2022/11/17 ( 公開日 : 2022/11/04 )

PET検査とは? CT検査とは何が違うの? 検査後に注意することとは?

検査
CT 予防 検診
この記事は約2分で読めます
PET検査とは、どのような検査なのでしょうか。検査を行う目的、検査の方法、検査の特徴や注意点などを簡単にまとめました。
目次

検査の目的

PET(Positron Emission Tomography:陽電子放出断層撮影)検査は、がんがあるかどうか、がんの広がり具合、ほかの臓器への転移がないか、などを調べることができる検査です。
また治療中の効果を判定する、がんの再発がないかの確認としても行われます。

がん以外にも、アルツハイマー病、てんかん、心筋梗塞などを調べる際にも使われます。

検査の原理

体を構成する細胞は、生きていくためにブドウ糖をエネルギーとして使います。
正常な細胞ならブドウ糖は少しで十分ですが、がん細胞は正常な細胞よりも増殖を多くくりかえしているため、3~8倍ものブドウ糖が必要です。

PET検査では、ブドウ糖に極めて微量の放射線を放出する放射性同位元素をつけた薬剤(18F-FDGといいます)を体内に注射して、PETカメラ(陽電子放出断層撮影装置)をもちいて18F-FDGの全身分布を撮影します。

この18F-FDGが多く集まる部分に、がん細胞があると判断できるわけです。

CT検査との違いは?

CT検査では、検査したい部位に対してX線を浴びせるため、心臓、肺など、調べたい箇所のみを絞って検査を行います。

これに対して、PET検査は全身を一度で調べることができます

検査のフロー

PET検査では、ブドウ糖の代謝状態を正しく捉える必要があるため、検査前には5〜6時間程度の絶食が必要となります。(水やお茶などは飲むことができます)。

検査のくすり(18F-FDG)は静脈に注射されますが、からだ全体にまわるのを待つために1時間程度安静にして待つ必要があります。

撮影はPET装置のベッドで横になっているだけです。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

気になる方は、即日予約・受診可能です。
所要時間10分、検査は3分の
「胸部CT肺ドック」

まずは空き枠を確認してみる
監修 大畑 響之 (おおはた・ひろゆき)
メディカルチェックスタジオ 診療放射線技師

24年間の病院勤務ののち、スマート脳ドック立ち上げのためにスマートスキャンに参画。医療データ読影部兼、メディカルチェックスタジオ新宿・銀座にて技師として勤務中。
「受診者さま目線を大切にして、日々の業務に努めて参ります。」

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

胸部CT検査(肺がん・肺CT)ではなにがわかる? 検査方法、受診費用などについて

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

新型コロナウイルスが脳卒中リスクに? 脳ドックで知っておきたい脳の健康状態

脳ドックで認知症って診断できるの? 認知症の基本と診断までの流れ

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

大豆ミートは健康にいい? お肉を食べないことのデメリットはあるの?

基礎代謝ってなに? 代謝が下がる原因や代謝を上げる方法、座りすぎの弊害についても解説

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

ドライバーの健康管理に脳ドックを導入 WILLER EXPRESS株式会社さま

中小企業の経営者が恐れている病気は? 脳ドックを受けたことがある人はどのくらい?

記事を探す