2022/12/08 ( 公開日 : 2021/07/01 )

肺がんに初期症状はある? 知っておきたい基礎知識と、コロナ禍の「隠れがん患者」について

症状
がん 初期症状
この記事は約3分で読めます

治療の方法

肺がんの治療には、大きく分けると以下の治療があります。

手術療法
手術でがんを切除。

放射線療法
放射線を照射することでがんを死滅させる。

薬物療法
抗がん剤での治療。

手術療法と放射線療法は、「局所的療法」とも呼ばれ、がんを取り除く目的で行われます。
薬物療法は、これに対して「全身療法」と呼ばれ、転移してしまったがんへの対抗として行われます。

コロナ禍で「隠れがん患者」が多数発生?

2020年度は、肺がんの治療を受けた新規の患者が前年よりも6.6%減っています。

これは定期検診などの受診を控えた方が多くいることが関係しており、肺がんの隠れがん患者が増えていることを示唆しています。
肺がんは初期のステージで対処することが根治には必要な条件です。
ですから検診控えによる肺がんの見逃しが、コロナウイルスの二次的な被害と言っても過言ではないでしょう。

もしご自身や、身の回りの方が新型コロナウイルスの影響で2020年の健康診断を見送っている場合、肺のCT検査をぜひおすすめいたします。

早期発見と治療が最善

肺がんは病期(ステージ)が早期の発見であれば、多くの方が手術療法で根治を目指すことが可能です。しかしながら、肺で進行するがんは進行が進むまでは症状になって見えにくいです。

ゆえにやるべきことは、年に1回の肺の検査を受けること。
40歳を過ぎた方は、肺がん発見率が高い、肺CT検査などを毎年受診することが肺がん予防につながります。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

気になる方は、即日予約・受診可能です。
所要時間10分、検査は3分の
「胸部CT肺ドック」

まずは空き枠を確認してみる
監修医 知久 正明 (ちく・まさあき)
メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニック院長・医学博士

病気になる前に治すという『未病』を理念に掲げていきます。循環器内科分野では心臓病だけでなく血管病まで診られる最新の医療機器を備えたバスキュラーラボで、『病気より患者さんを診る』を基本として診療しています。

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

頭部MRI検査で副作用は出る? 造影剤を使用する際のリスクについても説明

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

脳ドックで認知症って診断できるの? 認知症の基本と診断までの流れ

歯周病がアルツハイマーと関係あり? 口の健康が認知症に及ぼす影響

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

咳が止まらないのはどうして? 3週間以上つづく咳は風邪ではない可能性も!

デジタルヘルスケアとは? デジタル技術を活用した予防医療で健康管理をしよう!

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

脳ドックを受けにくるのはどんな人? 放射線技師大畑さんにインタビュー

つらい気持ちやストレスを和らげる「認知行動療法」とは?セルフで実践できる方法も解説!

記事を探す