2022/08/04 ( 公開日 : 2022/07/29 )

脳動脈解離(椎骨動脈乖離)ってなに? 原因、症状などについて解説いたします!

症状
くも膜下出血 脳梗塞 脳疾患
この記事は約5分で読めます
脳動脈解離は、40代〜50代の男性に多くみられます。原因は不明のこともありますが、外傷や首を過度に曲げた場合にも起こります。脳動脈解離は場合によっては、くも膜下出血や脳梗塞のリスクとなるため、手術が必要になることもあります。では、記事の中で詳しくみていきましょう。
目次

脳動脈解離とは?

脳動脈解離とは脳動脈の壁にある三層のうち内側にある膜が裂けることで発症する疾患です。
血管壁内に血液が流入することで血管内腔が狭くなって血流が滞って脳梗塞を生じたり、血管壁が破綻してくも膜下出血を生じたりします。

脳の動脈の壁は内膜、中膜、外膜という構成になっています。
この内膜と中膜のあいだに「内弾性板」という強固な組織があるのですが、加齢や高血圧で強い負荷を長く受けることで次第に弱くなり、断裂しやすくなると考えられています。

脳動脈解離が発生する脳の部位はつぎの通りです。

内頚動脈系:主に大脳半球に血流を送る血管
椎骨・脳底動脈系:主に小脳や脳幹に血流を送る血管

脳動脈解離は発生する部位に応じて、予後や症状などが異なります。
日本人を含めたアジア人は椎骨・脳底動脈系に多いことが知られています。

脳動脈解離が起こる原因

脳動脈解離が起こる原因は3パターンに分けられます。

  • 外傷性
  • 進展性
  • 特発性

外傷性

外傷性の脳動脈解離は外部からの衝撃で脳の血管が裂けて発症するタイプです。
強い衝撃は明らかでなく、頚部の進展が生じた場合(例えばゴルフやカイロプラクティックなど)でも生じることがあります。

進展性

内頚動脈や椎骨動脈が直接解離をきたしていなくても、その中枢側での解離(大動脈解離)が生じた場合、解離の進展によりその末梢血管である内頚動脈や椎骨動脈にまで進展することがあります。

特発性

脳動脈解離の原因が不明の場合が、このケースに当たります。

脳動脈解離の症状

この項では日本人に多い椎骨動脈解離についての症状を記載します。

椎骨動脈解離の代表的な症状は、後頭部に突然の強い頭痛を感じることです。

中年男性が突然の強い後頭部痛を訴える場合には、脳動脈解離が起きているケースがみられることがあります。

動脈解離によりくも膜下出血を生じた場合は、強烈な頭痛もしくは意識障害を生じ、場合によっては死に至る可能性があります。

くも膜下出血に初期症状はある? 突然始まった頭痛には要注意!

くも膜下出血は、脳出血のひとつです。 発症すると死亡する確率が高いのが特徴の病気で、その確率は約50%にも及びます。 回復したときでも後遺症が残る場合が多く、再出血が起こるとさらなる生命の危機に晒されます。 この記事では、くも膜下出血を避けるための予防策や、よくみられる前触れ症状についてご紹介いたします。

くも膜下出血発症後の生存率はどのくらい? 再破裂、脳血管れん縮、水頭症についても解説

くも膜下出血の多くは、脳の血管にできた「動脈瘤」が破裂することによって起こります。初回破裂時の致死率が非常に高いことで知られる病気ですが、再破裂や脳血管れん縮などにも注意が必要となります。この記事の中では、くも膜下出血が起きた後で、どのようなリスクがあるのかを解説いたします。

椎骨動脈解離が原因で脳梗塞などを起こした場合は、顔面を含む手身体に感覚障害や運動障害などの症状が起こります。

脳梗塞の前兆となる症状とは? 急に起こるからだの異変に注意!

脳梗塞はある日突然発症し、その日から体の自由を奪ってしまう病気です。しかし前兆となる症状も多く報告されていますので、日常に潜む「脳梗塞の前兆」を見落とさずに、しっかりと検査を受ける必要があります。この記事のなかでは、脳梗塞の前兆となる症状や、注視したいポイントについて解説いたします。
記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる
監修医 鳴海 治 (なるみ・おさむ)
元メディカルチェックスタジオ医師・医学博士

28年間の脳神経外科の手術と救急の経験から、再生しない脳という臓器の特性、知らないうちに進行し突然発症して障害を残す脳卒中疾患の特性に対しては「発症させない」ことが最も有効な対策だと考えています。 なるべく多くの方が健康なうちに脳ドックを受診し、問題解決できる環境を提供してゆきたいと思います。

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

がん検診のメリット、デメリットは? 受診の頻度はどのくらい?

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

アテローム血栓性脳梗塞とは? 原因や検査方法、治療方法についても解説!

長引く咳は肺結核かも?! 治療方法はある? 予防意識が大切な人への感染を防ぐ!

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

自然免疫と獲得免疫ってなに?! 免疫機能を高めるためにできることは?

血圧管理には減塩が効果的! 1日の目標とすべき塩分「6g」ってどの程度?

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

30~40歳代でも白質病変が進行中? 若いうちから脳ドックで脳疾患リスクを管理!

親が要介護になったらどうするの? 親に健康のために特に取り組んで欲しいことは?

記事を探す