2021/11/12 ( 更新日 : 2021/11/22 )

健康診断の前日・当日の過ごし方について 正しい検査結果を得るために注意したいこと

検査
この記事は約4分で読めます
健康診断では、健診結果に影響を及ぼさないためにいくつかの制限があります。正しい検診結果を得て、自分の健康を守るために必要だからです。制限には必ず守らなければいけない事項と、できる限り実施したほうが良い事項があります。この記事を読むことで、意外と知らない健康診断に関することや制限内容を知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。
目次

そもそも健康診断とは?

健康診断は、病気の早期発見や生活習慣病予防のために行う検査です。
個人で受けることもできますが、企業や会社では、労働安全衛生法によって従業員に年に1回は受けてもらうことが義務になっています。
その場合、企業や会社側が費用を一部または全額負担することが多いです。

一般健診

健康診断には「一般検診」と「付加検診」があります。
ここでは、一般検診について解説します。一般検診は定期健診とも呼ばれているものです。内容は、診察・検尿・身体測定・視力検査・採血・胸部レントゲンなど10~15項目の基本的な検査になります。
3~4週間後あたりに検査結果が送られてきます。

個人で受ける場合、自治体によって費用の補助を出してくれるところもあるため、受ける前に確認しておきましょう。

付加健診

一般健診の検査項目に追加して、さらに詳しく病気の早期発見や生活習慣病予防目的で行う検査になります。
対象者は、一般健診を受けた方のうち、40歳および50歳の方となります。
40歳および50歳でなくても希望することで受けることも可能です。

内容としては、胃カメラや胸部CT検査、子宮頸がん細胞診などがあります。
一般検診だけでは不安な方は、受けてみることをおすすめします。

乳がん・子宮頸がん検診

乳がん検診の対象者は、40歳以上の女性で2年に1回。受診を希望する方(40歳未満でも希望がある場合は受診可能)。
子宮頸がん検査の対象者は、近年20歳~40歳の間で患者が増加傾向にあるため、20歳以上の女性で2年に1回と推奨されています。

それぞれ行う具体的な検査として、

乳がん検診:乳房X線検査(マンモグラフィー)、乳房超音波検査など
子宮頸がん検診:子宮細胞診(スメア方式)

を行います。

乳房X線検査では、放射線による被ばくがあるため、妊娠中の方は申告するようにしてください。

肝炎ウイルス検査(任意)

肝炎ウイルスへの感染の有無を調べるための検査です。日本での肝炎はウイルス性のものが多いため、重要な検査になります。
特にC型肝炎ウイルスは、肝硬変・肝がんを進行させるとされ、国の緊急対策として、今まで肝炎検査を受けたことのない方を対象に、希望者本人の申込みで検査を行います。

対象者は

・一般健診を受診する方で、当年度において35歳以上の方
・一般健診を受診された方で、健診結果においてGPTの値が36U/l以上であった方

となります。

※ただし過去に型肝炎ウイルス検査を受けたことがある方は除きます。

健康診断の前日・当日の正しい過ごし方

健康診断は、前日の食事や当日の水分摂取で結果(特に血液検査、食べ物がしっかり消化されていない場合は胃カメラなど)に影響が大きく出るため、健康診断前に渡される書類に記載されている事項を守らなければいけません。

注意や禁止事項だけでなく、推奨されていることもあるため、できるだけ正しい検査結果を得られるようこれからご紹介していきます。
自身の健康を守るためにも、前日・当日の過ごし方として参考にしてください。

前日の過ごし方

必須事項

・禁酒、禁煙
・食事は前日の21時までに済ませておく。(病院によって健診10時間前までの場合も)
・脂っこいものや甘いものを多量に摂取しないようにする。
・激しい運動は控える(肝臓に影響を与えて、尿中にたんぱくが出ることもある)

推奨事項

・消化に良いものを食べる
・睡眠をたっぷり取ることが推奨されているが、無理に睡眠時間を長く取ろうとしなくても 良い(普段通りの生活リズムを意識する。ただし、最低でも6時間睡眠推奨)
・肝臓の数値を気にする場合、禁酒は最低でも一カ月前から行う
・持病の薬は服用してもよい
・当日に時間に余裕を持って、健診を受けられるように準備をしておく(リラックスした状態でなければ数値に変化を起こすこともあるため)

当日の過ごし方

必須事項

・禁酒、禁煙
・お茶やジュース、コーヒーは禁止
・病院によるが、健診の2時間前まで少量の水のみOK
・激しいものはもちろん、軽い運動であっても控える
・持病の薬の服用は、医師に確認した方が安心(特に午前の健診の場合)

※もし、タバコや飲食を行ってしまった場合は必ず申告するようにする。
※健診が午後の場合は朝食を食べて良いとされている場合もある。
※健診後はお酒やたばこ、飲食、運動OK。

推奨事項

女性の場合、生理中でも健診を受けることは可能です。
しかし、検査によっては中止が必要なものもあります。例えば、尿検査だと血が混じっていれば「尿潜血+」となり、異常がなくても陽性という判定になってしまいます。
また、子宮頸がんの検診についても生理期間は避けるべきです。
尿検査も子宮頸がんの検診も、生理が始まる前と生理期間中は事前に申し出て日程を変更することをおすすめいたします。

直前のダイエット・禁酒などは意味がないのでやめましょう

一次的な摂食・アルコール摂取を制限して、結果として正常な結果が出たとしても、それは普段の健康状態を反映した結果ではありません。

健康診断の前はいつも通りの生活をし、そこで出た結果によって生活就活を改善することが肝要です。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

監修医 伊藤 晴紀
(いとう・はるき)

メディカルチェックスタジオ新宿クリニック・医学博士
同じ病気でも、患者様ひとりひとり治療方針は違ってきます。それぞれの生活やバックグラウンドに合った医療を提供できるよう心がけております。
患者様が健康で長生きできるよう、診断・治療だけでなく、最新の医療知識を織り交ぜながら診察しております。

こちらの記事もおすすめ

人間ドックと脳ドックの違いとは? 両方合わせて受けるべき?

30代後半から40代以上のミドル・シニア世代であれば、健康診断がわりに人間ドックを受けている方も多いかもしれません。最近は脳ドックを受けるという方も増えてきましたが、まだ脳ドックに詳しくない方は、人間ドックと脳ドックの違いがそもそもわからないはず。この記事の中では、健康診断、人間ドック、脳ドックの違いなどについてご説明いたします。

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドックは健康保険から対象外とされているため、費用は基本的に自己負担になります。しかしながら、所属している健康保険組合やお住まいの市区町村から補助金や助成金を受けられる場合があります。この記事の中では、脳ドックを受ける前に調べておきたい、補助金・助成金についてご紹介いたします。

脳卒中を発症しやすい季節や時間帯はあるの? こんな前兆があるときにはすぐ病院へ!

脳卒中を起こす大きな原因は高血圧です。血圧をコントロールするのはもちろん大事なことですが、実は高血圧以外にも脳卒中の発症リスクを高めるものがいくつかあります。時間帯や季節、行動などが関係しているのです。今回は脳卒中とはそもそもどのような病気なのか、何が脳卒中のリスクを高めてしまうのかなどを記事内で説明していきます。