2022/10/06 ( 公開日 : 2022/06/24 )

くも膜下出血発症後の生存率はどのくらい? 再破裂、脳血管れん縮、水頭症についても解説

症状
くも膜下出血 脳卒中 脳疾患
この記事は約4分で読めます
くも膜下出血の多くは、脳の血管にできた「動脈瘤」が破裂することによって起こります。初回破裂時の致死率が非常に高いことで知られる病気ですが、再破裂や脳血管れん縮などにも注意が必要となります。この記事の中では、くも膜下出血が起きた後で、どのようなリスクがあるのかを解説いたします。
目次

くも膜下出血ってどんな病気?

脳は頭蓋骨の中で外側から順番に、硬膜、くも膜、軟膜の順に覆われています。
脳動脈にできた瘤(こぶ)の破裂によって、出血が「くも膜の下の空間=くも膜下腔」に流れ込むことで起こるのが「くも膜下出血」です。
くも膜下出血の発症患者のうち80~90%は、脳動脈瘤からの出血が原因です。
動脈瘤破裂以外の原因(例えば外傷や血管炎)でも、くも膜下出血になる場合もあります。
症状として特徴的なのは、突然バットで殴られたような頭痛、今までに経験したことがないような強烈な頭痛です。

くも膜下出血の発生頻度と死亡率

発生の頻度は一年で人口10万人あたり、20人程度です。
日本では好発年齢は50~70代で、男性よりも女性の発症率が全世代で高くなっています
発症リスクは30~40歳を超えると高くなります。
発症すると死亡確率は非常に高く、30%程度といわれています。

再破裂について

くも膜下出血が軽症だった場合でも、まだ安心することはできません。
一度くも膜下出血になった方は、再破裂する方や、脳梗塞を発症する方も多くおられます。

再破裂(再出血)

最初の出血で病院に搬送され、入院することになってからもまだ安心はできません。
約20%程度の方が再び出血を起こしてしまうといわれているからです。
再破裂が起こると死亡率は50%、さらにもう一度出血が起きた場合には死亡率は80%程度にもなるといわれています。

再破裂は初回の破裂から24時間後がもっとも起こる可能性が高く、もしその期間をすぎても1~2週間の間に起こることは依然として多いため、再破裂の予防として早期に手術が行われます。
手術後もしばらくは入院して様子を見ることが必要となります。

くも膜下出血の治療方法

くも膜下出血の手術には大きく「クリッピング手術」と「コイル塞栓術」の二つがあります。

クリッピング手術
・・・頭蓋骨の一部分を外して、動脈瘤の外側からアプローチする手術です。動脈瘤のつけ根部分を金属製クリップで挟み、動脈瘤に血流が入らない状態を作ります。クリップは基本的に留置したままです。

コイル塞栓術
・・・足の付け根の動脈などからカテーテルで脳の血管までアプローチする手術です。動脈の内側から動脈瘤の中にプラチナ等でできたコイルを詰めて動脈瘤に血流が入らない状態を作ります。コイルも基本的に留置したままです。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる
監修医 古田 泰之 (ふるた・やすゆき)
メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニック
脳神経外科専門医・血管内治療専門医

富山大学卒業後、虎の門病院入職。
東京大学脳神経外科に入局し急性期医療中心に診療に従事。
メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニックで診療を継続する傍ら、医療業界のさまざまな課題解決のため自身でもPreMed株式会社を起業。

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

人間ドックとは? 検査内容、発見できる病気、費用の目安と時間などを解説

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

天気が悪いと頭痛が起こるのはなぜ? 梅雨の頭痛を和らげる3つの方法

アテローム血栓性脳梗塞とは? 原因や検査方法、治療方法についても解説!

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

内臓脂肪を落とすにはどうする? 超悪玉コレステロールが動脈硬化を起こす仕組みも解説

信用できる健康情報とは? ヘルスリテラシーを身につけて見極めよう!

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

社員の体調管理の一環として「スマート脳ドック」を導入! CARTA COMMUNICATIONSさま

“健康診断、何か忘れていませんか?” スマート脳ドック初のテレビCMができました!

記事を探す