2023/11/14 ( 公開日 : 2022/10/20 )

「ニュースが疲れる…」共感疲労、HSP、繊細な方にこそおすすめのニュースダイエットとは?

生活習慣
ストレス 予防
この記事は約3分で読めます
ニュースダイエットとは、どのようなものかご存知ですか? 情報化社会でたくさんの情報に一日中晒されている私たちにとって、情報やニュースとの関係の見直しが必要かもしれません。この記事では、いま注目されているニュースダイエットについて解説いたします。
目次

ストレスが体に与える悪影響

現代はストレス社会といわれますが、ストレスが体に対して影響を与え、実際に病気になってしまうこともあります。
メカニズムとしては、メンタルヘルスの不調がホルモンの分泌を乱してしまい、私たちの生活の基盤となる睡眠・食事・運動に大きな影響を及ぼすためです。

例えばストレスホルモンのコルチゾールが多く分泌されると、脂肪細胞にある受容体がこのホルモンから刺激を受けて、脂肪を溜め込もうとします。
食べている量が同じだとしても、コルチゾールをより多く分泌している方は、それが脂肪に変わってしまいやすいのです。

また、コルチゾールは免疫機能を低下させることもよく知られています。
コルチゾールは白血球の活動を抑制する作用があり、つねにストレスを抱えている方はがんになるリスクが高くなるともいわれています。

そして免疫機能が弱くなるということは、もちろん風邪などの病気にも罹りやすくなりますし、回復も遅くなります。
アレルギー疾患が強く出ているという方は、もしかするとストレスによって免疫機能が弱まっていることが原因なのかもしれません。

身近に溢れるストレスの種

家庭内や職場での人間関係は、自分自身の手ではどうすることもできないこともあるかと思います。
しかし近年は私たちにストレスを与えているものとして、しばしばニュースの存在が話題となることがあります。

物心がついたときにはテレビが家にあった私たちにとって、ニュースとはごく日常的なものでした。
しかし現代はスマートフォンなどのデバイスを四六時中持ち歩いているため、こまめにニュースを入手する機会が増えすぎ、人目を引くために過激になりがちなニュースを私たちが見聞きすることが増えています。

こうしたものに触れている時間が長くなると、次第に不要なストレスが溜まっていきます
自分とは全く関係がないニュースに対して、自分の意見を書き込むなどして、姿の見えないひとと言い争う経験をしたことがあるひともいるのではないでしょうか。

ニュースメディアが多くなりすぎ、SNSなどでも頻繁にニュースが流れる時代だからこそ、一度見聞きするニュースの量について考えてみる必要があるのかもしれません。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

AST・ALT・γ-GTPなどの数値は大丈夫? 肝機能検査で重要な数値について解説!

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

急性虫垂炎(盲腸)とは? 痛みをがまんしないで夜間や休日でも病院へ行きましょう

50代の脳卒中は40代の2倍!? 健康を気にする方に伝えたいこと!

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

冷え症とは? 血管の老化が原因?! 改善方法についても解説

咳が止まらないのはどうして? 3週間以上つづく咳は風邪ではない可能性も!

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

脳ドックを受けにくるのはどんな人? 放射線技師大畑さんにインタビュー

脳の検査に求めることは? 費用(金額)? 検査時間? 受診に至らない理由も掲載

記事を探す