2022/08/10 ( 公開日 : 2021/09/17 )

新型コロナウイルス変異株はなぜ生まれるの? VOC、VOIについても解説!

症状
新型コロナ 用語説明
この記事は約3分で読めます

遺伝情報の変化の仕組み

冒頭でもお伝えしましたが、新型コロナウイルスに感染すると体内でウイルスが増殖。
何度もコピーを繰り返すうちに、遺伝子情報をもつRNA(リボ核酸)という物質の配列に小さなミスが起きます。
こうして変異株が誕生するのです。

特に危険な変異かどうか見定める上で注目されるのは、下記の3点。

  • 感染の広がりやすさ(伝播性)
  • 病気の重さ(病毒性)
  • ワクチン効果の減弱化(免疫逃避)

社会に大きな影響が起こる変異株か判定する上で、重要な指標となります。

新たなVOI「ミュー株」

2021年9月時点では、直近でミュー(μ)株が新たに「注目すべき変異株(VOI)」に追加されました。
ミュー株は南米やヨーロッパを中心にして、計31カ国以上で報告されています。

ミュー株には「ワクチン耐性をもつ恐れの変異がある」という説明もWHO(世界保健機関)から行われており、引きつづき詳細な研究結果が待たれます。

VOIがVOCに変わると注意

新型コロナウイルスが現れたのは2020年の1月ですが、現在までの間に多くの変異を繰り返し、ワクチンを打ったヒトの中でも変異し続けています。
現在、日本で主流となっているデルタ(δ)株よりも、高い感染力・高い致死率・ワクチン減弱化が起こった変異株の登場も充分に考えられます。

ミュー株がデルタ株以上に社会に大きなインパクトを与える変異株になるかはわかりません。
ただひとつの指標としては、「注目すべき変異株(VOI)が、懸念される変異株(VOC)に変わった」というニュースが出てきた場合には、新型コロナウイルスはより脅威を増すものに変化したと言えるでしょう。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

メディカルチェックスタジオでは
感染予防や重症化を抑えるのに有効な
「中和抗体」の検査をご用意しています。

新型コロナウイルス
中和抗体検査 (S抗体) を予約する
監修医 知久 正明 (ちく・まさあき)
メディカルチェックスタジオ東京銀座クリニック院長・医学博士

病気になる前に治すという『未病』を理念に掲げていきます。循環器内科分野では心臓病だけでなく血管病まで診られる最新の医療機器を備えたバスキュラーラボで、『病気より患者さんを診る』を基本として診療しています。

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

MRA検査とは? MRA検査を受けるメリット、発見できる病気について

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

食後高血糖とは? 血糖値スパイクは血管内皮を傷つけるので注意が必要です

くも膜下出血発症後の生存率はどのくらい? 再破裂、脳血管れん縮、水頭症についても解説

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

大豆ミートは健康にいい? お肉を食べないことのデメリットはあるの?

寝不足はどんなリスクがあるの? 睡眠がもたらす脳の影響について解説!

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

脳ドックを導入するタクシー会社が増加中! 葵交通株式会社さまインタビュー

病気予防をするために押さえておくべきこと(編集後記)

記事を探す