2022/04/26 ( 更新日 : 2022/04/26 )

睡眠と脳の関係とは? 視床下部や脳幹の働きについても解説いたします!

生活習慣
睡眠
この記事は約4分で読めます
脳の中には「視床下部」「脳幹」など、名前は知っているけれど何をしているのかよくわからない、という部位がありますよね。脳は感覚器から情報を得て、脳の部位からホルモンを出したり信号を送ったりしています。これら脳の部位がどんな風に睡眠と関わっているかを知って、日々の睡眠の質をさらに高めましょう!
目次

なぜ脳には睡眠が必要なの?

「睡眠中には脳は活動をしていない」という印象を持っている方はいないでしょうか?
しかし、実際は脳にとって睡眠はただの休止状態ではなくて、不具合を修復して整備する重要な活動です。
脳は睡眠中も活動を停止しているわけではありません。脳は動き続けており、レム睡眠とノンレム睡眠が交互に行われています。

・レム睡眠
脳が活発に動いていて記憶の整理や定着などを行っている。
REMはRapid Eye Movement(急速眼球運動)のこと。

・ノンレム睡眠
REMがない(non-REM)睡眠で、深い睡眠状態のこと。
大脳は休息しているため、脳や体の疲労回復に必要な睡眠と言われている。

私たちは日中さまざまな活動をしますが、脳にとってはあまりに情報量が膨大だと整理することができません。
そこで学習した記憶を整理し、必要なものは残し、不必要なものは捨てるという処理を毎晩行っています。

それ以外にも、日中の作業効率を回復させることも睡眠が脳に与える重要な効果のひとつです。
回復効果があるのは、アミロイドβと呼ばれる代謝老廃物が睡眠中に取り除かれるためです。

視床下部や脳幹はどんな風に働く?

脳の中にはさまざまな部位があり、その部位が情報を伝達しあうことで、私たちは体を睡眠状態にしたり、また覚醒状態にしたりしています。
その睡眠と覚醒の移行は、私たちが幼い頃からあまりにも自然に行われているため、自分自身でその仕組みを理解することはなかったかもしれません。

今回はいくつか脳の部位を取り上げて、睡眠とどのように関わっているのかを説明いたします。

視床下部

視床下部は脳の奥底にあるピーナッツ程度の組織で、睡眠と覚醒に影響を与えています
ヒトの場合は脳重量の0.3%程度ですが、重要な機能を担っています。
中でも視床下部のさらに深い脳底にある「視交叉上核(suprachiasmatic nucleus : SCN)」は、両目の網膜から大脳に伸びる視神経が交わる場所のすこし上にあり、約45,000個の神経細胞が集まって神経核をつくっています。
この視交叉上核が、体内時計のリズムを作り出しています。

脳幹

脳幹は中枢神経系を構成する部位が集まっている器官です。
大脳に近い側から中脳、橋、延髄から構成されています。
この脳幹は視床下部と通信をすることで覚醒と睡眠間の移行を制御します
視床下部と脳幹にある睡眠促進細胞(sleep-promoting cells)は、GABA(γ-アミノ酪酸:Gamma-AminoButyric Acid)と呼ばれる脳化学物質を生成して、覚醒中心の活動を低下させるように作用するのです。

また脳幹はレム睡眠時にも重要な役割をします。
体の姿勢や手足の動きに必要な筋肉をリラックスさせるシグナルを送ることで、睡眠中に夢を見ても体が動かないようにしています。

視床

視床は感覚器から大脳皮質への情報を中継する機能を持っています。睡眠時には静まった状態になり、外的世界から体を切り離します。
しかし、レム睡眠中には視床は活発になり、夢で見ているイメージ・音・その他の感覚を皮質に伝えています。

松果体

脳のふたつの半球に挟まれる位置にある松果体は、視交叉上核からのシグナルを受信してメラトニンというホルモンを作ります

視交叉上核は視神経と深い関係にありますから、光が途絶えるなどすると、メラトニンの分泌を増やすシグナルを送るわけですね。
日中と夜間ではおよそ10倍ほど、メラトニンの分泌量に差があると言われています。

もし自然光で目覚めと睡眠をうまく調整できない場合には、メラトニンを摂取することでうまく入眠できるようになります。
また食材の中にも、摂取することで結果としてメラトニンが増える食材もあります。

【メラトニンが増える食材】

  • くるみ
  • バナナ
  • 乳製品
  • 大豆製品
  • ゴマ  など

まとめ|睡眠と目から入る光について

脳は感覚器を使って外界から情報を得ています。中でも両目から受け取る「光」という情報はとても大きな役割を果たしていることがわかったのではないでしょうか。

現在は「うまく寝つけない」「眠れない」という方が非常に多くいます。その主要な原因となるのが、もしかしたら夜になっても明るい部屋で過ごしていることや、スマートフォンを夜遅くまで見続けてしまっていることかもしれません。

今回紹介したようなメカニズムが体では自然に起こってしまうということを意識して、目から入る光に気をつけてみてはいかがでしょう。
慢性的な睡眠不足が将来の重大疾患につながるとも言われています。

以下の記事では上手に睡眠ルーティンをするためのコツをまとめていますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

テレワークのストレスに要注意! 睡眠の質を上げて、体調を保ちましょう

テレワークで在宅勤務をしていると、運動が不足することがよく知られています。またコミュニケーションの不足で孤独を感じる方も多く、テレビ会議やチャットを中心としたやり取りにストレスが溜まる方も多いようです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

脳卒中で要介護になると時間・費用はどのくらいかかる? 逸失収入にも注意!

脳梗塞やくも膜下出血など、体に障害を残すことが多いとされる脳卒中を発症すると、どのくらいの費用がかかるのかご存知ですか? 脳卒中はがんなどよりも入院日数が増えることが多く、かかる費用も高額になりがちです。この記事の中では実際に介護を体験された方の統計から得られた情報をご紹介いたします。

日本における脳卒中の死亡者数・死亡率は? 40~64歳で介護が必要となる方の半数は脳卒中が原因

脳出血や脳梗塞のような脳血管疾患は、日本人の死因の上位にランクインしています。ところで、脳卒中で亡くなる方は年間でどれくらいいるのでしょうか。今回は脳卒中の患者数や死亡率、後遺症などを詳しく紹介します。脳卒中を予防するための方法もあわせて紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは? 症状、検査の方法、治し方について

「いびきがうるさい」「呼吸が止まってた」などと、誰かから指摘されたことはありますか? いびきをかいている方の中には、睡眠中に無呼吸状態に陥っている方が多くおられます。これは睡眠時無呼吸症候群(SAS)と呼ばれ、体に蓄積的なダメージを与えるものです。この記事の中では、慢性的ないびきが持つ危険性について、詳しくご説明いたします。

記事を探す