2023/12/04 ( 公開日 : 2022/07/19 )

世界一座りすぎの日本人! 長時間の座りっぱなしは肥満のリスクが上昇?!

生活習慣
予防 生活習慣病 運動
この記事は約4分で読めます

座りすぎないために! 明日から実践できる生活習慣改善6選

スマホやスマートウォッチでアラーム設定

1時間ずっと座り続けるのは体にとってよくないです。
集中しているとついつい1時間がすぎてしまう、という方もいるかもしれません。
そんな方はアラームを使って45分に一度は席から立つことをおすすめします。

通勤中(バス、電車で椅子)に座らない

通勤で公共交通機関を使う方は、なるべく立ったままでいましょう。
立った状態は座った状態よりもカロリーを消費しますし、座っている状態よりは下半身の筋肉を使っています。

なるべく階段を使う

座りすぎている方は、運動量も少ない場合が多いです。
人間は必要な行動しかしないものですので、行く必要のある場所へ移動するときに、なるべく歩く歩数を増やすことが大切です。
無理ではない階数なら、なるべく階段を使うのもいいですね!

立ちたいと思ったら、用事がなくても立つ

座っている時間を短くしていくと、長く座っていることに違和感を持つようになります。
長い時間座っていることは非常に苦しいことなのです。
そんなふうに感じ始めたら、特になんの用がなくても立ちたいときに立ち上がりましょう。

会議を立って行う

すべての会議を立って行うのは難しいかもしれません。
しかし少人数の会議なら、立って行う会議を提案してみるのもいいでしょう。

1週間の歩数を計測して、目標を持つ

厳密に決める必要はないですが、「1週間の平均歩数を大体このくらいにしよう」と決めて、その目標を達成するようにするといいかもしれません。
1日でどのくらいの歩数を達成する必要があるのか、それには日中にコツコツとこまめに歩く行為が必要になります。
まずは目標の歩数を決めましょう。

座りすぎに注意! 生活の改善に取り組みましょう

座りすぎは、さまざまな疾患のリスクとなるとともに、メンタル面でも鬱などのリスク因子になるといわれています。
こまめに動くように気をつけて、心と体の病気のリスクマネジメントをしましょう!

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

MRI検査とは? 検査を行う目的、検査方法などについて解説

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

脳動脈解離(椎骨動脈乖離)ってなに? 原因、症状などについて解説いたします!

スポーツで起きる脳震盪の危険性について セカンドインパクト症候群とは?

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

ドライアイとは? 冬は悪化しやすく頭痛の原因に?! 対策についても解説!

ビタミンDが体から不足することはあるの? スーパーで選ぶべき食材は?

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

高齢ドライバーによる事故が増加傾向! 脳卒中の予防には脳ドックがおすすめ

ドライバーの健康管理に脳ドックを導入 WILLER EXPRESS株式会社さま

記事を探す