2021/11/05 ( 更新日 : 2021/11/22 )

石綿肺(アスベスト症)とは? 発症する肺の病気や、補償について知っておきたいこと

症状
この記事は約5分で読めます
アスベストは、高度経済成長期に安くて高機能な素材として、建材を中心に広く利用されてきました。しかし、健康に大きな被害を及ぼすことが分かり、2006年には全面的に製造や使用が禁止となりました。アスベストは潜伏期間が長く2021年現在にも病気を発症する可能性があります。この記事を読むことで、アスベストそのものや関連する病気、給付について知ることができます。
目次

アスベスト(石綿)とは?

アスベスト(石綿)は、ヒトの髪の毛と比べて「5000分の1」というかなり細い線維をもつ鉱物です。細い線維に反し、丈夫で熱に強く変形しにくい性質をもちます。
目に見えないほど細く軽いため、空気中に浮きやすく、ヒトが吸い込んでしまう恐れがあります。

少量であれば、吸い込んでも一部は体内から排出されますが、多量だと肺胞に付着するため肺がんなどの病気を引き起こす有害な鉱物です。

アスベストの使用状況

アスベストのほとんどは建材に使われていました。特にビルの高層化や鉄骨化が盛んになり始めた「高度経済成長期」が最盛期となります。
アスベストは安い上に耐火性、断熱性、防音性、絶縁性など多様な機能をもっていたため、使いやすかったのです。

肺がんや中皮腫を発症する発がん性を持つことが分かってから、現在では製造・使用等が禁止されていますが、未だ建物などには数多く残っています。

アスベストが原因で発症する肺の病気

アスベストと相関関係がある病気は5つです。所見として「胸膜プラーク」というものも多く見られます。
アスベストの病気は、吸い込んで肺に留まることから呼吸器系の症状を引き起こします。

アスベストは吸ってから15~40年など長い年月を経て病気が発症するのが特徴です。
発症までの潜伏期間が長いため、2020年に入った現在でも発症することが考えられます。

石綿肺

アスベストを大量に吸い込むこと(「ばく露」ともいいます)で肺が線維化する「じん肺」という病気のひとつです。
吸い込んだアスベストの量に依存し、量が多いほど肺の繊維化が起きやすいことが分かっています。
症状として、息切れや運動能力の低下が見られます。
通常は胸部X線検査・CT検査での所見と、大量の石綿ばく露歴によって診断されます。

肺がん

気管支や肺胞を覆う「上皮」に発生する悪性腫瘍のことです。
アスベスト以外の原因でも発症し、日本での死因で上位となっています。

肺がん発生の最大の原因は喫煙ですが、アスベスト吸入も合わさると発症率が格段に上がります。初期は無症状のこともありますが、進行することで息苦しさや倦怠感と運動能力の低下がみられます。

中皮腫

内臓は膜に覆われており、その膜をさらに覆っているのが「中皮」です。
中皮の細胞が悪性腫瘍となったものを「中皮腫」と呼びます。

潜伏期間は40年とされており、日本においては2020年代後半が発症のピークと考えられています
胸膜で起こった中皮腫は息切れ、胸痛など、腹膜の中皮腫では、腹痛、腹部膨満感、腹水貯留などが特徴的な症状です。

びまん性胸膜肥厚

肺を包む膜が線維化することで起こる病気です。
石綿だけではなく、結核性胸膜炎、放射線や開胸術後などといった原因でも発症することがあります。
通常は胸壁を包む膜まで線維化が及んでいることが多いです。

びまん性胸膜肥厚を発症する前に、良性石綿胸水と呼ばれる病気を生じることがあります。
胸部X線検査・CT検査、石綿ばく露歴などによって診断されます。

良性石綿胸水

肺の外側と肋骨の内側などを包む膜に炎症が生じ、胸水が溜まる病気です。
アスベスト以外にも、悪性腫瘍などさまざまな原因で発症します。
多くは無症状で自然に治る場合が多いですが、時折症状があり処置が必要なケースも見られます。
その場合は、胸水が肺を圧迫し息切れや胸の痛みなどを引き起こします。

どのくらいアスベストを吸い込んだら病気を発症するの?

アスベストを吸い込んだ量とアスベスト関連の病気には相関関係が認められています。
しかし、発症する具体的な吸引量までは不明な点が多く明らかにされていません。

石綿使用時期に建設などの仕事に従事していて、担当した建物の石綿使用の有無を知りたい場合は、働いていた業者や建築士等に使用の有無を問い合わせてみるのも良いでしょう。

アスベストによる肺の病気の発症を予防する方法は?

①吸い込んだアスベストが少量であれば体外に排出されます。大量の石綿を吸い込んだ場合や大きなアスベストは蓄積されます。

②中皮腫や肺がんなどの発症を予防するには、アスベストを吸い込まない以外に予防方法はありません。喫煙などの因子が合わさることで、肺がんの発症率が急激に上昇しますので、アスベストへの暴露歴がある方には徹底した禁煙が勧められます。

アスベストによる病気に対する補償

日本では、アスベストによる健康被害や死亡者数は年々増加傾向にあります。

これまでに紹介した5つのアスベストが原因となった病気にかかった人、または亡くなった人の遺族が対象である国の補償制度をご存じでしょうか。
医師に「アスベストが原因で起きた病気です」と診断された場合、給付を受け取れる可能性があります
それぞれの補償制度についてこれから紹介していきます。

労災保険給付

石綿を扱っていた労働者、またはそれによって死亡した労働者の遺族であれば「労災保険給付」または「特別遺族給付金」を受け取ることができます。

そのときの身体や環境の現状によってさまざまな給付があります。
具体的には、療養補償給付、障害補償給付、休業補償給付、遺族補償給付などです。

特別遺族給付金

時効によって、労災保険の遺族補償の請求権を失った場合に受けられる可能性があります。
平成28年3月28日までに石綿の病気で死亡した労働者の遺族が対象で、請求期限は令和4年3月27日までになります。

労働保険給付で記載した通り、労働者が石綿にさらされ、5つの病気のいずれかによって死亡した場合というのが条件です。

救済給付

労災保険の対象にならない石綿健康被害を受けた人、またはそれによって死亡した人の遺族。または石綿を扱う仕事をしていなくても、近隣に住んでいた人、石綿工場の作業着を洗濯していた人などが対象になります。

医療費、療養手当、遺族弔慰金、介護や付き添いにかかる費用などがあります。
医療費に関しては、社会保険制度等の適用のうち、自己負担分を給付することになっています。

アスベストばく露が気になる方は早めに肺のCT検査を

アスベストばく露による肺の病気は、おおよそ肺のCTスキャンで発見することができます。
アスベストは潜伏期間が長くいつ症状として現れるか分からないため、今までの職場でのアスベストへの暴露が疑われる方は定期的な検査を行って、早期発見・早期治療することが大切です。

気になる方は、即日予約・受診可能です。
所要時間10分、検査は3分の「CT肺・心血管ドック」

まずは空き枠を確認してみる

監修医 伊藤 晴紀
(いとう・はるき)

メディカルチェックスタジオ新宿クリニック・医学博士
同じ病気でも、患者様ひとりひとり治療方針は違ってきます。それぞれの生活やバックグラウンドに合った医療を提供できるよう心がけております。
患者様が健康で長生きできるよう、診断・治療だけでなく、最新の医療知識を織り交ぜながら診察しております。

こちらの記事もおすすめ

人間ドックと脳ドックの違いとは? 両方合わせて受けるべき?

30代後半から40代以上のミドル・シニア世代であれば、健康診断がわりに人間ドックを受けている方も多いかもしれません。最近は脳ドックを受けるという方も増えてきましたが、まだ脳ドックに詳しくない方は、人間ドックと脳ドックの違いがそもそもわからないはず。この記事の中では、健康診断、人間ドック、脳ドックの違いなどについてご説明いたします。

胸部CT(肺がん・肺CT)検査ではなにがわかる? 検査の方法、受診にかかる費用と時間、発見できる疾患について

日本人の死因の中でももっとも多いのが「がん」による死です。2019年の統計では、その中でも肺がんがもっとも割合が多いとされています。肺がんは「この症状がかならず出る」というものはなく、無症状のうちに進行している場合があります。この記事では胸部CT(肺がん・肺CT)検査からわかること、また検査をおすすめする人などをご紹介いたします。

咳が止まらないのはどうして? 3週間以上続く咳は風邪ではない可能性も!

咳は誰もが経験したことがあると思います。咳というのは気道に侵入した異物を追い出すために起こる身体の防御反応です。しかし、長引く咳がある場合は病院を受診した方が良いかもしれません。この記事では、咳のメカニズムやなぜ長引くと病院を受診するべきなのかを解説していきます。