2023/12/20 ( 公開日 : 2022/11/07 )

急性虫垂炎(盲腸)とは? 痛みをがまんしないで夜間や休日でも病院へ行きましょう

症状
消化器 炎症
この記事は約3分で読めます
大腸の入り口には虫垂(ちゅうすい)という5-10cm程度の突起物があり、この虫垂が炎症を起こすと急性虫垂炎という病気になります。「盲腸」という呼び名で広く知られている病気です。頻度の高い病気ですが、治療が遅れると命にも関わります。今回の記事では急性虫垂炎について、基本的な内容を解説いたします。
目次

急性虫垂炎(盲腸)とは?

急性虫垂炎とは、腸の中でも盲腸という部分から垂れ下がっている、虫垂と呼ばれる部分が炎症を起こすことで起こります。
幼児や高齢者を含め男女問わずどの世代にもみられますが、一般的には若い世代である10〜20代の方の発症が多いといわれています。

原因

急性虫垂炎の原因はすべてが解明されているわけではありませんが、虫垂の中に便(糞石)や植物の種などの異物が入り込むことによって細菌感染を引き起こし、発症するといわれています。
便秘・みだれた食生活・ストレス・過労といった日常生活の不摂生によっても誘発されると考えられています。

症状

当初はみぞおちあたりの痛み、むかつきを感じる程度ですが、次第に(おおよそ24時間以内)右下腹部に痛みを感じるようになります。
この状況ですでに炎症が起きていますが、ここで放っておくとさらに炎症が進んでしまい、高熱が出たり、お腹が突っ張ったような感じで歩行が困難となったり、下腹部の痛みに耐えられない状態になります。

さらに症状が進行して虫垂が破れてしまった場合には、膿がお腹に広がって腹部全体に強い痛みがあらわれます。
この状態になると命に関わることもあるため、急性虫垂炎を放置するのは危険なのです。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる
監修医 緒方 文大 (おがた・ふみひろ)
愛和クリニック院長・内科学会認定医

京都府立医科大学卒業後、虎の門病院入職。内科全般を学び、その後がんや慢性疾患を多く扱う消化器内科医に。『健康防衛・健康増進』の重要性を痛感。『患者様の健康増進のために本気で取り組みたい』という強い想いで、愛和クリニック開業。

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

人間ドックとは? 検査内容、発見できる病気、費用の目安と時間などを解説

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

天気が悪いと頭痛が起こるのはなぜ? 梅雨の頭痛を和らげる3つの方法

血栓症ってどんな病気? 症状、検査、治療、予防方法などについても解説!

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

予防医療とは何か? 超高齢化社会に突入した日本が取り組みたいこと

食物繊維が豊富なアボカドは食生活の改善にうってつけ! 週に1個食べると心疾患リスク低下?

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

社員の体調管理の一環として「スマート脳ドック」を導入! CARTA COMMUNICATIONSさま

脳ドックを受けにくるのはどんな人? 放射線技師大畑さんにインタビュー

記事を探す