2023/02/15 ( 公開日 : 2023/02/15 )

がん検診のメリット、デメリットは? 受診の頻度はどのくらい?

検査
未病 検診
この記事は約4分で読めます

がん検診のメリットは?

早期発見・早期治療

検診はまだ自覚する症状がない状態、例えば体のどこかが痛んだり、体調がどこかおかしいと感じたりするまえに行われることから、がんが進行していない状態で発見できます。
早期発見・早期治療を行うためには、まだ若い40代50代のうちから面倒がらずにリスクヘッジのアクションを行うことが大切です。

健康面でのリスクヘッジをしようとする流れは全世界的に進んでおり、ヘルシーな食事を心がけたり、飲酒量が減ったり、タバコの喫煙者数も年々減っています。
というのも、もし病気が進行してから発見すると、時間もお金も莫大なコストがかかることになることが多いからです。

また生活の質が落ちてしまうと、病気になる前ほどには人生を充分に楽しむこともできません。
がん検診ではがんになる以前の病変を発見できることもあり、こうしたものは切除で完治できるケースも多くあります。

がん検診のデメリットは?

見逃し

がんが見つけにくい場所にあったり、見つけにくい形状をしているときには、発見ができないことがあります。 検査の精度は100%ではありません。

しかし検査を継続して受けつづけることで、がんを発見できる確率は高まります。

偽陽性

検診ではがんの疑いを見つけ、その後に精密検査になります。
この精密検査で本当にがんと判断が下されるのは、だいたい2%から10%前後といわれています(臓器ごとに数値は変わります)。

「心理的負担がいや」という方は、このようなプロセスを苦痛に感じるかもしれません。

過剰診断

画像診断AIの話でも度々話題になりますが、生命を脅かさないがんの発見はただの精神的苦痛のタネであるともいえます。
現在の医療では進行するがんと、進行しないで消えてしまうがんを見分けることができないため、早期治療の観点からどれも通常のがんとして同じような検査や治療がなされるケースが多いです。

任意型検診も受診をおすすめ

対策型検診は対象集団全体の死亡率を下げる目的で行われているものですが、個人の死亡リスクを考える上では、任意型検診の方がより重要となる場合もあります。

とくに遺伝的に家系に多いがんなどが気になる方は、任意型検診で自分が気になっている臓器を定期的に検査することが健康寿命延伸につながります。

記事についてお気づきの点がございましたら、
編集部までご連絡いただけますと幸いです。

スマート脳ドック

気になる方は、即日予約・受診可能です。
30分での脳ドック検査「スマート脳ドック」

まずは空き枠を確認してみる

こちらの記事もおすすめ

🚑さまざまな検査の中身を詳しくまとめています🚑

知っておきたい脳ドックの補助金・助成金制度 思っていたよりずっと安く受診できるってほんと?

脳ドック受けてみた! 各種メディアさま スマート脳ドック | 体験レポート

頭部MRI検査とは? 発見できる病気や費用相場、検査を受けるメリットについて解説!

📚 知識を増やすことも未病対策のひとつです 📚

こわい/こわくない頭痛とは? 脳梗塞は頭痛を感じないってほんと? 知っておきたい頭痛の分類

動悸・息切れに潜む疾患とは? 失神、吐き気、めまいなどが伴うと危険信号

若年性脳卒中(脳梗塞)とは? 脳動脈解離・奇異性脳塞栓症などについても解説!

🥗 食事・運動・睡眠を整えるための情報が満載🥗

話題のオートミールは健康にいいの? 栄養素や種類についても解説!

頭痛の原因は姿勢の悪さから?! ストレートネックに注意!改善方法とは?

ヘルシーな朝食をとるにはどんな食材を選べばいい? おすすめ健康食材12選

🧑‍⚕️ インタビューなど耳寄りな情報を掲載! 🧑‍⚕️

健康面でのリスク管理はできていますか? 知久先生にインタビュー

親が要介護になったらどうするの? 親に健康のために特に取り組んで欲しいことは?

脳卒中で要介護になると時間・費用はどのくらいかかる? 逸失収入にも注意!

記事を探す