2023/12/11 ( 公開日 : 2022/03/24 )

中小企業の経営者が恐れている病気は? 脳ドックを受けたことがある人はどのくらい?

編集部コラム
アンケート 脳ドック
この記事は約3分で読めます
今回は従業員300人以下の中小企業の経営者1106人に、どのような疾患を恐れているのかアンケートを取りました。また自分の会社の社員に、どんな検診・健診を受けて欲しいかについても聞きました。
目次

経営者が恐れている疾患は?

経営者は会社や従業員に大きな責任を持っていますが、そんな責任ある立場の方はどんな疾患を恐れているのでしょうか?
「経営者という立場上、どのような疾患にかかることがこわいと思いますか?(上位3つ迄)」と質問したところ、以下のような結果が出ました。

日本人の死因として最も多い「がん」を10ポイント以上も上回り、「脳血管疾患」を恐れている経営者が非常に多いことがわかりました。
それぞれの疾患について、こわいと答えた具体的な理由は以下のようなものです。

死亡率が高いと思う。自分が死んだら事業継続が困難(30代/男性/群馬県)

心臓発作やクモ膜下などで突然亡くなるようなことがあると仕事の引き継ぎなどができないため(40代/女性/東京都)

脳と心臓の疾患は、かかった時の死亡率が高い。(50代/男性/茨城県)

脳血管疾患は死亡率が高いだけでなく、突然発症する可能性があり、事業の継続に大きな影響を及ぼすとみている経営者が多いようです。

脳ドックを受診したことはありますか?

では、経営者は脳血管疾患の早期発見・早期治療につながる“脳ドック”を受診しているのでしょうか。

脳ドックを受診したことがない方が半数近くにのぼり、脳血管疾患を恐れているものの、その対策をしていない割合が高いことが浮き彫りとなりました。

従業員の健康のための取り組みはどんなことをしてる?

近年では社会や経済構造、労働環境の変化により、働く人の健康に大きな影響が及ぶようになりました。
これからの人生100年時代、企業には健康経営が求められています。
従業員の健康管理者は経営者であり、健康増進のための取り組みが大変重要です。

では従業員の健康のために、企業として取り組んでいることはあるのでしょうか。

「有給休暇の取得奨励」「長時間労働の削減」がともに4割を超え、労働環境の改善を図っている経営者が多いことがわかりました。

また「人間ドックの受診奨励」「年2回以上の健康診断の実施」といった、“身体の健診”に力を入れている方も多いようです。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

頭部MRI検査で副作用は出る? 造影剤を使用する際のリスクについても説明

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

水頭症とは? 脳脊髄液の役割、原因、種類と症状などについて解説

肺がんのステージとは? ステージ別の進行度や5年生存率についても解説

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

歳をとっても脳の若さを保つには? スーパーエイジャーから学ぶ習慣

認知症予防に効果あり! マインド食は持続可能性のある食事を実現

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

ドライバーの健康管理に脳ドックを導入 WILLER EXPRESS株式会社さま

社員の体調管理の一環として「スマート脳ドック」を導入! CARTA COMMUNICATIONSさま

記事を探す