2021/10/25 ( 更新日 : 2021/11/22 )

こんな症状があったらすぐに救急車を! 脳卒中の初期症状

症状
この記事は約6分で読めます
「3大疾病」という、重点的に対策しようと決められたものがあります。がん、急性心筋梗塞、加えて「脳卒中」もそのひとつです。「脳卒中」になると後遺症が残り、今まで通りの生活が送れなくなるケースも多くあります。しかし早い発見と治療で、元の生活に戻れる可能性を上げられるのも事実。この記事では、脳卒中の初期症状と対処について解説していきます。
目次

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

脳卒中の初期症状

脳は部位ごとに役割を持ち、異常が起きた血管の場所によって症状も変わるため、初期症状は人によって異なります。
初期症状の中には、なかなか判断しづらい症状もあるため、事前にどのような初期症状があるかを知っておく必要があります。

一過性脳虚血発作(TIA)の症状

一過性脳虚血発作とは、一時的に脳の血管が詰まることで症状を引き起こし、24時間以内に消失するものを言います。 一過性脳虚血発作を起こした方のうち、90日以内に脳卒中を発症する割合は約20%とされています。その中でも48時間以内に発症する方が約半数です。

症状はそれぞれですが、顔や口をふくむ片麻痺、片手の力が入らない、片目が急に見えなくなるなどがあります。
一時的にでもこれらの症状を発症した場合、脳卒中を起こしてしまう可能性があるので、すぐに病院で診てもらうことが大切です。

脳卒中の代表的な症状

大々的に知られている「突然、意識を失って倒れる」という状態は、意識を司る大脳や脳幹付近の血管に異常が起きている証拠です。
脳卒中全体で見ると、突然意識を失って倒れるのは比較的少なく、脳出血やクモ膜下出血、さらに心原性脳塞栓の一部で見られます。
多くは、突然しびれなどの症状が起こることが多いです。
これから代表的な脳卒中の初期症状について解説していきます。

頭痛やめまい

一般的にもよく起こる頭痛ですが、急激な強い頭痛は危険な場合があります。
脳卒中の中でも「脳内出血」を起こしている場合に多く、特に「クモ膜下出血」ではハンマーで殴られたような痛みが特徴です。

意識の異常

意識がもうろうとしている、声かけに対して反応が鈍い、大きな声で呼びかけても反応がないなど意識の異常が見られる場合は危険な状態です。
すぐに119番で救急車を呼びましょう。

言語障害(言語の異常)

大脳にある前頭葉や側頭葉、頭頂葉などが障害により、言葉が理解できない、言いたいことが言えない、ろれつが回らない、読み書きができなくなるなどの症状を起こすことがあります。

顔の表情の異常

顔の片側が歪み頬が下に落ちている、口の片側からよだれが出る、笑顔が作りにくいなどの症状を起こすことがあります。
脳血管の障害ではない可能性もありますが、一度病院で診てもらいましょう。

視野障害(目の異常)

突然片目が見えなくなる、視野が半分になるなどの症状を起こすことがあります。
突然片目が見えなくなる症状は、一過性脳虚血発作でよく見られるもので「一過性黒内障」と呼ばれています。
眼の動脈に血液が流れなくなっている状態です。

手足の力の異常

顔面を含む半身の脱力、食事中にはしを落とす、字がうまく書けない、手の動きがぎこちないなどの症状を起こすことがあります。
障害されている場所は、小脳や大脳の前頭葉や頭頂葉などさまざまな場所が考えられます。

感覚障害(感覚の異常)

顔の片側と左右どちらか一方の半身の感覚がおかしくなる、手足の感覚がないまたは鈍い、しびれなどの異常感覚などの症状を起こすことがあります。
感覚のないまま無理に動くと、転倒しさらに頭部を打ってしまう可能性もあるので、落ち着いて119に電話しましょう。

バランスの異常

小脳の障害によって起こりやすく、うまく力や動きの調節ができなくなります。
座ったり歩いているとふらふらする、手を伸ばすと揺れてしまい物をうまく掴めないなどが起こることがあります。

その他

突然の記憶障害、けいれん発作、全身の硬直、注意散漫などの症状を起こすことがあります。
記憶障害などは認知症と似たような症状ですが、脳卒中でこれらの障害を起こすこともあるので、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

なぜ早く病院へ行った方がいいの?

脳卒中を疑ったら、躊躇せずただちに119番に電話して救急車を呼ぶことが大切です。
脳卒中は早い発見と治療が最も悪化を防ぎ、その後の回復を左右します。
逆に、回復のチャンスを失うと症状の悪化や複雑な合併症、後遺症などを生じる可能性があります。

脳梗塞の場合は、発症後4.5時間以内であれば、脳の血管に詰まった血のかたまりを溶かす血栓溶解療法(t-PA)というものが可能で、救命率が上がり、後遺症も軽くなる可能性が高まります。

ACT-FAST(アクト・ファスト)

米国脳卒中協会が脳卒中の初期症状を伝えるために、簡単にできるチェック方法を提唱しました。それがACT-FAST(アクト・ファスト)です。

ACTは、「行動」という意味。

そしてFASTは

Face(顔):「イー」と言うと口がゆがむ
Arm(腕):両手を前に水平に上げると片側が落ちる
Speech(言葉):短い文がうまく言えない、ろれつが回らない
Time(時間):すぐに救急車を呼び、4.5時間以内に病院へ

以上のようなアルファベットの標語になっているとともに、単語の意味では「すばやく」を意味しています。
つまりACT-FASTには、「脳卒中と感じたらすばやく行動!」という強い意味があるのです。

周りの人に脳卒中と思われる症状が出たら

  • 直ちに119番で救急車を呼ぶ(かかりつけ医がいる場合は電話で相談する)
  • 意識があっても移動する時は歩かせないで、屋外の場合は風通しのいい日陰などを選ぶ
  • 頭は高くせず、水平にして寝かせる
  • 衣服を緩める
  • 楽に呼吸できるよう気道の確保
  • 嘔気が強い場合、吐いたものがのどに詰まらないように横向きに寝かせる(まひがあればまひした側を上に)
  • 症状が出た時の状況(いつ、どこで、何をしている時に症状が)を覚えている間にメモしておくと◎

脳卒中の予防や早期発見には生活習慣の見直しと定期的な検診が肝要

一過性脳虚血発作(TIA)のような初期症状が現れていない場合でも、脳卒中は突然起こりることがあります。
寝ている間に発症し、起きたときに症状に気づくケースも少なくないです。
脳卒中は普段の生活習慣での予防が一番大切となるため、定期健診や脳ドックを行い自分の体のチェックをしましょう。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

監修医 知久 正明 (ちく・まさあき)

メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニック院長・医学博士
病気になる前に治すという『未病』を理念に掲げていきます。循環器内科分野では心臓病だけでなく血管病まで診られる最新の医療機器を備えたバスキュラーラボで、『病気より患者さんを診る』を基本として診療しています。

こちらの記事もおすすめ

いびきにも注意! 知っておきたい脳卒中の分類、初期症状について

脳卒中は別名で脳血管障害とも呼ばれています。その名の通り、脳に栄養を送っている大小さまざまな血管が、血の塊によって詰まってしまったり、血管が破けて血液が脳内やくも膜の下(くも膜下腔)に漏れ出してしまうことで、体に大きな影響を引き起こす障害です。この記事の中では、この脳にとって危険な症状や前兆について説明していきます。

脳卒中ってどんな病気? 原因と予防についても解説

命に関わる病気として、「脳卒中」があります。脳の血管が破れたり、血管が詰まることで起こり「脳血管障害」とも呼ばれます。令和2年(2020年)の人口動態統計によると、日本人全体の死因の4番目に位置し、約7.5%の方がこの病気で亡くなっています。記事内では脳卒中の原因や治療、対策など予防につなげるヒントなどをお伝えします。

脳卒中の後遺症(失語症・まひ・鬱など)について 寝たきりになるのを避けるためには?

脳卒中は日本人の死因ランキングで4位にランクインしていますが、介護が必要になる原因の2位にもランキングしています。脳卒中を早期発見でき、軽度で済めばもとの生活に戻れる可能性が高いです。しかしもし重症化すれば、重い後遺症が残ったり、最悪の場合死亡するケースもあります。今回の記事では、そんな脳卒中による後遺症について詳しくご説明いたします。