2022/08/04 ( 公開日 : 2022/05/30 )

親が要介護になった場合の備えはしてる? 「何もしてない」と回答した方が過半数?

編集部コラム
アンケート 予防 健康寿命
この記事は約9分で読めます
少子高齢化の加速に伴い、介護の課題も深刻化しています。ご両親には要介護者となるリスクを減らし、できる限り健康で長生きしてほしいという方が多いのではないでしょうか。そのためにはご両親が毎年どのような健診を受診しているのか、また健康にどれくらいお金をかけているのかなど、ご両親の健康についての考え方を把握することが大切です。
目次

調査概要:「親の健康」に関する調査
【調査期間】2022年4月22日(金)~2022年4月23日(土)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,007人
【年代内訳】30代490人、40代517人
【男女比】男性5:女性5(男性499人、女性508人)
【調査対象】要介護者認定を受けていない60歳以上の親を持つ男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

親が要介護になったときのことは考えてる?

はじめに、もしご両親が要介護者となった場合、その後をどう考えているかうかがいました。

親が要介護者となった場合のことについて考えていますか?

と質問したところ、『考えていて、家族や親・兄弟などと具体的な話し合いをしている(8.3%)』『考えているが、まだ具体的な話し合いはしていない(44.3%)』『考えていない(47.4%)』という結果になりました。〈図 1-1〉

ご両親が要介護者となった場合のことを具体的に話し合っている方は1割程度。
また半数近くの方が、「考えていない」という実態が浮き彫りとなりました。〈図 1-1・1-2〉

〈図 1-1・1-2〉

ではもしご両親が要介護者となった場合、介護費用についてはどのように考えているのでしょうか。

親が要介護者となった場合、介護費用はどのようにして工面する予定ですか?

と質問したところ『まだ決めていない・わからない(59.0%)』が最多。
以降『親の預貯金などで工面する予定(27.7%)』『自分たち家族が工面する予定(10.6%)』と続きました。
〈図 1-2〉

費用についてもまだ決めていない方や、わからない方が圧倒的に多いようです。

一方で介護費用について具体的に考えている方の多くは、親の預貯金などで工面する予定であるとわかりました。

親が要介護になった場合の対策は?

具体的な回答としては、以下のようなものがありました。

・早めに介護施設を見つける。自身が施設職員なので、出来れば施設で見てもらいたい。リハビリをしながら安心や安全を確保した生活をしてもらいたい
(30代/女性/茨城県)

・生命保険やかかりつけ医、持病の把握、自身の介護の資格活用
(30代/女性/福岡県)

・自分の稼ぎや資産運用して資金を準備している
(30代/男性/東京都)

・早めの情報収集。制度について理解しておく
(40代/男性/鹿児島県)

・今の状況を把握して家族で話し合う
(40代/女性/北海道)

・近所づきあいをしておく。担当の地域包括センターを調べておく
(40代/女性/愛知県)

万が一の時に備えて、今のうちから情報収集や介護費用の準備をしている方が多いことがわかりました。
またご両親の持病、かかりつけ医を把握している方もいるようです。

親の検診については、6割が把握していない

要介護者となるリスクを低減するためには病気の予防はもちろんですが、もし病気になったとしても早期発見・早期治療につなげることが大切。
そのためには、健診・検診による検査が重要な役割を担います。

では、ご両親が現在受診している健診・検診について、どれくらい把握しているのでしょうか。

親がどのような健診・検診を受診しているか把握していますか?

と質問したところ『すべて把握している(6.9%)』『ある程度は把握している(34.4%)』『あまり把握していない(29.0%)』『まったく把握していない(29.7%)』という結果になりました。

ご両親が受診している健診・検診を把握している方は4割ほど。「まったく把握していない」という方が約3割にのぼりました。

では、把握している健診・検診は、具体的にどのような検査なのでしょうか。

親が受診している健診・検診で把握しているものを教えてください(複数回答可)

と質問したところ、『一般健診(付加健診を含む)(52.6%)』が最多。
以降『健診・検診は受診していない(32.5%)』『がん検診(胃がん、乳がん、子宮頸がんなど)(22.2%)』と続きました。〈図 2-1〉

職場や自治体などが提供する一般健診を受診しているご両親が多い一方、「健診・検診は受診していない」という方も3割を超えることがわかりました。

〈図 2-1・2-2〉

ご両親は年間で何回ほど健診・検診を受診していると考えているのでしょうか。

前の質問で『健診・検診は受診していない』以外を選択した方に

親は年に何回くらい健診・検診を受診していると思いますか?

と質問したところ『1年に1回以上(85.0%)』『2年に1回(10.7%)』『3年に1回(2.8%)』という結果になりました。〈図 2-2〉

少なくとも年に1回はご両親が健診・検診を受診していると思っている方が圧倒的に多いことがわかりました。

親は健康にいくら使っている?

ではご両親はご自身の健康のために、年間いくらの費用をかけていると思っている方が多いのでしょうか。

〈図 3〉

親は健康のために年間どれくらいの費用をかけていると思いますか?

と質問したところ『5,000円未満(22.8%)』が最多となり、以降『5,000円以上10,000円未満(18.7%)』『50,000円以上(14.3%)』と続きました。〈図3〉

約4割の方がご両親が健康のためにかけている費用は、年間10,000円未満であると思っている方が多くみられました。
また50,000円以上かけていると思っている方も比較的多いことがわかります。

この記事について

2022/08/04 (公開日:2022/05/30)

親が要介護になった場合の備えはしてる? 「何もしてない」と回答した方が過半数?

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

🌡さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🌡

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

初めての脳ドックは何歳で受けるべき? 若くても受診すべき人の条件と推奨頻度

🤔あなたのからだに表れている異変の原因は?🤔

大動脈解離とは? 血管の状態を把握することが重要! 治療方法についても解説!

冠動脈石灰化とは? 所見が出たら放置するのは危険です!

スポーツで起きる脳震盪の危険性について セカンドインパクト症候群とは?

🥗生活習慣をこつこつ改善しましょう!🥗

秋から冬に注意! 日照時間の変化が季節性うつ病を引き起こす?!

ヒートショックによる死亡者数は年間どのくらい? 対策についても紹介

見た目ではわからない内臓脂肪の蓄積! 放置すると脳の病気に?! 皮下脂肪の特徴も解説!

🖋インタビューなど耳寄りな情報を掲載!🖋

メディカルチェックスタジオ東京銀座院、知久先生に聞きました

脳卒中で要介護になると時間・費用はどのくらいかかる? 逸失収入にも注意!

健康経営とは? 健康経営優良法人を目指すことで得られるメリットをわかりやすく解説

記事を探す