原因は?🤔

めまいで頭がふらつく、ふわふわする際に注意したいこと

片頭痛とは? 痛み止め(鎮痛剤)と頭痛予防薬の違いについても解説

膵臓がん(膵がん・すい臓がん)とは? 症状、検査方法、生存率などについて解説

🥗生活習慣をこつこつ改善しましょう!🥗

冷え症とは? 血管の老化が原因?! 改善方法についても解説

なぜ秋は咳が出やすいのか? 季節の変わり目は喘息に注意!

食物繊維が豊富なアボカドは食生活の改善にうってつけ! 週に1個食べると心疾患リスク低下?

記事を探す